Top
ヘッダー

(2017年2月2日更新) [ 日本語 | English ]

試験・レポート (書式・提出方法) (How to write report)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

[ 諸注意: レポート , 試験 | 過去帳 ]

諸注意(書式・提出法)


レポート


 課題レポート提出に際し、全講義で共通する注意点は、以下の通り。

  1. 締切は厳守すること。
  2. 英語または日本語で答えること。日本語で字数制限があり、レポートを英語で提出する際は、日本語1文字を英語2.5単語程度に換算し制限単語数を決めよ。
  3. 表題・氏名・所属専攻(部門)・学生番号を書くのを忘れない。特に、氏名は忘れないこと。
  4. 提出は、e-mail添付ファイルが望ましいが、印刷物あるいは手書き原稿を直接提出することも認める。
     ワープロでは12ポイント以上のフォントで、手書きでは、それに相当する大きさで書くこと。
     e-mail提出添付ファイルの形式は、Plain text、MS WordあるいはPDFとし、改めて原稿を提出する必要はない。e-mailの件名(subject)には、講義名を記すこと。安全のためe-mail受け取り時に必ず返信をするので、返信がない場合には、露崎まで問い合わせること。
  1. 質問等は 露崎 まで。
注意

 以下の点は、レポート作成に際して、気をつけて欲しい点である。

 制限字数がある場合には、これにあまり固執する必要もないが、これを大きく超えたものは、読まない。
 感想文的なレポートとは呼べない内容のものが提出されることがあるが、そのようなレポートは、読まない。

警告

 以下の場合に該当するものは、当然ながらレポートとして受け付けない。1) 本・文献・ホームページ等の丸写しと見なせるもの。2) 連名で提出されたレポート。3) 複数のレポートが、同一内容のレポートと見なせるものは全員のものを受け付けない。

 参考として、過去の優秀レポート (日本語, 英語)を幾つか載せておきましょう。課題は、毎年、少しづつ違うけど。


生物学実験レポート (参考)

手書きの時代の実験レポートの出し方だが、論文に通じるものがある

レポートは各実験終了時に提出する(実験室内レポート入れ)
レポート作製: 用紙はA4判が望ましい
第1頁右肩に所定印を押し、氏名・学生番号・月日、(顕微鏡使用時は顕微鏡番号とレンズの種類)を記入。未使用レンズでも顕微鏡収納箱内にあるもの全てを記入。レンズ数に過不足が生じた場合は直ちに申し出る
実験題目

目的: 何を知り、何を確かめるための実験か

材料: 生物種名は和名と共に必ず学名(scientific name)を併記する
方法: できるだけ詳細に書く

観察結果: 主にスケッチ・表・グラフで結果を示す。スケッチは大きく鉛筆で
考察: 結論をまとめる。結論をどう解釈するか
感想: 1) 実験データは些細なことでも気付いた点は必ずメモ(この習慣は大切なこと)。2) 実験結果を考察するためデータ整理をきちんと行う。3) 参考書等により実験内容について学習しておく

試験


 試験は、これまで、教科書やノートの持込を可としたことはない。今後も、そのつもりである。

過去帳 (レポート・試験)


環境保全学特論, 05-現在 (景観生態学, 00-02・生態系構造学, 97-99)

過去の課題 [ 97 | 98 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08·09 | 10·11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 ]

自然環境学総論, 11-現在 (地球温暖化総論, 04-10)

過去の課題 [ 04-11 ]

人間、環境と科学 - 保全植物生態学, 97-98: 過去の試験 [ 98 ]

院試: 過去の試験 [ 98 ]

環境保全学特論 (Advanced course in environmental conservation)


2016年度後期


生態学を専門とする学生
  1. 以下に示す2つの論文(a, b)を読め。
    1. Walker LR, Wardle DA, Bardgett RD, Clarkson BD. 2010. The use of chronosequences in studies of ecological succession and soil development. Journal of Ecology 98: 725-736
      P Click here to downlaod the file
    2. Johnson EA, Miyanishi K. 2008. Testing the assumptions of chronosequences in succession. Ecology Letters 11: 419-431
      P Click here to downlaod the file
生態学を専門としない学生
  1. 以下に示す2つの論文を読め。
    • (多少とも)生態学的視点から見た環境保全に関する論文を2つ選べ。これらの2つの論文は、論点が同じかあるいは類似した環境保全に関するものであるが、結論が(幾分)異なるものであること。
全学生
  1. 各々の論文を、日本語なら400字以内、英語なら1000語以内でまとめなさい。まとめるに際しては、その2つの論文の結果や考察において相違点や矛盾点に着目してまとめること。
  2. これらの間の相違点あるいは矛盾点を、日本語なら800字以内で、論理的に解決しなさい。必要があれば引用文献をチェックするので、引用文献は科学雑誌の形式に従って引用文献を示しなさい。

