Trendy セミナー   2005-07-15 (金) 18:00 (時間にご注意下さい)   北大・大学院地球環境・A804 号室

北海道の湿原生態系を探る
  ― その多様性の形成と維持

Stefan Hotes (東京大学農学生命科学研究科保全生態学研究室)

湿原生態系を理解するためには、様々な時空間的スケールで起きている現象を解明する必要がある。時間的スケールに関しては、湿原植生の変遷や気候変動、過去に起こった撹乱などの事象が10年〜1000年間のレベルで記録されている泥炭層を分析することで長期的間の変化が把握できるとともに、直接観察および環境要因に対する生物の応答を実験的に調べることでより短い時間的スケールの変化を明らかにすることができる。そして、複数の地域で調査・実験を行うことによって、湿原生態系の包括的な考察が可能になる。本発表では、湿原の形成過程、広域テフラ(広く分布する比較的に薄い火山灰層)に対する植生の応答、水文条件や栄養塩の役割に関する研究成果を紹介し、北海道の湿原生態系の特徴をまとめる。


Trendy Seminar http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/~trendy/2005/
世話役:井田崇
email:id*ees.hokudai.ac.jp
Phone:011-706-2267
Facsimile:011-706-4954
北海道大学大学院環境科学院 植物生態学