Top
ヘッダー

(2017年5月4日更新) [ 日本語 | English ]

シソ科 (Lamiaceae Martynov)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

Order Laminales Bromhead シソ

花弁形 = 唇状 → 上唇upper lip (epichile) +下唇lower lip (hypochile)
雄蕊4 (2)本で先が2裂
1 子房は開花時割れない。花柱は3子房の上からでる。精油ない ___ Verbenaceae クマツヅラ
1. 子房は開花時割れ(花冠取ると子房見える)、花柱は子房底部からでる。普通精油ある ___ Lamiaceae シソ

Lamiaceae Martinov シソ

= Labiatae Juss., nom. cons.

210-250属3500-7000種 + α
花: 左右相称, 5花弁(合弁) + 萼
葉: 対生

[ ベンサム・フッカー方式 ]

Scrophulariales Lindl. (ゴマノハグサ)

Cronquist: 本目設ける
Engler: シソ目に含める
APG: 多系統 → 複数科に分割移動
Scrophulariaceae: 花冠を抜き取ると見える子房・果実は4裂しない ≠ Lamiaceae

(genus)


本ページ内にある属 Genera listed in this webpage

Ajuga L. (キランソウ)
Calamintha Mill. (ヒメトウバナ*)
Clinopodium L. (トウバナ)
Glechoma L. (カキドオシ)
Isodon Schrad. ex Benth. (ヤマハッカ)
Lamium L. (オドリコソウ)
Lavandula L. (ラベンダー)
Leonurus L. (メハジキ)
Lycopus L. (シロネ)
Melissa L. (セイヨウヤマハッカ)
Mentha L. (ハッカ)
Monarda L. (ヤグルマハッカ)
Nepeta L. (イヌハッカ)
Ocimum L. (メボウキ)
Origanum L. (ハナハッカ)
Perilla L. (シソ)
Prunella L. (ウツボグサ)
Salvia L. (アキギリ)
Scutellaria L. (タツナミソウ)
Stachys L. (イヌゴマ)
Teucrium L. (ニガクサ)
Thymus L. (イブキジャコウソウ)

イヌハッカ (Nepeta L.)


ミソガワソウ N. subsessilis Maxim.

エゾミソガワソウ var.yesoensis Franch. et Sav.: flower > N. subsessilis, 分けない (北村)

タツナミソウ (Scutellaria L.) in Japan


1. 花冠長 6-8 mm

ミヤマナミキ: 道なし
コナミキ: 道なし
ヒメナミキ S. dependens Maxim. 道あり

1. 花冠長 11-32 mm

2. 花は葉腋につく

茎長い上向きの毛 ___ ナミキソウ
葉卵形。茎やや無毛 ___ エゾタツナミソウ

2. 花頂生の花穂 ___ 上記以外の種

フッター