英文のみ (Englishy only)

2012-2015年度後期


2010·2011年度後期


 本年度(2011年度後期)の評価は、試験に替わり レポート を用いて以下の通り行う。
問. 次の問に2,000字以内で答えよ。
 北海道全域において、森林は、20XX年9月21日のスーパー台風により樹木の80%が倒壊する壊滅的な被害を受けた。管理担当者は、緊急に森林復元計画を策定する必要にせまられ、あなたに相談に来た。復元目標は、「可能な限り迅速に、様々な地域において、絶滅危惧種を存続させ、かつ、生物多様性が高い」森林を復元する、ことである。復元にかかる予算に上限はないと仮定して、復元手法を考案し、その手法を採用すべき理由を管理担当者が納得できるように説明せよ。

書く上での注意

 「レポート・試験 諸注意」 (Attention for exam and report) をよく読んでから書くこと。

2008·2009年度後期


English

 本年度(2008年度後期)、環境保全学特論の評価は、試験に替わり レポート を用いて以下の通り行う。

 全員、該当する問を選び明解に答えよ。

 A801およびA802に机を持つ学生は、問1を解答せよ。そのほかの部屋に机を持つ学生は、問1あるいは問2から1問を選び、解答せよ。

問1 (Question 1)

 以下の通りにレポートを作成し、その誤りを証明し訂正せよ。

  1. 以下に記した3つの文献から1つを選びそれを読み、その概要を、特に誤りを指摘する部分を中心に400字以内にまとめよ。
    • 露崎史朗. 2008. 第1章.攪乱と植物群集. 重定南奈子・露崎史朗(編). 攪乱と遷移の自然史 -「空き地」の植物生態学-. 北海道大学出版会, 札幌. 3-15 pp
    • 露崎史朗. 2008. 第3章. 軽石・火山灰噴火後の植物群集遷移-軽石は軽くない. 重定南奈子・露崎史朗(編). 攪乱と遷移の自然史 -「空き地」の植物生態学-. 北海道大学出版会, 札幌. 37-50 pp
    • 露崎史朗. 2007. 第6章. 地球温暖化にともなう陸上生態系の変化. 地球温暖化の科学. 北海道大学大学院地球環境科学院(編). 北海道大学出版会, 札幌. 115-139 pp
  2. 1 でまとめた部分に関し記述が適切ではない、あるいは誤っていることを明らかとするために、対立する見解、あるいは正しく記述された参考文献を選び、その内容を400字以内でまとめよ。
  3. 1 および 2 における相違点、対立点(どこがどのように異なるのか)を400字以内でまとめよ。
  1. 以上より、 1 における論文の誤りはどのように修正されるべきか結論を400字以内でまとめよ。
  2. 参考文献を科学論文の形式にしたがって末尾につけよ。

(注 remarks)
 参考文献は3編以内とする。
 図や表をレポート中に用いてはならない。
 「誤りがない」という、ありえないレポートは受け付けない。

問2 (Question 2)

 ホームページhttp://hosho.ees.hokudai.ac.jp/~tsuyu/の中にある本講義に関連すと思われるページから、最低3ヶ所を選び、以下の手順で、その誤りを正せ。なお、どうしようもない時には、誤字・脱字の修正や、文法上の訂正などでも良いが、論理的な修正の方をより高く評価する。

  1. 該当するサイト名を書け。
    例 (Example): http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/~tsuyu/top/lecture/envcons.html
  2. その過ち部分を書きぬけ(コピペ可)。
  3. なぜ、それが間違えているのかを簡潔に説明せよ。
  4. 修正案を、修正前と同一字数程度で提示せよ。

2007年度後期


 本年度の評価は、試験に替わり レポート で以下の通り行う。
 以下の問1あるいは問2に明解に答えよ。

問1

 以下の通りにレポートを作成し、1 において選んだ文献の誤りを正せ。

  1. 以下に記した3つの文献から1つを選びそれを読み、その概要を、特に誤りを指摘する部分を中心に300字以内にまとめよ。
    • 露崎史朗. 2001. 火山遷移初期動態に関する研究. 日本生態学会誌 51: 13-22
    • 露崎史朗. 2007. 第6章. 地球温暖化にともなう陸上生態系の変化. 地球温暖化の科学. 北海道大学大学院地球環境科学院(編). 北海道大学出版会, 札幌. 115-139 pp
    • 露崎史朗. 2007. 第8-5章. 生物の紫外線応答. オゾン層破壊の科学. 北海道大学大学院地球環境科学院(編). 北海道大学出版会, 札幌. 352-368 pp

