Top
ヘッダー

(2016年3月26日更新) [ 日本語 | English ]

ススキ Miscanthus sinensis Andersson






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

Miscanthus Andersson (ススキ)

Miscanthus sinensis Andersson
ススキ (薄, 芒), maiden grass / Chinese silvergrass
オバナ (尾花)
生活型: 多年生草本(高さ1-2 m) → 地上部夏緑性だが沖縄等では常緑で高さ5 mとなる
分布: 日本全国
生息地: 日当たりの良い山野
種子散布: 風
形態
花: 夏-秋に茎先端に長さ20-30cmになる淡赤色の花穂形成(尾花)
種子: 穎果は白毛生え穂全体白っぽい
葉: 細長く、堅く、縁は鋭鉤状
地下部: 短い地下茎発達
利用
かつては茅葺き、家畜餌として利用 → 茅場: 集落近くに定期的刈り入れをするススキ草原

茅場 = 草刈りや火入れを定期的に行うことで維持 → 現在、過去のススキ草地の多くは雑木林
遷移: ススキ草原は草原としてはほぼ最後の段階 → ススキ草原放置 = パイオニア樹木侵入し森林化

万葉集
変種
f. gracillimus (Hitchc.) Ohwi (イトススキ, 糸薄)
f. purpurascens (Andersson) Nakai (ムラサキススキ, 紫薄)
f. variegatus (Beal) Nakai (シマススキ, 縞薄)
f. zebrinus (Nichols.) Nakai (タカノハススキ, 鷹羽薄): cultivar

日本のススキ


ST1 ST2 ST3
[1] ススキが超優占している霧島えびの高原(九州南部) (2003年3月28日)。地名の由来は、ススキで一面が蝦色に見えるから。恐らく、人為撹乱により草原は維持されている。[2] 札幌光風園入口(2009年7月31日)。[3] 東京大井埠頭中央海浜公園なぎさの森にて(2015年12月26日)。

ST1 ST2 ST3
[1] 小樽市銭函海岸のススキ草原(2011年8月31日)。[2/3] 室蘭市電信浜(2012年8月20日)。

ST1 ST2 [1/2] 2015年11月28日、石狩海岸風力発電所建設計画地査察にて。このような草地は自然度が低いということで、何をしてもいいそうだ。実際は、これから森林に復元していく大事な過程なのだが。
索引

有珠山のススキ

ST1 ST2
[1] パッチ。[2] 拡大。西山火口群(2009年9月9日)。

恵山ススキ

ST1 ST2 [1/2] 1983年10月16日に賽の河原近くにて。日本における遷移では、一般に、ススキ草原は、草本段階の最終相と考えられている(はたして、そうであろうか)。北海道と新潟県のスキー場を調べた限りでは、ススキが定着するところは木本植物の定着も良く、ススキは、もしかするとスキー場植生のキーストーン種のような機能を持っているのかもしれない(Tsuyuzaki 2005)。ススキは、また、日本では、月見のときに重要な植物である。
スキー場景観 (Landscape on skislopes)
スキー場植生 (skislope vegetation)

変種


イトススキ (f. gracillimus)

ST1 ST2 ST3
[1-3] 2013年11月11日、立川昭和記念公園内草地。ナンバンギセル(Aeginetia indica)が草地内に見られた。

シマススキ (f. variegatus)

ST1 ST2 ST3
[1] 2013年11月11日、立川昭和記念公園内草地。[2/3] 札幌市東区の家庭庭園(2012年10月30日)。

タカノハススキ (f. zebrinus)

貝原益軒「大和本草」(1709) 葉斑ニシテ虎皮ノ文ノゴトシ

ST1 ST2 ST3
[1] 2013年11月11日、立川昭和記念公園内草地。ここでは、少なくともススキとその3品種が見られる。[2/3] 2012年10月30日、シマススキと同じく札幌市東区の家庭庭園

フッター