Top
ヘッダー

(2016年10月8日更新) [ 日本語 | English ]

ラン科 (Orchidaceae Juss.)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

[ エングラー体系 (Engler's syllabus)| 植物分類学 ]

Order Orchidales (Microspermae, Gynandrae) ラン

= Orchidaceae ラン

Brown 1773-1858: 2亜科 → Diandrae = 葯2, Monandrae = 葯1
Schlechter 1872-1925: 2亜科 → Orchidioideae, Cypripedioideae
従来の多見解: 3亜科 → Apostasioideae, Orchidioideae, Cypripedioideae
Dressler (1927-) 6亜科 (1987)
  1. Subfam. Apostasioideae ヤクシマラン: 過去にヤクシマラン科とし独立 → Dressler & Dodson: 合一
    放射相対花 (= Apostaioideae) → primitive (ラン科植物の起源?) → 左右相対花 = 他亜科
  2. Subfam. Cypripedioideae アツモリソウ: 葯数 = 2
    葯数: 減少: 3 → 2 → 1 (Ex. 2 = アツモリソウ, クマガエソウ)
    花粉塊柄caudicle: 花粉塊を支える細い柄のような部分
    Schlechterによる分類基準
    1) 葯数________2 (Diandrae)________1 (Monandrae)
    2) 花粉塊柄位置 下部に付く (Basitonae)_頂部に付く (Acriotonae)
    3) 花粉塊状態___粒質 (Polychondreae)__ろう質 (Kerosphaepeae)
    4) 花茎の出方___頂生 (Acranthae)______側生 (Pleuranthae)
    5) 茎形態______匍匐 (Sympodiales)___直立 (Monopodiales)
    Dressler & Dodson (1960) 見直し – 分類基準追加 ⇒ 4亜科を加える 1) 花粉の硬さ_軟花粉______硬花粉
    2) 葯の形____真っ直ぐな葯__内折れの葯
  3. Subfam. Spiranthoideae ネジバナ: 主地生。葯1つの軟花粉。カラム形と気孔を伴う中央周囲起原副細胞がある
  4. Subfam. Orchidoideae チドリ: 主地生。葯1つの軟花粉。副細胞なく、葯がカラムの柱頭まで伸びる
  5. Subfam. Epidendroideae セッコク: 硬花粉多。葯発達に特徴 = 大部分は若花芽では立つが、発達すると葯がカラムの頂点crestを越えカラムの中枢へ適切な角度まで、時には明らかに腹部まで曲がり折れる
  6. Subfam. Vandoideae バンダ: 多くは硬花粉。Epidendroideaeは葯発達し曲がるが、ごく初期段階から曲がる
花3数性、完全花。花被片は異形化し左右相称
地上生-着生草本。葉緑体なくし菌根-腐生植物もある
粘着体 viscidium (pl. –a): 花粉が虫に付着する粘液質の物質を出す部分
種子微細: 多数で胚が未分化で胚乳なし
ヤクシマラン亜科 Apostasiodeae: 3本雄蕊か、2雄蕊と1不稔雄蕊からなる
アツモリソウ亜科 Cypripedioideae: 雄蕊2本。唇弁よく発達
アツモリソウ属 Cypripedium L.
ラン亜科 Orchidoideae (Monandrae): 外輪雄蕊1本だけ稔性を持ち残る
エビネ Calanthe R. Br.
アオチドリ Coeloglossum Hartman
ハクサンチドリ Dactylorchis Verm.
シュスラン Goodyera R. Br.
テガタチドリ Gymnadenia R. Br.

葉広線形, 根一部掌状に肥厚, 距 長さ15-20 mm < 子房 → テガタチドリ G. conopsea (L.) R. Br.
葉(狭長)楕円形 縁波状, 肥厚根なし掌状。距長さ2-5 mm < 子房 → ノビネチドリ G. camtschatica Miyabe et Kudo

ツレサギソウ Platanthera L. C. Rich.

P. mandarinorum var. brachycentron ヤマサギソウ: 地下紡錘状の太根が新旧2個あり更新 花期6-7月

ランの種分化


ラン科植物: 単子葉類中進化したもの
蕊柱形成: 癒合 + 退化 – 2心皮退化、5雄蕊退化
種分化の最中にある科  染色体は観察しずらく数多い
園芸品種約8万種。ほとんどの交配系図 stud hybrid は記録されている
交配方法 – 必ず蕊柱を使用する
花柱の構造
flower 葯 anther
花粉塊 pollinium (pl. –a)
柱頭 stiguma – 湾曲
小嘴体rostellum (pl. –a, adj. rostellate)




flower 雄蕊、雌蕊: 退化している
舌弁 lip: 極めて変異富む

平行進化の良い例
同時的な減数分裂を行う種が多い(海藻でも報告あり)。1つの花粉塊の中で一斉に完了
また、time lagも一定なものが多い

flower

フッター