Top
ヘッダー

(2016年1月2日更新) [ 日本語 | English ]

クロマツ Pinus thunbergii Parlatore






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

マツ属 (Pinus L.)
クロマツ (kuromatsu, 黒松), Japanese black pine
常緑高木
冬芽鱗片帯白色
樹皮暗黒色
葉濃緑色、剛直
主に海岸
花期は4-5月で、果期は翌年の9-12月。「まつぼっくり」と呼ばれる実の中で種が2年かけて熟します。樹皮が黒いことが名の由来で、アカマツと較べて枝葉が太く長く、樹形も大ぶりで、雄松(おまつ)とも呼ばれます。

絵: 基町小学校・白鳥小学校 平成20年度卒業生
解説文: 広島城内樹木調べ隊
制作: 広島城・広島市中央公民館・中央区役所

門松は 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし (一休)
索引

巨木 (giant tree)


大願寺の九本松

ST ST 廿日市市天然記念物
名称 大願寺の九本松
樹種 クロマツ (昭和48年3月1日指定)
樹高 18.00 メートル
枝張 東西 9.00 メートル
南北 8.00 メートル
この松は口頭伝承によると、伊藤博文公が明治時代に頻繁に来島され、その際に植えたと伝えられています。
廿日市市教育委員会

(2014年3月16日)

浜離宮の300年の松

ST ST

三百年の松
300-Year Pine

 およそ300年前の宝永6年(1709) 6代将軍徳川家宣が、この庭園を大改修した(その時から「浜御殿」と改称された)ときに植えられたと伝えられており、その偉業を表現するような雄姿は昔時をしのばせるもので、都内では最大級の黒松であります。

(2015年11月13日 浜離宮)

菰巻 (straw mat wripping)


ST
菰巻 -冬の風物詩-
ST
 寒くなってくると、枝先にいた害虫が越冬するために、幹を伝って地中へ下りようとする。これらを捕ら
え、殺虫するたえに、「菰巻」と呼ばれる作業を行う。
 幹に巻いた菰は上下二箇所を荒縄で結ぶが、上はゆるめに、下はきつめに結ぶ。すると害虫たちは、その部分が緩いため、また下の荒縄がきつく出口がないために、地面に下りずに菰の中で越冬する。
 そして、春が来て虫が動き出す前に菰を取り外し、害虫と共に焼却する。
 菰を巻く時期は10月下旬、霜降前後。取り外しは2月下旬から中旬、立春を目安にする。

(2015年11月13日 浜離宮)

フッター