TRENDY SEMINAR (第93回)

日時 9月29日(水) 18:00 -
場所 北大地球環境A棟309

樹木の水分通導組織 −その新たな”機能”の評価−

森林総合研究所関西支所 池田武文



「樹木を形作る組織のうち,幹や根,枝のほとんどは木部と呼ばれる組織でできてい ます。その木部には道管や仮道管という水を通す組織があり,根で吸収した水を葉を 含めた樹体各部に運ぶパイプの役割を果たしています。」と,ここまでは皆さんよく 御存じのとおり,ごくごくありきたりの水分通導組織を説明する文章で,すでに中学 校で学習していることです。おそらく多くの方々の水分通導組織に関する知識は基本 的にこの域をでないものではないでしょうか。
また,その機能といっても上述の通りのパイプ機能程度で,他に特別な機能があると いことは意識していないのではないでしょうか。ところが,最近の樹木の水分生理学 分野では,水ストレス,キャビテーション,エンボリズムというキーワードでもって ,水分通導組織の新たな”機能”の評価が行われつつあります。このセミナーではそ のあたりの概要と,新たな”機能”のもつ生態学的な意義についてお話します。



ふるってご参加ください

問い合わせ先
北海道大学大学院地球環境科学研究科地域生態系学講座
鈴木牧・加藤悦史・下野嘉子・谷友和
Email: makizoh@ees.hokudai.ac.jp
URL: http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/seminar/
Tel:011-706-2264