     なお、希望があれば、これらの部分のPDFファイルを送付するのでメールにて露崎に問い合わせよ。

  2. 1 でまとめた部分に関し記述が適切ではない、あるいは誤っていることを明らかとするために、対立する見解、あるいは正しく記述された参考文献を選び、その内容を300字以内でまとめよ。引用の仕方は、論文形式に順ずる。
  1. 1 および 2 における相違点、対立点(どこがどのように異なるのか)を300字以内でまとめよ。
  2. 以上より、 1 における論文の誤りはどのように修正されるべきか結論を300字以内でまとめよ。
  3. 参考文献を科学論文の形式にしたがって末尾につけよ。

(注)
 参考文献は3編以内とする。
 図や表をレポート中に用いてはならない。
 「誤りがない」という、ありえないレポートは受け付けない。

問2

 問1が、諸般の事情により、あまりにも難しいと感じる者は、出頭の上で相談に応じる。

注意

 自分の出欠状況を考慮し、レポート枚数については各自で判断すること。
 使用した引用文献は、全てレポートの末尾に付すこと。

2006年度後期


 本年度、環境保全学特論の評価は、試験に替わりレポートで以下の通り行う。

 遷移を説明するモデルには、促進モデル(facilitation model)、耐性モデル(tolerance model)、阻害モデル(inhibition model)があるが、これらのモデルは完全な対立モデルではない。この点に注意し、各モデルでもっとも良く説明できる遷移系列を、それぞれ提示し、ついで、それらをもとに、これらのモデルの相違点が明確に分かるようにまとめ説明せよ。

 自分の出欠状況を考慮し、レポート枚数については各自で判断すること。
 使用した引用文献は、全てレポートの末尾に付すこと。

2002年度後期


 本年度、景観生態学の講義の評価は、試験に替わってレポートで以下の通り行う。なお、学生により課題が異なるので、注意せよ!

西村

 サロベツ湿原泥炭採掘跡地における自分が調べた調査区の結果をTWINSPANあるいはDCAを用いて解析し、得られた結果をもとに生態系保全に関連するように考察せよ。
考察には、参考とする文献を最低3本引用し、それとの比較をもとに考察すること。
レポートのスタイルは一般の学術論文形式とすること。

森・大沢

  Landscape Ecology (2001年分) に出ているクイズから3問を選び答えよ。
 本年度は、"A"あるいは"B"の記号のついているもの以外を選択してはならない。
 レポート作成にあたり、使用した文献があれば、末尾に付すこと。
 レポート締め切りは、当然、2003年2月10日とする。

地域生態系学講座以外の学生

 以下の2つの課題のうちどちらか一方を選び答えよ。
1. 講義で紹介した内容で、自分の研究に生かされそうな部分があれば、そのことについて簡潔にまとめよ。

1の場合には、以下の順でレポートを書くこと
自分がまとめたい講義の内容の要約
どのように自分の研究と関連するか
調査解析方法
予測される結果について(論理的に)
考察
引用した文献があれば、それを末尾に付すこと。

2. 講義中に紹介された論文を読み、それを要約し、他の論文との対比により意見を述べよ。

2の場合には、以下の順でレポートを書くこと
a. 紹介する論文の要約。ただし、選ぶ論文は1990年以降のものとする
b. 紹介する論文との対比に用いた論文の要約
上記a, bの対比により明らかになったこと
それに対する自分の意見
末尾に対比に用いた論文を付すこと。

 レポートには1, 2いずれを選んだか明記する。

2001年度後期


本年度、景観生態学の講義の評価は、試験に替わってレポートで以下の通り行う。
1. 講義中に出されたクイズ(講義のページにもはってある)から3題選び答えよ
2. 1ページ以内で各々のクイズに対しての答えをまとめよ
3. 使用した参考書(論文)を末尾に記せ

