TRENDY SEMINAR(第86回)

日時 1月20日(水) 18:00-
場所 北大地球環境科学研究科A棟309号室

ボルネオの熱帯多雨林の種多様性

鈴木英治(鹿児島大学 理学部 地球環境科学科)

樹木(DBH>=4.8cm)の1ha当たり種数は、日本では照葉樹林でも40種ほどしかないのに、ボルネオの低地林では300種以上になり、世界でも最大級の樹木多様性を持っている。このようにボルネオと日本では、1ha当たりの樹木種数は10倍近い差があるのに、日本全体とボルネオ全体の総植物種数を比較すると、ボルネオのフローラの解明が不十分な問題があるが、2倍の面積のあるボルネオの種数は日本の2-3倍にしかならないようだ。しかし樹木だけで比較すると10倍近い差があり、熱帯気候では樹木が優占していることがこの矛盾の一因となっている。
その他ボルネオの植生を中心とした最近の研究について述べる。


ふるってご参加ください

問い合わせ先
北海道大学大学院地球環境科学研究科地域生態系学講座
鈴木静男・鈴木牧・加藤悦史
Email:shizuo@ees.hokudai.ac.jp
URL:http://noah.ees.hokudai.ac.jp/~kubo/seminar/
Tel: 011-706-2267