Header

(First upload on December 22 2008. Last on March 27 2014) [ 日本語 | English ]

Lamium amplexicaule L.






Mount Usu / Sarobetsu post-mined peatland
From left: Crater basin in 1986 and 2006. Cottongrass / Daylily

Lamium L. (オドリコソウ)
Hotokenoza (ホトケノザ, 仏之座), henbit deadnettle
Lifeform: annual forb
Distribution: widespred in warm and temperate climatic zones in the northern hemisphere, incluidng Japan except Hokkaido

HUSTEP: Plants and Plant communities in Japan (flora list)

Habitats: roadsides, cultivated land, etc.
Chromosome number: 2n = 18
f. albiflorum D. M. Moore (シロバナホトケノザ)

Lamium amplexicaule in Japan


Lamium1 Lamium2 Lamium3

索引

Lamium4 Lamium5
[1] in the former Juo Town (now Hitachi City), Ibaragi Prefecture, in April 1985. [2/3] along a lakeside of Lake Biwa, Otsu City, western Honshu, on March 19 2012. [4] near Ryukan Bridge (龍閑橋*), Kanda, Tokyo, on March 4 2013. [5] at the Peace Memorial Park in Hiroshima on March 14 2014.



龍閑橋

 もともと、神田の堀に架けられていた龍閑橋は、堀を埋め立てることで必要なくなりました。同じころ、この付近に開かれた新しい川に、いらなくなった橋をそのまま架けたのが、現在の龍閑橋の地名の由来となっています。まだ無名だったその新川は、橋の名前にちなんで「龍閑川」と名付けられました。今は無き龍閑川は、その昔、神田と日本橋の両区を分割するものでした。
 また、「龍閑」という名については、龍閑川の西端にあった町に、旧幕府坊主の「井上龍閑」と言う人の家があったことに由来します。

「明治東京名所図会」より (禁煙です)

フッター