環境科学院 植物生態学セミナー   2012-03-13 (Tue) 10:30
(Room: A809 )

The mechanism of population decline of Anemone narcissiflora in alpine snow meadow, Taisetsu Mountains
お花畑消失のメカニズム-大雪山ハクサンイチゲ個体群を事例として

YUKA Kawai
(Chairperson: Fujinuma )

In recent years, the decline of alpine snow-meadow plants of the Taisetsu Mountains, northern Japan, has been reported, and the soil drying associated with the early snowmelt time is considered as the prime suspect. In addition, changes in soil moisture conditions along the snowmelt gradients may shift the distributions of alpine snow-meadow plants. Therefore, I examined the effects of early snowmelt time on the population dynamics of Anemone narcissiflora, typical alpine meadow plants in the Taisetsu Mountains. To clarify the mechanism of population decline of A. narcissiflora, the aim of this study is to answer the following questions: (1) Does the early snowmelt reduce the soil moisture? (2) Does the snowmelt time affect the population dynamics of A. narcissiflora?

近年、北海道大雪山系の雪潤草原では湿性お花畑の減少が報告されており、その原因として雪解けの早期化に伴う土壌乾燥化が有力視されている。さらに、雪解け傾度に沿った土壌水分条件の変化に伴い、広茎草本の分布域が移動している可能性がある。そこで、雪潤草原の代表的な種であるハクサンイチゲを用いて、雪解けの早期化にともなう個体群動態を追跡した。(1) 雪解けの早期化は土壌水分を低下させているのか?そして、(2) 雪解け時期の違いは個体群間の開花サイズ、繁殖率、サイズ構成を変化させているのか?を明らかにすることにより、雪解け時期の変化に伴うハクサンイチゲの個体群衰退のメカニズムを解明することを目的とした。


セミナー index | A 棟 7-8F の研究室