Top
ヘッダー

(2017年8月14日更新) [ 日本語 | English ]

セリ科 (Apiaceae Lindl.)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

[ エングラー体系 (Engler's syllabus)| 植物分類学 ]

寒帯-亜熱帯3000種 (日本 > 70種)
地表はう小型 - 3 m以上
柱下体 stylopodium: 花柱の下にある円盤状になった部分

チドメグサ (Subfamily Hydrocotyloideae)

分果内果皮木質繊維細胞からなる。果柱なし
チドメグサ (Hydrocotyle L.)
オオチドメ (H. ramiflora Maxim.): 本種のみ道
Centella L.ツボクサ: 道なし

ウマノミツバ (Subfamily Saniculoideae)

分果内果皮柔組織からなる。花柱長く環状のannular果柱台に囲まれる
Sanicula L.
Eryngium L.

セリ (Apiodeae)

分果内果皮柔組織からなり、時に表皮下に繊維層がり堅果状。果柱は果柱台上に立つ
Coelopleurum Ledeb. エゾノシシウド C. lucidum L. エゾノシシウド (var. trichocarpum Hara) Angelica L.シシウド
A. ursina (Rupr.) Maxim. エゾニウ: 葉柄下部は大きく膨らみ袋状
A. anomala Lallem.エゾノヨロイグサ: 茎細く紫色。葉小形質厚く、裏面灰白色。花序半球形もり上がるので区別
フッター