Top
ヘッダー

(2016年11月25日更新) [ 日本語 | English ]

自然環境学総論 (General lecture in natural environment studies)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

はじめに


[ 目的 | シラバス | 講義 | ガイダンス | 参考文献 | リンク | 評価 (レポート) ]
場所: D102 (火曜・金曜 10:30-12:00)
講師
露﨑 史朗 (2283. tsuyu_at_ees.hokudai.ac.jp)
根岸 淳二郎 (3355. negishi_at_ees.hokudai.ac.jp)
佐藤 友徳 (2288. t_sato_at_ees.hokudai.ac.jp)
関連セミナー: 自然共生セミナー
GIF

目的

目標 Course objectives
 自然環境を理解する上で必要な気候を含めた環境と生態系の発達に関して基礎から理解する。
到達目標Course Goals
 環境と生態系の発達の仕方を実測およびモデルの両面から理解する。

シラバス


  • ガイダンス(陸上生態系と気候) Guidance (Terrestrial ecosystem and climate)

佐藤

  • 太陽放射と気候 Solar radiation and climate
  • 地表面のエネルギー収支 Energy budget at land surface
  • 大気境界層と地域の気候 Atmospheric boundary layer and regional climate
  • 陸面過程と気候 Land surface processes and climate

根岸

  • 生態系構造の支配要因 Controlling factors of ecosystem structure
  • 食物網と物質循環 Food web and material cycling
  • 環境変動と生態系の応答 Ecosystem response to environmental fluctuations

露崎

  • 光合成と一次生産 Photosynthesis and primary production
  • 一次生産推定法 Estimation of primary production
  • 温暖化と生態系応答 Ecosystem responses to global warming
  • 生態系変動モデルの基礎 Fundamental concept of modeling on temporal ecosystem changes

英文ページ 参照

講義 (露崎分, 2016年)


10月7日
ガイダンス(陸上生態系気候) Guidance (Terrestrial ecosystem and climate)
注意
受講者数等により、講義室・開講時間の変更がありうるので、10月9日は出席すること。欠席時には、事前に連絡をとること。
人為攪乱 (human disturbance)
生態系 (ecosystem)
景観単位 (landscape unit)
バイオーム (biome)
10月14日
生活型 (lifeform)
光合成 (photosynthesis)

(water and root)

10月21日

と葉 (light and leaf)

効率 (efficiency)

温度と種子発芽 (temperature and seed germination)

植物 (plant)

アロケーション (allocation)
トレードオフ (tradeoff)

種子散布 (seed dispersal)
10月28日
一次生産力推定 - グローバルスケール (estimation of primary production - global scale)
リモートセンシング (remote sensing)

プラットフォームとセンサー (platform and sensor)
センサー特性の重要性 (importance of the characteristics of sensors)
正規化植生指数 (NDVI)
植物・土壌・水の光反射パターン (light reflection patterns on green plants, soils, and water)
ピナツボ山 (Mount Pinatubo)

地理情報システム (geographical information system, GIS)

オーバーレイ (overlay)
季節性 (seasonality)
バイオーム地図 (biome map)
植生指数と体サイズの関係 (relationship between NDVI and body size)

一次生産力 (primary production)

植生指数と一次生産力 (NDVI and production)
純一次生産力 (net biome production)

11月4日
物質循環 (matter cycle)
食物網 (food web)

キーストーン種 (keystone species
傘種 (umbrella species)

小スケールでの一次生産力推定 (estimation of productivity with fine scale)

野外測定法 (field measurements)

11月11日

相対成長 (allometry)

スキー場 (skislope)
11月25日
偽高山帯 pseudo-alpine zone
温暖化実験 (warming experiments)
生態系変動モデル (models on ecosystem changes)
小スケールでの温暖化に対する生態系応答 (ecosystem responses to global warming with fine scale)
大スケールでの温暖化に対する生態系応答 (ecosystem responses to global warming with global scale)
生態系変動モデルの基礎 (fundamental concept of modeling on temporal ecosystem changes)

評価 (レポート)


 次のP 自然環境学総論レポート課題 を読み解答せよ。

書く上での注意

締切厳守 deadline (早い分には、いつでも構わない):

締切 2016年12月25日

 「レポート・試験 諸注意」 (Attention for exam and report) をよく読んでから書くこと。

フッター