一覧

気候変動による高山植生の変化

09_AMAGAI.jpg
極域・高山では、気候変動の影響を特に受けやすいといわれています。大雪山では約30年間でお花畑が減少し、ハイマツやチシマザサの分布が拡大しています。私はこのような高山植物の変化について定量化を行っています。
(解説: 雨谷教弘)

関連する Web へのリンク


一覧に戻る