環境科学院 植物生態学セミナー   2011-05-17 (Tue) 10:30
(Room: A809 )

Traffic simulation in Shiretoko National Park

ISHIKAWA Kensuke
(Chairperson: ==CHAIRPERSON==)

Shiretoko National Park was registered as World Heritage in 2005.After that, this place became very crowded because the number of visitors increased. Therefore, this park may come to less attractive to visitors by the congestion. To solve this problem, two systems will be introduced to the park in 2011. One is the “registered guiding system” in Shiretoko Goko (Shiretoko five lakes), and the other is about easing of regulation related to using private car in Kamuiwakka waterfall. The visitors will spend more time in Shiretoko Goko by new guiding system. By using private cars, it is predicted that the number of cars into Kamuiwakka increase dramatically.Therefore, heavy traffic jam would arise near the tourist spot because of waiting for parking space. One of the ways to relax traffic jam is the exhibition the information about the congestion of these spots. However, it is not revealed how the visitors decide the destination in this area. So, I make the simulation model about decision-making of visitors and experiment in this area. The purpose of my research is that information service is effective to relax the traffic jam.

In this model, the road from Utoro to Kamuiwakka is divided into cells with a length of 7.5m. When a car enters into the cell, and if a car enters into forward one, the car in rear cell cannot go next cell and become traffic jam. To assume visitors’ decision-making, there are two types driver. One is follow the information and the other is not. In the experiment, to take the information about each tourist spots, the electric information board will be set near the road to Shiretoko Goko and Kamuiwakka and investigate the behavior of each car.

2005年の世界遺産登録後、知床国立公園では観光客の増加により、大規模な混雑が起こった。そのため、観光地としての魅力が低下することへの対策として、2011年度より知床五湖での認定ガイド制度と、カムイワッカ湯の滝へのマイカー規制解除という2点が導入される。認定ガイド制では知床五湖における観光客の平均滞在時間は伸び、マイカー規制解除によってカムイワッカ湯の滝への流入車両数は増えることが予想される。以上のことから、観光地付近の道路では、駐車場に入ることのできない駐車待ちの渋滞の発生が予測されている。駐車待ちの渋滞を解消するための手段の一つとして、混雑情報の提示が考えられているが、観光客がどのような意思決定を行うかは明らかになっていない。そこで本研究では、観光客の目的地選択 に関するシミュレーションおよび同地域での社会実験を行い、観光客への情報提示の混雑解消に対する有効性を検証することを目的とする。

シミュレーションモデルは、ウトロから知床五湖およびカムイワッカ湯の滝までの道路を7.5mごとに区切り、1つの区画として考える。ある区画に車が入っているときに、1つ前の区画に車があると、次の時間に後ろの車は動けずに渋滞が発生するものとする。観光客の目的地選択には、混雑情報に従う運転手と、従わない運転手の2種類が存在すると仮定する。社会実験は、知床五湖・カムイワッカに向かう道路に電光掲示板を設置し、各目的地の混雑情報を提示して、各車両の挙動を調査する予定である。


セミナー index | A 棟 7-8F の研究室