TRENDY SEMINAR (第89回)

日時 3月4日(木) 18:00-
場所 北大地球環境科学研究科A棟309号室

樹木個体の通水抵抗と葉の水分特性

作田 耕太郎 (九州大学農学部)

活発に生育している樹木個体においては,全重量の 80〜 90%を水分が占め, さらに生活するうえで1日に大量の水分の摂取と排出が行われている.このよ うな個体の営みは,根から葉にかけての道管のネットワークによって可能とな っており,電流回路におけるオームの法則とのアナロジーによって通水抵抗と して定量的に評価できる.また,光合成器官であると同時に大気への蒸散が行 われる葉の水分特性は,プレッシャーチャンバーを使用したP-V曲線法によっ て求められ,個体の生育地点や,葉の樹冠中での位置によって変化する.
これら,通水抵抗と葉の水分特性は,これまで個別に扱われてきたが,両者は非常に 密接な関係にあることが分かってきている.両者の関係を樹種や生育環境,個体の生育 ステージ,あるいは樹冠内での葉の着生位置などによって明確にすることは,樹木の生 育や生態系における位置づけなどを水分生理の面から理解する上で,重要であると考え られる.
ここでは,以上のような樹木の通水抵抗と葉の水分特性との関係についての筆者らの 研究例を紹介し,樹種間差や個体の発育過程による差異とそれらの有する生態的意義に ついて検討し,あわせて樹木の水分生理生態に関する最近のレビューを行う予定である.



ふるってご参加ください

問い合わせ先
北海道大学大学院地球環境科学研究科地域生態系学講座
鈴木静男・鈴木牧・加藤悦史
Email: shizuo@ees.hokudai.ac.jp
URL: http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/~kubo/seminar/
Tel: 011-706-2267