地球環境科学研究科 植物生態学セミナー 2006.05.23 (火) 10:30

報酬量−訪問昆虫の花・花序内行動−送受粉について

川合由加

虫は蜜や花粉(その他いろいろ)を求めて花を訪れます。 花粉媒介を虫に頼る植物は、虫を誘引するために様々なコストをかけるので、訪 花されなければそれらコストは無駄になります。 一般に、虫は大きな目立つ花や花序を好んで訪れることが知られています。これ は、より多くの報酬が期待できる個体を選んで訪問していると考えられます。同 時に、訪問した後も、実際の報酬量(今回は蜜と花粉)の違いに応じて花あるい は花序内での行動を変えているようです。この花・花序内行動もまた植物の繁殖 成功を考える上で非常に重要です。なぜなら、コストをかけて虫に訪問されて も、(例えば吸蜜だけするなど)虫の行動が送受粉に貢献しなければやはり無駄 になります。

今回のセミナーでは報酬量−訪問昆虫の花・花序内行動−送受粉について 以下の問い対して既存研究が明らかにした点、不明点についてまとめてみます。

  1. 蜜や花粉の量が減少したときに花粉媒介者の行動(滞在時間、訪花頻度、 花序内連続訪花数)がどのように変化するのか?また、訪花媒介者は蜜や花粉量 の違いを認識しているのか?
  2. 上記 1. の違いは植物の受粉数や持ち去り花粉数に影響するのか?
紹介論文
  1. J.D.Thomson (1986) Pollen Transport And Deposition By Bunble Bees In Erythronium:influences Of Floral Necter And Bee Grooming. Journal of Ecology 74:329-341
  2. Buchmann, Stephen L., Cane, James H. (1989) Bees assess pollen returns while sonicating Solanum flowers. Oecologia 81(3):289-294
  3. Harder,L.D (1990) Behavioral responses by bumble bees to variation in pollen availability. Oecologia 85(1):41-47
  4. P.G.Klinkhamer, T.J.de.Jong (1990) Effecs of plant size, plant density and sex differential nectar reward on pollinator visitation in the protandrous Echium vulgare (Boraginaceae). OIKOS 57:399-405
  5. P.Wilson, J.D.Thomson (1991) Heterogeneity Among Floral Visitors Leads to Discordance Between Removal and Deposition of Pollen. Ecology 72(4):1503-1507
  6. Cresswell,James E. (1999) The influence of nectar and pollen availability on pollen transfer by individual flowers of oil-seed rape (Brassica napus) when pollinated by bumblebees (Bombus lapidarius). Journal of Ecology; 87:670-677
  7. Larsson, Magnus (2005) Higher pollinator effectiveness by specialist than generalist flower-visitors of unspecialized Knautia arvensis (Dipsacaceae). Oecologia 146(3):394-403

セミナー index | A 棟 7-8F の研究室