Top
ヘッダー

(2017年7月28日更新) [ 日本語 | English ]

自然共生セミナー (Symbiosis in Nature Seminar)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

image

[ 目的 | ガイダンス | スケジュール | 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017年度 | 参考 ]


2017


目的

本セミナーは、主に人間生態システムコースの自然共生的アプローチによる研究の進展を促進する目的で実施される。

目的: 学生の能力向上(研究に関わる知識・発表・議論)
大事なこと: 積極的な発言、質問、議論。期日を守る

担当教員: 露崎 史朗 HP ・ 石川 守 HP ・ 佐藤 友徳 [2017年代表教員] HP ・ 根岸 淳二郎 HP

ガイダンス


 第1回自然共生セミナー(ガイダンス)を開催します。
 受講者数等により、次回以降の講義室を決定するので、自然共生サブコースに所属している、あるいは、する可能性のある学生はガイダンスに必ず出席すること。欠席の場合には、事前に連絡をとること。

日時 4月12日 14:45- (水)
場所: 環境科学院 D103
内容

ガイダンス
教員紹介

原則、隔週水曜日14時45分から。

スケジュール


担当教員: 露崎 史朗・石川 守・佐藤友徳・根岸淳二郎

前期 / 日時 (部屋)後期
  1. 4月12日 (D103): ガイダンス
  2. 4月26日: 論文紹介
    • Ta Huu Chinh: Ling Z, Wang Y, Wang G. 2016. Impact of intraseasonal oscillations on the activity of tropical cyclones in summer over the South China Sea. Part I: Local tropical cyclones. Journal of Climate 30: http://dx.doi.org/10.1175/JCLI-D-15-0617.1
    • Hitoshi Kitaichi (M2): Kitanishi S, Yamamoto T. 2015. Comparison of genetic structure between juvenile and adult masu salmon indicates relatively low reproductive success of dispersers. Environmental Biology of Fishes 98: 405-411
    • Sharmin Shishir: Newbold et al. 2015. Global effects of land use on local terrestrial biodiversity. Nature 520: 45-50
    • Mirza Tanvir: Kraus JM, Schmidt TS, Walters DM, Wanty RB, Zuellig RE, Wolf RE. 2014. Cross-ecosystem impacts of stream pollution reduce resource and contaminant flux to riparian food webs. Ecological Applications 24: 235j-243
  3. 5月10日: 論文紹介
  4. 5月24日: 論文紹介
  5. 6月 7日: 論文紹介
  6. 6月21日: 論文紹介
  7. 7月 5日: 論文紹介
  8. 7月19日: 論文紹介
  9. 8月2日: 論文紹介