(私が考えるところの)難しいクイズ"A" (極めて困難)"B" (困難)に答えた者ほどより高い点数を与えるかもしれない

1998年度後期


 以下のようにレポートを課すので、単位を希望するものは1998年12月20日までに露崎まで提出せよ。

  1. 「露崎史朗. 1993. 火山遷移は一次遷移か. 生物科学, 岩波書店 45: 177-181」を読み、自分がレポートにまとめようと思う部分を400字以内でまとめよ。
  2. 1でまとめた部分に関しが適切ではないあるいは誤っていることを指摘するために本レポートに用いた参考文献の内容を800字以内でまとめよ。引用の仕方は、論文形式に順ずる。
  3. 1および2における相違点、対立点を明確に(どこがどのように異なるのか) 800字以内でまとめよ。
  4. 以上より、1における論文の誤りはどのように修正されるべきか結論を800字以内でまとめよ。
  5. 参考文献を一般の論文の形式にしたがって末尾につけよ。
注)

 参考文献は(露崎1993を除き)3編以内とする。
 図や表をレポート中に用いてはならない。
 昨年は、全く相違点、対立点を示していないレポートが幾つか提出されたが、このようなレポートは再提出とする。

1997年度後期


 以下のようにレポートを課すので、単位を希望するものは1998年2月10日までに露崎まで提出せよ。

  1. 本講義中で紹介した内容に関して、適切ではないあるいは誤っている点を600字以内でまとめよ。
  2. 1で指摘した内容を証明するために本レポートに用いた文献の内容を600字以内で要約せよ。引用の仕方は、論文形式に順ずる。
  3. 1および2における相違点あるいは対立点を明確に指摘し、いかに1で指摘した点が不適切あるいは誤っているかを600字以内で証明せよ。
  4. 以上より導かれる結論を600字以内でまとめよ。
  5. 参考文献を一般の論文の形式にしたがって末尾につけよ。
注)

参考文献は3編以内とする。
図や表をレポート中に用いてはならない。

自然環境学総論


2011-2016


課題掲示時には非公開

打ち出し厳禁!
露崎担当分

 以下の通り、レポート課題を課すので、本講義の単位取得希望者は、必ず__月__日までに露崎に提出すること。

課題。以下の問1, 2の全てに答えよ。

  1. 自分の本講義への出席回数を正直に答えよ。
  2. 本講義の内容は、より環境科学の最前線の話に特化すべきか、基礎的な生態学中心の話にすべきか、自分の考えを10行程度で述べよ。

 なお、レポート提出に関する暑中にについては、「試験・レポート(書式・提出方法)」をよく読むこと。

2004-2010


課題掲示時には非公開

打ち出し厳禁!
露崎担当分

 以下の通り、レポート課題を課すので、本講義の単位取得希望者は、必ず__月__日までに露崎に提出すること。

課題。以下の問1, 2の全てに答えよ。

  1. 自分の本講義への出席回数を正直に答えよ。
  2. 本講義は、温暖化に関する生態的な話に特化すべきか、基礎的な生態学中心の話にすべきか、自分の考えを10行程度で述べよ。

 なお、レポート提出に関する暑中にについては、「試験・レポート(書式・提出方法)」をよく読むこと。

人間、環境と科学 (保全植物生態学)


試験問題 (1998年度後期)

 解答欄に書ききれない場合には、解答用紙の裏を使用してもよいが、その場合には裏に書いてあることを該当する解答欄に裏に書いてあることを明記せよ。


1. 以下の用語の意味を簡潔に記し、生態系保全上の意義について説明しなさい。

メタ個体群 (metapopulation)
スケーリング (scaling)
撹乱 (disturbance)

2. あなたには、今北海道において新たに1000ヘクタールの自然保護区を設定する権利が与えられていると仮定する。道民からは、単位面積あたりこれまでよりできるだけ多くの種を保護したいという要望が高いが、これを無視するしないはあなたの自由である。(a)あなたらなどのように、この1000ヘクタールの保護区を北海道内に配置するかを述べなさい。(b)個体群サイズの問題と島の生態地理学(island biogeography)的知見から(a)のように配置した理由を説明しなさい。

3. 種子散布様式には、風散布(wind-dispersal)、動物散布(animal-dispersal)、自発散布(self-dispersal)など様々なものが認められる。(a)散布様式(dispersal mode)と遷移との関連性を説明しなさい。(b)近年、厳密な意味での重力散布(gravity-dispersal)は存在しないといわれている。その理由を説明しなさい。

4. 遷移において、もっとも群集多様性が高い期間は極相よりもむしろ遷移中期であることが多い(intermediate theory)。(a) intermediate theoryによって説明できる現象は遷移系列以外にも広範に認められる。「○○軸に沿った群集多様性の変化」の○○を埋めるようにして一例をあげよ。(b)なぜ遷移中期にあるいは(a)で述べた軸に沿った中間の時にもっとも多様性が高いのか、その機構について説明せよ。

5. 空間的(spatial)あるいは時間的(temporal)な生態系の変化の観点から環境保全においてもっとも重要なキーワードと考えられるものを、自分なりに提案し、その理由を説明せよ。(論理的であればよりオリジナリティーの高い解答に高得点をつけます。)

院試


10年以上経過してるし...博士分だし...

