一覧

サロベツ湿原における撹乱後の植物定着機構

11_KAMANO.jpg
サロベツ湿原では、ミズゴケが優占し希少種も多くみられますが、これまで泥炭採掘や火山など様々な撹乱(環境の変化)を受けてきました。湿原を構成する植物が撹乱にどう応答しているかを明らかにするため、種間相互作用や、環境要因との関係を研究しています。
(解説: 釜野・宮崎)

関連する Web へのリンク


一覧に戻る