2016


担当教員: 露崎 史朗・石川 守・佐藤友徳・根岸淳二郎

前期 / 日時 (部屋)後期
  1. 4月15日 (D103): ガイダンス
  2. 4月27日(D103): 論文紹介
    • 三浦一輝 (D1): William JR, et al. 2014. Trophic cascades from wolves to grizzly bears in Yellowstone. Journal of Animal Ecology 83: 223-233
    • Ta Huu Chinh (D1): Camargo SJ, et al. 2007. Seasonal tropical cyclone forecasts. WMO Bulletin 56: 297-309
  3. 5月11日 (D103): 論文紹介
    • Garrido Paolo: Morre JW, Schindler DE. 2010. Spawning salmon and the phenology of emergence in stream insects. Proceedings of the Royal Society of London B 277: 1695-1703
    • 日比野愛子. Bubb DH, et al. 2009. Relative impacts of native and non‐native crayfish on shelter use by an indigenous benthic fish. Aquatic Conservation: Marine and Freshwater Ecosystems 19: 448-455.
    • 阿部直美子. Khishigjargal M, et al. 2013. Contrasting responses of seedling and sapling densities to livestock density in the Mongolian forest-steppe. Plant Ecology 214: 1391-1403
  4. 5月25日 (D103): 論文紹介
    • 宋媛媛: Fukui D, et al. 2006. Effect of emergent aquatic insects on bat foraging in a riparian forest. Journal of Animal Ecology 75: 1252-1258.
    • 玉本 誠: Alistair WR, et al. 2016. Sensitivity of global terrestrial ecosystems to climate variability. Nature 531: 229-232.
    • 渡辺のぞみ: Paetzold A, et al. 2008. Riparian arthropod responses to flow regulation and river channelization. Journal of Applied Ecology 45: 894-903
  5. 6月8日 (D103): 論文紹介
    • 李 茜(あかね): Nishimura A, Tsuyuzaki S. 2014. Effects of water level via controlling water chemistry on revegetation pPatterns after peat mining. Wetlands 34: 117-127.
    • 張 興: Tao Yun et al. 2015. The zonal movement of the Indian–East Asian summer monsoon interface in relation to the land–sea thermal contrast anomaly over East Asia. Climate Dynamics 46: 2759-2771
    • Radyan Putra Pradana: Tosca MG, et al. 2010. Do biomass burning aerosols intensify drought in equatorial Asia during El Niño?. Atmospheric Chemistry and Physics 10: 3515-3528.
  6. 6月22日 (D102): 論文紹介
    • Sharmin Shishir: Gautam KH, Nora ND. 2006. Ecological and anthropogenic niches of sal (Shorea robusta Gaertn. f.) forest and prospects for multiple-product forest management – a review. Forestry 79: 81-101
    • 周灵灵: Egawa C, Tsuyuzaki S. 2013. The effects of litter accumulation through succession on seed bank formation for small-and large-seeded species. Journal of Vegetation Science 24: 1062-1073
  7. 7月6日 (D102): 論文紹介
    • 王首薇. Laeser SR, et al. 2005. Riparian vegetation loss, stream channelization, and web-weaving spiders in northern Japan. Ecological Research 20: 646-651
    • 趙新雪. Egawa C, Tsuyuzaki S. 2011. Seedling establishment of late colonizer is facilitated by seedling and overstory of early colonizer in a post-mined peatland. Plant ecology 212: 369-381
    • 呉 廸. 2015. Kawase H, et al. 2015. Future changes in winter precipitation around Japan projected by ensemble experiments using NHRCM. 気象集誌 93: 571-580