博士課程地域生態系学講座入試問題(1996)

1. 次の文章を和訳しなさい。

1. STOP JUNK MAIL

The junk mail Americans Receive in one day could produce enough energy to heat 250,000 homes.
BACKGROUND. We don't usually think of junk mail as an environmental hazard - just a nuisance. But if you saved up all the unwanted paper you'll receive in the mail this Year, you'd have the equivalent of 1-1/2 trees. And so would each of your neighbors. And that adds up to about 100 million trees every year.
DID YOU KNOW

  • Americans receive almost 2 million tons of junk mail every year.
  • About 44% of the junk mail is never even opened or read.
  • Nonetheless, the average American still spends 8 full months of his or her life just opening junk mail.
  • Junk mail is made possible by U.S. Postal Service policies that enable bulk mailers to send presorted batches of mail for their minimum rate - 10 ¢ per piece.
  • If only 100,000 people stopped their junk mail, we could save about 150,000 trees every year. If a million people did, we could save some 1.5 million trees.

SIMPLE THINGS TO DO

  • Write to: Mail Preference Service, Direct Marketing Association, 11 West 42nd St. PO Box 3861, New York, NY 10163-3861.
    They'll stop your name from being sold to most large mailing list companies. This will reduce your junk mail up to 75%.
  • Recycle the junk mail you already get3 If it's printed on news print, toss it in with the newspapers. If it's quality paper, make a separate pile for it-many recycling centers accept both white and colored paper. Envelopes are recyclable, too - as long as they don't have plastic windows in them.

Packaging Mania: About 75% of America's glass is used for packaging.

2. 博士課程における研究計画を英文でまとめなさい。タイトルは25単語、概要は250単語位かそれ以下としなさい。(これらは普通の科学論文のタイトルとダブルスペースの原稿がA4で1枚分の要旨に対応します。)

博士課程 地域生態系学講座入試問題(1997)

1. 次の文章を和訳しなさい。

Ecological Economics

Ecological Economics and Sustainability

'Homo sapiens' is at another turning point in its relatively long and (so far) inordinately successful history. Our species' activities on the planet have now become of so large a scale that they are beginning to affect the ecological life-support system itself. The entire concept of economic growth (defined as increasing material consumption) must be rethought, especially as a solution to the growing host of interrelated social, economic, and environmental problems. What we need now is economic and social development (qualitative improvement without growth in consumption) and a direct and explicit recognition of the inter-elatedness and interdependence of all aspects of life on the planet. We need to move from an economics that ignores this interdependence to one that acknowledges and builds upon it-an economics that is fundamentally ecological in its basic view of the problems that now face our species at this crucial point in its history.
This new ecological economics is, in a very real sense, a return to the classical roots of economics. It is a return to a point when economics and the other sciences were integrated rather than academically isolated as they are now. Ecological economics is an attempt to transcend the narrow disciplinary boundaries that have grown up in the last 90 years in order to bring the full power of our intellectual capital to bear on the huge problems we now face.
The current dilemma of our species can be summarized in ecological terms as follows: Homo sapiens has moved from an early successional "empty world," where the emphasis and rewards were on rapid growth and expansion, cutthroat competition, and open waste cycles, to a maturing "full world," where the emphasis and rewards are on qualitative improvement of the linkages between components (development), cooperative alliances, and recycled “closed-loop" waste flows.
Can we recognize these fundamental changes and reorganize our society rapidly enough to avoid a catastrophic overshoot? Can we be humble enough to acknowledge the huge uncertainties involved and protect ourselves from their most dire consequences? Can we effectively develop policies to deal with the very tricky issues of wealth distribution, population control, global warming, international trade, and energy supply in a world where the simple palliative of "more growth" is no longer a solution? Can we modify our systems of governance at international, national, and local levels to be better adapted to these new and more difficult challenges? Homo sapiens has successfully adapted to huge challenges in the past. We developed agriculture as a response to the limits of hunting and gathering. We developed an industrial society to adapt to the potential of concentrated forms of fossil energy. Now the challenge is to live sustainably and well, but within the material limits of a finite planet. Humans have an ability to conceptualize their world and foresee the future that is more highly developed than any other species. We are hopeful that we (the species) can use this skill at conceptualization and forecasting to meet the new challenge of sustainability Ecological economics is an attempt to meet that challenge.

