Top
ヘッダー

(2009年8月25日更新. 2014年10月4日追加) [ 日本語 | English ]

ヒカゲノカズラ属 (Lycopodium L.)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

エングラー体系 (Engler's syllabus), シダ類

Lycopodiaceae (ヒカゲノカズラ)


現世2属。基本的に外原型 exarch
Lycopodium L.
Phylloglossum Kunze
ヒカゲノカズラ体制をコンパクト化
P. drummondii Kunze (WA)
索引

Lycopodium L. (ヒカゲノカズラ)


= 日本1属 (*道産)
1. 茎叉状に分岐し主軸と側枝の区別ない。直立/下垂(匍匐しない)

2. 葉に不規則な鋸歯 _____ L. serratum Thunb.トウゲシバ
2. 葉全縁

3. 地上性。茎直立、基部倒状か斜上ascendent、上部に芽体をつけ胞子嚢穂を作らない

4. 葉針状被針形、基部から次第に細くなる _____ L. chinense Christ ヒメスギラン*
4. 葉線状被針形、ほぼ中央まで両側が平行し、それから次第に細くなる

5. 葉長さ4-8 mm、外曲せず、茎は葉と共に直径5-15 mm _____ L. selago L.コスギラン (var. selago チシマスギラン*: 千島, var. patens Desv.エゾノコスギラン*: 夕張岳
5. 葉長さ2-4 mm、通常外曲し、茎は葉とともに径3-5 mm _____ L. somae Hayata コスギトウゲシバ

3. 樹上/岩上性。茎叢生し通常下垂か斜上し、上部に芽体をつけない

4. 葉鱗片状、茎に圧着し、腹面2/3は茎に合着。茎紐状で下垂 _____ L. sieboldii Miq. ヒモラン

5. 葉針形、中央から先は内曲incurved。茎下垂し、葉と共に径5 mm以下 _____ L. fargesii Hert. ヒモスギラン
5. 葉針形ではない。内曲しない。茎は葉とともに通常径10 mm以上

6. 茎直立/斜上。葉線形/線状被針形、基部僅かに細い。胞子嚢穂はない _____ L. cryptomerinum Maxim. スギラン*, 日高・胆振
6. 茎下垂。葉被針形、ほぼ中央最も広く、下へ次第に細くなり、胞子嚢穂分化不明瞭 _____ L. fordii Bak ナンカクラン
6. 茎下垂。葉卵状被針形/三角状針形、基部最も広く分岐したforked紐状胞子嚢穂を枝端に作る _____ L. phlegmaria L. ヨウラクヒバ

1. 茎に主軸と側枝の別ある。主軸匍匐、直立または蔓状に伸び、胞子嚢穂を側枝に作る

2. 主軸は地表か地中を長く匍匐

3. 葉枝先に数列に並び、皆ほとんど同形、茎に合着する部分は少ない

4. 主軸地中匍匐し、側枝直立、上半部で密に分枝し樹木状、胞子嚢無梗 _____ L. obscurum L. マンネンスギ(サロベツ)* → 太い茎 = 中原型meserch - 外原型で太い茎となるのは無理
4. 主軸地上匍匐し、側枝は基部斜上し樹木状とならない

5. 葉線形/線状被針形

6. 胞子嚢穂は葉を疎につけた長い総梗上に1-数個。側枝やや密に分枝 _____ L. clavatum L. var. nipponicum Nakai ヒカゲノカズラ* (環境による形態変化大 → 1種 L. clavatum var. clavatumとし扱う見解) (L. clavatum var. robustius (Hook. et Grev.) Nakaiエゾヒカゲノカズラ*, 極稀)
6. 胞子嚢穂無梗、側枝分枝少 _____ L. annotinum L.スギカズラ*

5. 葉針形・胞子嚢穂は疎につく梗上に1-数個 _____ L. sitchense Rupr. var. nikoense (Fr. et Savt.) Takeda タカネヒカゲノカズラ*, やや稀

3. 葉は枝に4列に並び、多少とも2形をなし、基部は広く枝に合着

4. 枝多少扁平、腹面の葉は側葉より多少小 _____ L. alpinum L. var. planiramulosum Takeda ミヤマヒカゲノカズラ*
4. 枝著しく扁平、腹面の葉は側葉より著しく小さい _____ L. complanatum L. アスヒカズラ*

2. 主軸地上匍匐するが短く分岐も少ない、胞子嚢穂は直立する枝先に1個。湿原性植物

3. 胞子嚢穂梗は葉密生し、胞子葉の形大きさは栄養葉に似る _____ L. inundatum L.ヤチスギラン*
3. 胞子嚢葉梗は葉を疎らにつけ、胞子葉の形大きさは栄養葉と異なる _____ L. carolinianum L.イヌヤチスギラン, 日本は滋賀県大溝町天頑山湿地のみ報告

2. 主軸直立か、蔓状に伸び樹木に攀じ登り基部から匍匐枝を出す

3. 主軸は長く伸び樹木に攀じ登る _____ L. casuarinoides Spring ヒモヅル
3. 主軸直立 _____ L. cernuum L.ミズスギ*, 胆振

フッター