  8. 7月20日 (D102): 論文紹介
    • 北市仁. Griffiths AM, et al. 2011. Restoration versus recolonisation: the origin of Atlantic salmon (Salmo salar L.) currently in the River Thames. Biological Conservation 144: 2733-2738
    • 朱夢鈴. Vander ZM, et al. 2005. Primary consumer stable nitrogen isotopes as indicators of nutrient source. Environmental Science and Technology 39: 7509-7515
    • 板坂 直樹. Sejourne A., et al. 2011. Scalloped depressions and small-sized polygons in western Utopia Planitia, Mars: A new formation hypothesis. Planetary and Space Science 59: 412-422
  1. 10月12日 (D103): 研究進捗
    • 朱夢鈴 (M1): Effects of eutrophication on food chain length in floodplain lakes
    • 趙新雪 (M1): Interactive effects of tussocks and Rhynchospora alba grass mats on the establishment of cohabitants
  2. 10月26日 (D103): 研究進捗
    • Paolo Garrido (M1): Predicting the distribution of freshwater mussels in floodplain lake systems
    • 板坂直樹 (M1): Quantitative comparison of the pingos in mars and earth
  3. 11月9日 (D103): 研究進捗・論文紹介
    • Mirza A.T.M. Tanvir Rahman: Jung, Hun Bok, et al. 2015. Redox zonation and oscillation in the hyporheic zone of the Ganges-Brahmaputra-Meghna Delta: implications for the fate of groundwater arsenic during discharge. Applied Geochemistry 63: 647-660
    • 呉迪 (M1): Snowfall and winter season visibility
    • 北市 仁 (M1): Host compatibility of freshwater pearl mussel: population-level differences in mussel-fish relationships
  4. 11月30日 (D103): 研究進捗・論文紹介
    • Ahsan SM Habib: Endo N, Matsumoto J, Hayashi T, Terao T, Murata F, Kiguchi M, Alam MS. 2015. Trends in precipitation characteristics in Bangladesh from 1950 to 2008. SOLA 11: 113-117
    • 王首薇 (M1): Effects of eutrophication on the riparian organisms -Focusing on the interaction between carabid beetles and spiders-
    • Radyan Putra Pradana (M1): Evaluation of 2015 El Nino episodes triggering biomass burning aerosols in equatorial Asia
  5. 12月7日 (D103): 研究進捗
    • Sharmin Shishir: Vegetation density altered by ongoing urbanization in Purbachal New Town, Bangladesh
    • Ta Huu Chinh: Seasonal tropical cyclone activity over the western north Pacific during Elnino and Lanina events simulated by axis-symmetric model
  6. 12月21日 (D103): 研究進捗・発表練習
    • 周 灵灵 (M1): The determinants on the migration of Phragmites australis grasslands in a post-mined peatland
    • 阿部直美子 (D3): Change of tree growth by air pollution and climate change in the suburban area, Mongolia
    • 渡辺のぞみ (D3): The effects of in-stream geomorphology on energy supply in riparian zone of an alluvial river – Specifying the sources of aquatic subsidy –
  7. 1月11日 (D103): 発表練習
    • 李 茜(あかね) (M2): Determinants on vegetation differentiation in a post-mined peatland in Sarobetsu Mire, northern Japan
    • 張 興 (M2): 色水解析法を用いた夏季インドモンスーンおよび東アジアモンスーン地域における降水起源の季節変化
  8. 1月25日 (D103): 発表練習
    • 宋 媛媛. 河床間隙水湧出が河川河畔生態系に及ぼす影響
    • 玉本 誠. 衛星データを用いた全球の過去34年間における植生活動と気象要素の関係
内容等には変更の可能性あり