2. 博士課程に入学した際に計画している研究の目的、その(地球)環境科学的な意義と、具体的な方法について、英文で述べなさい(回答用紙片面程度)。


生物圏科学専攻 植物生態学コース・生物多様性科学コース

博士後期課程入試問題 (2007.2.28)

英語(English)

Attention: Do not open and see any dictionaries during this exam. Except for Question (3), you must answer in English.

(1) Each of the questions below is followed by several suggested answers. Select the one that is best in each case.

a. When we eat potato we are acting as
(A) producers (B) primary consumers (C) secondary consumers (D) decomposers
b. Which of the following best describes an intimate ecological interaction in which the organism is harmed when living on or within the host, but which generally has a negative effect on that host?
(A) mutualism (B) saprophytism (C) commensalism (D) parasitism (E) predation
c. Which ecological unit is defined as so to include abiotic factors?
(A) population (B) ecosystem (C) community (D) biome (E) deme
d. Which concept most completely describes the place that an organism is found in an ecosystem?
(A) habitat (B) niche (C) food web (D) chemical cycle

(2) Give the definition of the following terms.

a. Facilitation
b. Biological invasion
c. Reproductive strategy

(3) The following essay was written by an author who lived in Sapporo, Hokkaido, Japan. After reading the sentences, answer the questions a to d.

Succession is influenced by many factors. We are studying a 20-hectare site that was homesteaded in 1884. At that time the forest was cleared. Stumps were grubbed from 10 hectares, but not from the other 10 hectares. The grubbed site was plowed and farmed for 10 years, the rest was grazed.

In 1894, the settler went to fight in the Sino-Japanese War and the farm was abandoned. However, it stayed in the family to this day, with no further major disturbance. Contrast the two 10-hectare sites in terms of their successional progress.

[Hint]
grub: clear by digging up roots and stumps.
homesteaded: acquire or settle on land under a homestead law. In the present case, the law of ex-legionary (屯田兵).
a. Translate the essay into Japanese. b. Which site will be closer to climax vegetation? Why?
c. Which site will have more introduced species? Why?
d. How would the location of the site affect the succession process? Would the results be altered if the site were located close to Sapporo rather than outside of Hokkaido, e.g., in Okinawa? Explain.

(4) What would be an excellent way to control weeds in each of the following cases, a-e. Select three cases, and answer the selected cases separately.
a. A field is infested with either groundsel (Senecio vulugaris L. ノボロギク) or Klamath weed (Hypericum perforatum L. セイヨウオトギリ).
b. A pasture is infested with Scot's broom (Cytisus scoparius (L.) Link, エニシダ).
c. A pasture is infested with Canada thistle (Cirsium arvense Scop., セイヨウトゲアザミ).
d. Lawn has a wide variety of undesirable rosette weeds.
e. A vacant lot is covered by an array of interesting and pleasing weeds.

(5) Write your research plan in doctoral course. The answers must describe: (a) Objectives and/or hypotheses, (b) Materials and methods to clarify the objectives and/or hypotheses, and (c) Expected results and the originality.

出題側注意


院試の場合

問題検討 → 作成 → 試答 → 繰り返し
英語希望者がいれば必要科目を英語で出題

専門科目は1問40分で解答でき、60%程度が平均となる内容。
引用する場合は著作物を明示する。

体裁

本文

MS明朝体 11 pt (Word使用) ↔ 英語はTimesまたはTimes New Roman
余白 上下30 mm、左右25 mm、行数40

教科名: フォントサイズ11、ボールド、各ページの初めにつける
出だし: 問1 Question 1 (ボールド) 以下の問に答えよ。

(1)← 全角
(a) ← 半角
穴埋め問題は、(a)(b)あるいは(i)(ii)、(あ)(い)など
下線部の指示は始点に下付きで(i),(ii)などを指示する
数字は、数値の場合は半角、行数や問題番号の指定には全角を用いる。

採点 (英語)

加点法: でないとマイナスの人がでる
意訳は幅広く解釈する
各段落毎に配点を決めておく
意味の誤解は問わない

フッター