環境科学院 植物生態学セミナー   2011-05-24 (Tue) 10:30
(Room: A809 )

Measuring photosynthesis of plants along environmental gradient in the Taisetuzan

Aoshima Yuta
(Chairperson: ==CHAIRPERSON==)

The plant that grows to the alpine region grows under a bad environmental condition. For example, low temperature, strong light, and dryness and limitation at growth period etc… However, a lot of alpine plants can make the seed at a short term of growth. Therefore, I think that alpine plants have some strategies for short term of growth.

Previous studies of photosynthesis in alpine environments reported on some results. One of reports, it reported that a deciduous plant does high photosynthesis in the short span of time. And an evergreen plant showed photosynthetic capacity that was lower than a deciduous plant. An evergreen plant maintained photosynthetic capacity from a deciduous plant till late from early time including photosynthesis (Tranquillini 1979). In other reports, it reported that Fallopia japonica of the high ground had photosynthetic capacity that was higher than the one of the low ground under the same environment (Shibata et al.1975). Some reports are done for photosynthesis. But, there is no study of gradually driving the productivity of the plant along the environmental gradients such as the altitude and thaw.

In recently, a rapid vegetation change progresses in Taisetuzan. In Taisetuzan Goshikigahara, dwarf bamboo has increased. Why dwarf bamboo enters a special environment of high mountain environment is not understood.

I am based on the above-mentioned thing in this study and investigate it in a bamboo grass distributed over the various environment. I measure the photosynthesis along the environmental gradient in Taisetuzan.

The investigation is going to analyze photosynthesis properties, the morphological characteristic analysis of the leaf and the elucidation of the breading style. I want to think about the influence on other plants by bamboo grass opening after having grasped physiology properties of the bamboo grass.

高山帯に生育する植物は、低地の植物と比べて温度、水、光などの環境条件が悪く、また、雪解け時期が遅いことによる生育期間の制約もうける。しかし、多くの高山帯に生育する植物は短い生育期間で成長し、繁殖することができる。短い生育期間に対し、何らかの戦略をとっているためだと考えられる。

これまでの高山帯における光合成の研究では、落葉性の植物は短い期間を通して高い光合成を行っていることがわかっている。常緑性のものは落葉性のものより光合成能は低いが、長い期間、光合成能を保持し続ける。また、高地のイタドリでは同じ環境下のもとでは低地のものよりも高い光合成能をもつことなどがわかっている。光合成に関しては、いくつかの報告がされているが、標高や雪解けなどの環境傾度にそって、植物の生産性を段階的にはかった研究はない。

近年大雪山で急速な植生変化が起きており、大雪山の五色ヶ原ではチシマザサが増えてきている。高山環境という特殊な環境にどうしてチシマザサが入ってこれるのか、わかっていない。

そこで、本研究では以上のことをふまえ、さまざまな環境傾度に分布するササに焦点をあて、大雪山で環境傾度にそった光合成測定をすることとした。

調査では標高傾度や雪解け傾度にそった違い、ササの広い環境傾度に分布できるメカニズムを解明するために、光合成特性の解析、葉の形態的特性の解析、稈の特性、開花頻度、繁殖様式の解明などをする予定である。また光合成はN含有量の多い葉緑体で行われるためN含有量の測定も行う予定である。

ササの生理特性を把握したうえで、ササが広がることによる他の植物への影響なども光合成の面から考えていきたい。


セミナー index | A 棟 7-8F の研究室