2015


前期 / 日時 (部屋)後期
  1. 4月15日 (D103): ガイダンス
  2. 4月22日 (D103): 論文紹介
    • Erdenebat Enkhbat (D3). Marc Stefanon et al. 2014. Soil moisture-temperature feedbacks at meso-scale during summer heat waves over Western Europe. Climate Dynamics 42: 1309-1324
    • 阿部直美子 (D2). Hirano T, Morimoto K. 1999. Growth reduction of the Japanese black pine corresponding to an air pollution episode. Environmental Pollution 106: 5-12
  3. 5月13日 (D103): 中間発表練習
    • 三浦 一輝. 河川希少種の陸への波及効果:カワシンジュガイ属はエゾアカガエルの越冬地を提供するか?
    • 宮崎 紀子. 泥炭採掘地におけるヌマガヤ草地へのミズゴケの侵入
    • Badrun Nessa. Transfer of anthropogenic nutrients from river to land through food webs
  4. 5月27日 (D103): 中間発表練習
    • 今井悠. 砂礫性昆虫に対するフラッシュ放流の影響評価 ~生息場所とエサ資源の変化から~
    • 田辺真一. 北海道内の高山域における多地点気温モニタリング
    • 山腰啓太. 季節変化に伴う出力変動特性を考慮した北海道の耕作放棄地における再生可能エネルギー導入可能性の検討
    • 尹衍棟. 日本全国一級河川における河床の経時変化及び変化要因の探索
  5. 6月10日 (D103): 最新研究・興味・その他の紹介
    • 教員
  6. 6月24日 (D103): 論文紹介
    • Kwon TaeOh (D3). Yang K, Shi W and Zhu JJ. 2013. The impact of secondary forests conversion into larch plantations on soil chemicaland microbiological properties.Plant and soil 368: 535-546
    • 張興 (M1). Wang B and Lin H. 2002. Rainy season of the Asian-Pacific Summer Monsoon. Journal of Climate 15: 386-398
  7. 7月08日 (D102): 論文紹介
    • 玉本誠 (M1): Pochanart P., Akimoto H., Kinjo Y., Tanimoto H.. 2002. Surface ozone at four remote island sites and the preliminary assessment of the exceedances of its critical level in Japan. Atmospheric Environment 36: 4235-4250
    • 李茜 (M1): Nishimura A., Tsuyuzaki S., Haraguchi A. 2009. A chronosequence approach for detecting revegetation patterns after Sphagnum-peat mining, northern Japan. Ecological Research 24: 237-246
    • 日比野愛子 (M1): Xu M. Z., Wang Z. Y., Pan B.Z., Zhao N. 2012. Distribution and species composition of macroinvertebrates in the hyporheic zone of bed sediment. International Journal of Sediment Research 27: 129-140
  8. 7月22日 (D102): 論文紹介
    • 五島弘力(M1): Aberga EU, Tapsell S. 2013. Revisiting the River Skerne: The long-term social benefits of river rehabilitation. Landscape and Urban Planning 113: 94-103
    • 村井洋介(M1): Schwalb AN, Morris TJ, Cottenie K. 2015. Dispersal abilities of riverine freshwater mussels influence metacommunity structure. Freshwater Biology 60: 911-921
    • 宋媛媛 (M1): Malison RL, Baxter CV. 2010. The fire pulse: wildfire stimulates flux of aquatic prey to terrestrial habitats driving increases in riparian consumers. Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences 67: 570-579
追:
5月19日 中間発表
6月08日 中間発表
  1. 10月07日 (D103): 論文紹介
    • 渡辺のぞみ. Merten EC, Snobl ZR, Wellnitz TA. 2014. Microhabitat influences on stream insect emergence. Aquatic Sciences 76: 165-172
    • 村井洋介(M1). Schwalb AN, Morris TJ, Cottenie K. 2015. Dispersal abilities of riverine freshwater mussels influence metacommunity structure. Freshwater Biology 60: 911-921
  2. 10月21日 (D103): 研究計画
    • 村井洋介 (M1). 石狩川の氾濫原水域に生息するイシガイ目二枚貝の研究
    • 宋媛媛 (M1). 河川河畔生態系へ波及する扇状地湧水の影響評価
  3. 11月04日 (D103): 研究計画
    • 張興 (M1). 地球温暖化による東アジアモンスーン地域降水量変化についての研究
    • 玉本誠 (M1). ユーラシアにおける年変動の気象パラメータと植生関係
    • 日比野愛子 (M1). 札内川におけるカワゲラ目の陸域波及効果
  4. 11月18日 (D103)
    • 李 茜 (M1). 泥炭採掘跡地における攪乱後の植物群集の遷移と多様性
    • 五島弘力 (M1). 石狩川提内地氾濫原水域に生息するタイリクバラタナゴの移入と拡散についての研究
  5. 12月02日 (D103): 研究進捗
    • 阿部直美子. Reconstruction of historical insect damage using anomaly tree ring (light ring) in the Mongolian forest
    • Erdenebat Enkhbat. Statistical and numerical study of hot extremes in Mongolia: possible contribution of soil moisture to the recent increase in heat waves
  6. 12月16日 (D103): 研究進捗
    • Kwon TaeOh. Relationship between vegetation pattern and mycorrhizal symbiosis for N acquisition 85 years after catastrophic eruption on Mount Koma, Northern Japan
    • 渡辺のぞみ. 扇状地河川における水域資源の供給源特定および餌資源量の推定
  7. 01月13日 (D103): 発表練習
    • Badrun Nessa. Effects of eutrophication on food chain length in rivers and riparian zones
    • 宮崎紀子. 遷移初期におけるヌマガヤ草地へのミズゴケの侵入定着パターン
  8. 01月20日 (D103): 発表練習
    • 田辺真一. 多点通年観測地に基づく北海道山岳域における気温動態の解明
    • 今井悠. 砂礫堆の徘徊性節足動物に対するフラッシュ放流の影響 -空間分布と機能の応答-
  9. 01月27日 (D103): 発表練習
    • 三浦一輝. River organism affects terrestrial ecosystem "Does pearl mussel create overwintering habitats for frog?"
    • 尹衍棟. 全国一級河川における河床の経時変化及び変化要因
    • 山腰啓太. 出力変動の時空間特性を考慮した北海道の耕作放棄地に対する再生可能エネルギー導入可能性

