環境科学院 植物生態学セミナー   2013-01-08 (Tue) 10:30
(Room: A809 )

渡島駒ケ岳におけるシラタマノキ種子の散布と発芽

NOMURA Nanae

動物による種子散布は植物の空間分布を規定する重要な機構のひとつである。これまで、内生動物散布による種子 移動はよく調べられてきたが、内生動物散布後の発芽動態についてはほとんど研究例がない。北海道南部に位置す る渡島駒ケ岳(1131m)では、ツツジ科低木であるシラタマノキが自生しており、ウサギが果実を食し、その種子を>散布することが明らかにされている。しかし、シラタマノキ実生は駒ケ岳においてほとんど確認されておらず、ウ サギによる内生散布がシラタマノキ種子の発芽に何らかの負の影響を及ぼしていることも考えられる。

そこで本研究では、ウサギがシラタマノキの空間分布にどのように影響を与えているのかを明らかにするため、① 種子の移動パターン、②散布後の発芽動態について明らかにすることを目的とした。

目的①について、駒ケ岳中腹に2m×1mのプロットを30個設置し、各プロット内でのフンの移入数と消失数、その位 置を調べた。持ち帰ったフンは発芽試験を行った。

目的②について、ウサギのフン中は暗く、フンが散布された場所により水分条件が異なると予想される。そこで、 2012年8月と10月に採取した種子を用い、光、水ポテンシャル、低湿処理条件を変え、発芽試験を行った。試験は1シャーレに約50粒の種子を播き、条件ごとに8反復を、5℃/25℃(6h/18h)に設定したインキュベータ内で行った。>また駒ケ岳において、シラタマノキ、カラマツ、ミネヤナギそれぞれのパッチ内及び裸地に人工的にシラタマノキ 種子を播種し、発芽適地が存在するかを調べた。

以上のことから、シラタマノキ種子の散布と発芽にウサギが寄与しているかを評価した。

Animal seed dispersal is one of the most important factors determining spatial distribution of plants. Endozoochory, in which the diaspores transit through the animals’ digestive system has been well investigated. However, the dynamics of seeds after this type of dispersal has not been clearly defined yet. Gaultheria miqueliana (Ericaceae family) largely occurs on Mt.Koma (1131m) locate in southern Hokkaido. Hares feed on its fluits, and consequently contribute to the dispersion of its seeds. On the other hand, seedlings of G. miqueliana are scarce in Mt. Koma. It is possible that hares have negative effect to seed germination.

The purposes of my study are to clarify ①the movement pattern of seeds, ②the dynamics of seeds after dispersal, and show the effects of hare on spatial distribution of G. miqueliana.

For that :① I set up 30 plots in Mt. Koma. Each plot was 2m×1m. In those plots, I checked the production of pellets. ② considering that inside the pellets it is dark and pellets are dispersed into different places with different water conditions, I carried out germination tests in different conditions. The seeds were collected in August and October, and were subjected to three types treatments: light, water gradient and cold stratification. About fifty seeds were sown in each Petri dish. Eight Petri dishs were each condition. Seeds were incubated at 5℃/25℃(6h/18h). Second, in Mt. Koma, I set up plots each in the patches of Larix, Salix reinii, G. miqueliana and bare ground respectively. In those plots, I sowed seeds and observed the germination. I will investigate where is the best position for germination.

From these result, I will clarify the contribution of hare on the dispersion and germination of G. miqueliana seeds.


��祉�������� index | A 罍� 7-8F ��勛��腥九丨