Top
Header

(First upload on December 17 2015. Last on August 3 2017) [ 日本語 | English ]

Firmiana simplex (L.) W. F. Wight






Mount Usu / Sarobetsu post-mined peatland
From left: Crater basin in 1986 and 2006. Cottongrass / Daylily

Sterculiaceae (アオギリ科)

= Cacao Family or Chocolate Family
Engler: Sterculiaceae ⇒

APG: moved to four subfamilies in Malvaceae
→ Brownlowioideae
→ Byttnerioideae
→ Dombeyoideae (one species merged from Tiliaceae)
→ Sterculioideae

Firmiana Marsili (アオギリ)
One species:
Firmiana simplex (L.) W. F. Wight (アオギリ, 青桐/梧桐), Chinese parasol tree, or wutong
Lifeform: deciduous tree, 15-20 m tall
Distribution: southeastern Asia (naturalized to the warm regions of Japan)
Synonyms:

Firmiana simplex (L.) W. F. Wight var. glabra Hatus.
Firmiana platanifolia (L. f.) Marsili f. tomentosa (Thunb.) H. Hara
Firmiana platanifolia (L. f.) Marsili

索引

Sparganium erectum in Japan


ST1 ST2 ST3
[1-3] on a paved road adjacent to Hama-rikyu Gardens, Tokyo, on November 13 2015.
ST4 ST5 ST6
[4-6] in front of JR Yotsuya Station, Tokyo, on May 26 2017.


被爆アオギリ二世 (Second-generation Chinese parasol tree of atomic-bomb victims)

ST ST

昭和20年(1945年)8月6日午前8時5分、人類史上初の原子爆弾が広島中心部の上空約600 mで炸裂しました。強烈な熱線と爆風、放射能により、街は一瞬のうちに破壊され、約14万人もの生命が奪われました。爆心地から2 km以内のほとんどの建物は全焼、多くの樹木も焼き尽くされましたが、被爆の惨禍を生き抜いた樹木や、焼け焦げた樹木の株から再び芽吹いた樹木が、現在も被爆樹木として爆心地から半径2 km以内に約150本残っています。
この被爆アオギリ二世の親木のアオギリは、爆心地から北東1.3 kmにある中国郵政局(広島市中区白鳥町)の中庭で被爆しました。爆心地側の幹半分が熱線と爆風により焼けてえぐられましたが、焦土の中で青々と芽を吹き返し、被爆者に生きる希望を与えました。その後、このアオギリは昭和48年(1973年)平和記念公園に移植され、今でも樹皮が傷跡を包むようにして成長を続けています。
被爆アオギリ二世は、このアオギリの種から育てられたもので、「平和を愛する心」、「命あるものを大切にする心」を育み、平和の尊さを伝えるとともに、過ちを再び繰り返さないよう、被爆の実相を後世に伝えます。

(In the South Ikebukuro Park, Tokyo, on March 15 2017)

フッター