2014


担当教員: 露崎 史朗・石川 守・佐藤友徳・根岸淳二郎

前期 / 日時 (部屋)後期
  1. 4月16日 (D102): ガイダンス
  2. 4月30日 (D102): 論文紹介
  3. 5月14日 修士中間発表練習
    • 植村郁彦. 礫河原の樹林化は、森と川の生物のつながりを変化させるか -砂礫性昆虫とその餌資源に注目して-
    • 友貞俊成. A response of sugar content in sugar beet roots to increased warm-season temperature due to global warming
    • Fu K. Identification of strong factors in determining habitat for ducks in Ishikari River floodplain
  4. 5月28日 修士中間発表練習・論文紹介
    松原一平. 北海道札幌市における地下水の起源推定と環境教育の場の提案
    Enkhbat Erdenebat (D2): Lorenz R, Devin EL, Lawrence DM, Stockli R, Seneviratne SL. 2013. How important is vegetation phenology for European climate and heat waves. Journal of Climate 26: 10077-10100
  5. 6月11日 論文紹介
    • 田辺真一 (M1): Grab SW. 2013. Fine-scale variations of near-surface-temperature lapse rates in the high Drakensberg Escarpment, South Africa. environmental implications. Arctic, Antarctic, and Alpine Research 45: 500-514,
    • 宮崎紀子 (M1): Malson K, Backeus I, Rydin H. 2008. Long-term effects of drainage and initial effects of hydrological restoration on rich fen vegetation. Applied Vegetation Science 11: 99-106
    • Kwon T (D3): Finlay RD. 2008. Ecological aspects of mycorrhizal symbiosis: with special emphasis on the functional diversity of interactions involving the extraradical mycelium. Journal of Experimental Botany 59: 1115-1126
  6. 6月25日 論文紹介
    • 竹川宏樹 (M1): Fujisawa M, Kobayashi K. 2013. Shifting from apple to peach farming in Kazuno, northern Japan: perceptions of and responses to climatic and non-climatic impacts. Regional Environmental Change 13: 1211-1222
    • 露崎史朗 (D6): 永久凍土と生態学
  7. 7月16日 論文紹介
    • Badrun Nessa (M1): Harding JS, Young RG, Hayes JW, Shearer KA, Stark JD. 1999. Changes in agricultural intensity and river health along a river continuum. Freshwater Biology 42: 345-357
    • 山腰啓太 (M1): Loarie SR, Lobell DB, Asner GP, Mu Q, Field CB. 2011. Direct impacts on local climate of sugar-cane expansion in Brazil. Nature Climate Change 1: 105-109
  1. 7月23日 論文紹介
    • 今井 悠 (M1): Bates AJ, Sadler JP, Fowles AP. 2006. Condition-dependent dispersal of a patchily distributed riparian ground beetle in response to disturbance. Oecologia 150: 50-60
    • 三浦一輝 (M1): Gurevitch J, Padilla DK. 2004. Are invasive species a major cause of extinctions? Trends in Ecology and Evolution 19: 470-474
    • Yandong Y (M1): Lytle DA, Poff NL. 2004. Adaptation to natural flow regimes. Trends in Ecology and Evolution 19: 94-100
  2. 10月8日 (D103): 研究計画
    • 尹衍棟 (M1): 日本全国における一級河川の河道変動の分析について ー河床最深部変化の角度から
    • 田辺真一 (M1): 北海道内における山岳域の気温傾向の地域差、およびそれらが森林限界に与える影響
    • 今井悠 (M1): ダム放流による出水とゴミムシの応答
    • 三浦一輝(M1): カワシンジュガイ属Margaritifera spp.の生息は陸上脊椎動物に影響を及ぼすか?
  3. 10月22日 (D103): 研究計画
    • 宮崎紀子 (M1): 泥炭採掘地におけるヌマガヤ草地へのミズゴケの侵入と定着
    • 山腰啓太 (M1): 北海道の耕作放棄地を活用したライフサイクルGHG排出量の推計
    • Badrun Nessa (M1): Nutrients subsidies from aquatic ecosystem to terrestrial ecosystem
  4. 11月5日 (C202): 研究進捗
    • 傅 嘉琪 (M2): Identification of strong factors in determining habitat for ducks in Ishikari River floodplain
    • 友貞 俊成 (M2): 北海道を対象とする複数の将来気候データを用いたてん菜糖量の解析
  5. 11月19日 (D103): 研究進捗
    • 松原一平 (M2): 持続的な地下水の利活用に向けた地下水の起源推定と環境教育の場の創出 -北海道札幌市を事例に-
    • 植村郁彦 (M2): 砂礫性昆虫によって維持される森と川のつながり -礫河原への植生侵入の影響に注目して-
  6. 12月3日 (D103): 研究進捗
    • 阿部直美子: Effects of insect defoliation on late wood in the Mongolian forest
    • Erdenebat Enkhbat: Long-term statistical analysis on hot days and heat wave in Mongolia
  7. 12月17日 (D103): 研究進捗
    • 渡辺のぞみ: 冬期の低温および多雪が河川生態系に及ぼす影響
    • Kwon TaeOh: N status and mycorrhizal role in N transfer to woody plants on Mt. Koma, northern Japan
  8. 1月21日 (D103): 発表練習 (日程変更)
    • 植村郁彦. 砂礫性昆虫によって維持される森と川のつながり-礫河原への植生侵入の影響に注目して
    • 友貞俊成. 地球温暖化による気温上昇の不確実性を考慮した北海道産てん菜の糖量予測
  9. 1月28日 (D103): 発表練習
    • 傅 嘉琪. 石狩川氾濫原水域におけるカモ類の渡り中継地利用と保全優先度
    • 松原一平. 持続的な地下水の利活用に向けた涵養起源の推定と環境教育の実践及び評価 ―北海道札幌市を事例に―

2013


担当教員: 露崎 史朗・石川 守・佐藤友徳・根岸淳二郎

前期 / 日時 (部屋)
  1. 4月10日 (C202): ガイダンス
  2. 4月24日 (C202)
    • Avirmed Dashtseren: Genxu et al.(2012) The variability of soil thermal and hydrological dynamics with vegetation cover in a permafrost region. Agricultural and Forest Meteorology 162/163: 44-57
    • Kwon Taeoh: Hobbie EA, Hobbie JE. (2008) Natural abundance of 15N in nitrogen-limited forests and tundra can estimate nitrogen cycling through mycorrhizal fungi: a review. Ecosystems 11: 815-830
  3. 5月15日 (C202) 防災訓練のため予定変更
    • Appiah Catherine: Silverio et al. (2013) Testing the Amazon savannization hypothesis fire effects on invasion of a neotropical forest by native cerrado and exotic pasture grasses. Philosophical Transactions of the Royal Society Biological Sciences 368: doi:10.1098/rstb.2012.0427
    • 渡辺のぞみ: Winterbourn et al. (2008) Mayfly production in New Zealand glacial stream and the potential effect of climate change. Hydrobiologia 603: 211-219
  4. 5月22日 (C202)
    • 小野智郁: Addison et al. (2013) Do pasture user groups lead to improved rangeland condition in the Mongolian Gobi Desert. Journal of Arid Environments 94: 37-46
    • Enxhbat Erdenebat: Fischer & Seneviratne (2007) Soil moisture-atmosphere interactions during the 2003 European summer heat wave. American Meteorological Society 20: 5081-5099
  5. 6月 5日 (C202)
    • 高木優風花: Atkinson et al.(2010) Stable isotopic signatures, tissue stoichiometry, and nutrient cycling (C and N) of native and invasive freshwater bivalves. Journal of the North American Benthological Society 29: 496-505
    • 山橋いよ: Lamelas et al.(2008) Doline probability map using logistic regression and GIS technology in the central Ebro Basin (Spain). Environmental Geology 54:963-977
  6. 6月19日 (C202)
    • Harisoa Rakotonoely:
      Makoto et al.(2012) Contribution of charcoal to short-term nutrient dynamics after surface fire in the humus layer of a dwarf bamboo-dominated forest. Biology and Fertility of Soils 48: 569-577
      Ishii et al.(2008) Removal of understory dwarf bamboo (Sasa kurilensis) induces changes in water-relations characteristics of overstory Betula ermanii trees. Journal of Forest Research 13: 101-109
    • 植村郁彦: Achim et al.(2005) Aquatic terrestrial linkages along a braided-river: riparian arthropods feeding on aquatic insects. Ecosystems 8: 745-759
    • 友貞俊成: Adachi and Kimura (2012) Comparison of the impact of global climate changes and urbanization on summertime future climate in the Tokyo metropolitan area. Journal of Applied Meteorology and Climatology 51:1441-1454.
  1. 7月 3日 (C202)
    • 金子章吾: Morino et al.(2011) Atmospheric behavior, deposition, and budget of radioactive materials from the Fukushima Daiichi nuclear power plant in March 2011. Geophysical Research Letters 38: L00G11, doi: 10.1029/2011GL048689
    • 傅 嘉琪: Elphick and Oring (1998) Winter management of Californian rice fields for waterbirds. Journal of Applied Ecology 35: 95-108
  2. 7月17日(C202): 修士1年研究計画
    • 友貞俊成

後期

  1. 10月16日 (D103): 修士1年研究計画
    • 傅嘉琪
    • 植村郁彦
  2. 10月30日 (D103): 進捗報告
    • 金子章吾: A meteorological study to assess the diffusion of radioactive materials from the Tomari nuclear power plant
    • Harisoa Rakotonoely: Annual fluctuations of soil nutrients and growth of white birch trees after fire
  3. 11月13日 (D103): 進捗報告
    • 高木優風花: 異なる河床底質におけるカワシンジュガイの生態的機能の解明と潜在生息地の推定
    • 山橋いよ: モンゴルの永久凍土の存在確率マッピング
  4. 12月 4日 (D103): 博士研究計画
    • 渡辺のぞみ: Understanding of ecological function of ice-cover in mid-winter streams
    • Enxhbat Erdenebat: Statistical analysis on hot days and summer heat wave in Mongolia
  5. 12月18日 (D103): 博士研究計画
    • Kwon TaeOh: Nitrogen status of Salix reinii and Larix kaempferi in relation to mycorrhizal N transfer on Mt. Koma, northern Japan
    • Avirmed Dashtseren: The effect of vegetation cover on the ground temperature and solar radiation distribution in areas of permafrost and seasonal frozen ground at the mosaic transitional zone in Mongolia
  6. 1月 8日 (D103): 修論発表練習
    • 金子章吾: 泊原子力発電所を対象にした季節毎の放射性物質の拡散予測分布図の作成
    • 高木優風花: 異なる河床底質における カワシンジュガイ属の生態的機能の解明
  7. 1月22日 (D103): 修論発表練習
    • 山橋いよ: 不連続永久凍土帯モンゴルにおける永久凍土分布を決定する地理的要因の確率 手法による解析
    • Harisoa Rakotonoely: 実験的火災後の森林回復過程: シラカンバの成長と土壌特性

2012


担当教員: 露崎 史朗・石川 守・佐藤友徳・根岸淳二郎・宮崎 真

前期

  1. 4月11日 (D101): ガイダンス
  2. 4月25日 (D101)
    • Mori Keisuke: Takane Y, Kusaka H (2011) Formation mechanism of the extreme surface air temperature of 40.9C observed in the Tokyo metropolitan area: Considerations of dynamic foehn and foehn-like wind. J. Appl. Meteor. Clim., 50,1827-1841
    • Ono Chifumi: Batkhishig B, Oyuntulkhuur B, Altanzul T, Fernandez-Gimenez ME (2012) A Case Study of Community-Based Rangeland Management in Jinst Soum, Mongolia. In: Restoring Community Connections To The Land. p113-135
    • Appiah Catherine: Ellison et al. (2005) Loss of foundation species: consequences for the structure and dynamics of forested ecosystems. Frontiers in Ecology and the Environment 3, 479-486
  3. 5月 9日 (C202): 16:30-18:00 (防災訓練のため時間・場所変更)
    • Egawa Chika: Richardson PJ, MacDougall AS, Larson W. (in press) Fine-scale spatial heterogeneity and incoming seed diversity additively determine plant establishment. J. Ecol.
    • Hoyo Yuri: Ellison AM, Adamec L. (2011) Ecophysiological traits of terrestrial and aquatic carnivorous plants: are the costs and benefits the same? Oikos 120: 1721-1731
    • Dashtseren Avirmed: Yao J et al. (2011) The surface energy budget in the permafrost region of the Tibetan Plateau. Atmospheric Res. 102: 394-407
  4. 5月23日 (D101): 13:00-14:30
  5. 6月 6日 (C202)
  6. 6月20日 (D101)
  1. 7月 4日 (D101)
  2. 7月25日 (D101) 予定変更

後期

修士研究進捗状況
  1. 10月17日 (D101)
    金子章吾・山橋いよ・Rakotonoely Harisoa
  2. 10月24日 (D101)
    高木優風花. Estimate of the potentiality habitat of freshwater mussel (Margaritifera laevis)
    青木久美子. The influence of the riverbed degradation on the habitat of the mayfly (Ephoron shigae) in the middle Kiso River
    森崎夏輝. The effcts of groundwater on the spatial distribution of the salmon redd
  3. 11月 7日 (D101)
    阿部直美子. The reconstruction of insect-damage history in the Mongolian larch forest -dendrochronological analysis-
    玉置弘幸. Influence of canal connectivity on the distribution of unionoid mussels
    渡辺のぞみ. Understanding mechanisms that maintain watershed-scale beta-diversity: community structures of aquatic insects and the importance of spring-fed streams
  4. 11月14日 (D101)
    村山翔太. Actual situation of land degradation on vehicle tracks in Mongolian steppe
    吉崎匡広. Downstream ecological effects of sabo dams
    北條 愛. Morphological adaptation of Kashiwa tree seedlings to various light environments
博士研究進捗状況
  1. 12月 5日 (D101)
    Kwon TaeOh. Effects of Salixreinii on Larix kaempferi seedling growth and nutrient transfer through common mycorrhizal networks(CMNs) on the Volcano Mt. Koma, northern Japan
    江川知花. 未定
  2. 12月19日 (D101)
    Hoyo Yuri. Different responses to light and water on early life stage segregate the microhabitat distribution of Drosera anglica and D. rotundifolia
    Ono Chifumi. Changing pastoral society and the pasture use in Post socialist Mongolia
修論発表練習
  1. 1月9日 (D101) 北條、阿部、玉置、渡辺
  2. 1月23日 (D103) 村山、吉崎、青木、森崎

2011


4月13日 13:00- (D101)
4月27日 13:00- (D101)
  • 玉置弘幸 他 (自己紹介)
  • Saruulzaya Adiya: Lake changes from 1962 to 2008 in the eastern fringe of the Siberian permafrost zones over Mongolia
5月11日 13:00- (D101)
  • 篠原徹: エゾサンショウウオのHSI構築と適地選定
  • 小野智郁: モンゴル牧畜民の意思決定による土地利用への影響 -調査計画-
5月25日 13:00- (D101)
  • 吉田智明: 経営終了後の閉鎖スキー場における林更新について
  • Altangerel Batbold: Impacts of land surface change on summer precipitation over central Mongolia using regional climate model
6月8日 13:00- (D101)
  • 玉置弘幸: 農業用水路におけるイシガイ類生息の制限要因について
  • 保要有里: ナガバノモウセンゴケの微地形における分布制限要因
6月22日 13:00- (D101)
  • 田丸隼也: シモバシラの氷花形成過程解明
  • Mohammed Rezaul Karim: Climatic influence on winter rice production in Bangladesh with implication to future projection: A modeling approach by ORYZA2000
7月6日 13:00- (D101)
  • 森 佳祐: 北日本における強風や昇温の時空間的特徴の統計解析
  • Appiah Catherine: Ash effects on seed germination of Pearl millet (Panicum miliaceum L.), California Black-eye Peas, (Vigna unguiculata (L.) Walp) & Egusi (Colocynthis citrullus L.)
9月7日 13:00- (D101)
  • 江川知花: 泥炭採掘跡地におけるシードバンク持続性の規定要因ださー
  • 佐藤友徳: オホーツク海の海氷による北海道の地域気候への影響
10月5日 13:00- (D103)
  • M1 研究計画発表
    梶本和也: 河川地形とウチダザリガニの関係 -外来種の効果的な防除に向けて-
    北條愛: 銭函の希少種保全
    阿部直美子: モンゴルにおける森林害虫被害の発生要因
    森崎夏輝: サケの産卵床と地下水の関係性及び地下水の起源について
10月19日 13:00- (D103)
  • M1 研究計画発表
    北川夏来: ウグイのDNA多型マーカーによる石狩川三日月湖間の連続性の評価
    村山翔太: 未舗装道路形成によるモンゴル草原への影響評価
    吉崎匡広: 砂防ダムの生態系に与える影響の再検討-大規模攪乱時の避難場所としての機能-
    渡辺のぞみ: 流域レベルでのβ多様性維持機構の解明-水生昆虫群集と湧水河川に注目して-
11月2日 (D103)
  • M2 研究経過発表
    酒井貴悠: モンゴルに分布するピンゴの内部構造と形態
    吉田智明: 放棄スキー場における森林更新
11月16日 (D103)
  • M2 研究経過発表
    阿部景太: 地域気候モデルと水理モデルによる石狩川流量に対する気候変動インパクトの推定
    田丸隼也: シモバシラの氷花形成過程解明
    西明 剛: ダム河川における河床材料の違いによる河床地形の時間変化及びその現状
11月25日 15:00- (百年記念会館)

中間発表

12月7日 (D103)
  • 根岸淳二郎
  • Avirmed Dashtseren
12月21日 16:30- (D101)
  • コースセミナー

自然共生セミナーは行わない。コースセミナーに出席すること。

1月25日 13:00- (D103)

修論発表に向けて

  • 田丸隼也: シモバシラ(Keiskea japonica)に成長する氷花の形成メカニズム -気象環境および茎内部構造変化の影響-
  • 西明 剛: ダムが河床環境に及ぼす影響の検討 -河床材料に着目して-
  • 吉田智明: 放棄スキー場における在来・非在来樹種の定着パターン
2月1日 13:00- (D103)

修論発表に向けて

  • 森 佳祐: 北海道における昇温事例の時空間的特徴に関する解析
  • 酒井貴悠: モンゴルにおけるピンゴの分布,形態と内部構造
  • 阿部景太: 水循環モデルを用いた石狩川の流出量に対する地球温暖化影響の感度実験

2週連続でゼミを行うので、注意

2月22日 13:00- (D103). 本年度最後

教員発表
来年度ゼミ内容について検討

2010 (自然共生系 合同セミナー)


セミナー資料 (使った資料等の保管庫)

自然環境科学学習必須用語


 異分野統合の環境科学事典作成を目指して
 使える環境科学事典がほしい。偏った辞典はいらない。その願いから本気でやります

2011年も続けたい

本当の意味での環境科学辞典(仮題) 企画書

書名

本当の意味での自然環境科学辞典

キャッチコピー

真の環境科学とは何かを問い理解できる辞典

著者

北海道大学大学院地球環境科学研究院 自然共生系教員 編集

ページ数

新書版300ページ以内

趣旨

 これまでの環境科学を扱う辞典は、特定研究分野から見た偏りのある辞典となってしまっている。そのような辞典は、使いづらいだけならまだしも、環境科学を理解しづらく学びづらいものとしている。執筆者らは、ゼミ等を通じ、研究分野間で同一用語が異なる意味で、逆に同一現象を異なる用語で表現されることに一因があることを理解した。たとえば、「修復」という用語は、ある分野ではrestorationの訳であり、またある分野ではremediationの訳であり、そもそも原語の意味が異なる。
 環境科学を用語の混乱に気づかないまま学んでいる人は多いはずであり、用語の統一を図ることで環境科学をより平易に理解できる辞典の潜在的な読者ニーズは高く、これらの読者層の目から鱗を落とすような最新の辞典を意図して作成する。

特徴

 混乱の原因となる英語との対応関係を明らかとするため、項目には英語を併記する。
 読者が、手近に携帯して使用できる辞書を目指し、新書版する。
 図表を随所に活用し、分野間での用語の違い等を視覚的に理解できる用工夫する。

構成

 50音順辞典形式をとり、見出しは300用語程度、索引項目としては1000語程度を編纂する。

スケジュール

20____年 9月 用語選定
20____年10月 執筆開始 (随時検討委員会開催)
20____年 2月 脱稿

以上よろしく検討お願いいたします。

気になったこと(言葉)の補遺


優占種・優占度 dominance
侵略的外来種 invasive alien species
春植物 Spring ephemeral

Anemone raddeana (アズマイチゲ)
Corydalis ambigua (エゾエンゴサク)
Gagea lutea (キバナノアマナ)
Scopolia japonica (ハシリドコロ)
Trillium kamtschaticum (オオバナノエンレイソウ)

指標種 Indicator species

Alnus japonica (ハンノキ)
Ulmus japonica (ハルニレ)

参考

(2010年4月30日)

Field
山崎さん撮影(無断転載. しかもトリミング)

リンク山崎さんの写真石田君の写真

フッター