Top
ヘッダー

(2017年9月7日更新) [ 日本語 | English ]

フィールド体験研修 海と湖と火山と森林の自然






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

[ 野外実習 ]

2017年度

ガイダンス: 7月3日 18:15- (旧教養)
実習: 9月11日-9月14日

案内


Usu

 全学部の1年生を対象に、胆振地方の北大のユニークな3つの地方施設(洞爺臨湖実験所、室蘭臨海実験所、苫小牧研究林)で行われているフィールド研究・実験を学び、ここで暮らす人々と湖・火山・海・森林などとの関わりを実際に体験してもらうことを目的に、「宿泊体験教育」を企画しました。

[ 日程 | 注意事項 ]


2005年に実習で歩いた有珠山

 2000年噴火で形成された珠ちゃん火口(K-2)とその周辺を有くん火口(K-1)から見たところ。(下の写真は2010年の球ちゃん火口。2012年には8月22日には溜り水はなかった)。これまでは、毎年、歩くことができた(ただし、2012年は予定外のルートを歩く)。
 有珠山は、火山噴火後の遷移の様子を体験するのに適しており、多くの遷移研究がなされている。特に、永久調査区法を用いた長期生態学研究を行っている点に特色がある。
 それが一つの理由となって、2009年にジオパーク (GeoPark)に登録された。

日程


基本的な日程は以下の通り。時間・天候等により変更あり。* 2016年からガイダンス時に徴収
行程内容 (準備)
1日目
8:45高等教育機能開発総合センター前集合 リーダー指名
(集金*・名札・座席表)
9:00高等教育機能開発総合センター発
(道央自動車道経由)
アイスブレーキング(バス中)
教員自己紹介
学生他己紹介
オリエンテーション

特に見学外時間と発表

アイスブレーキング (例)

使用済割箸利用法
火山灰利用法
シャケ骨利用法

11:30 室蘭臨海実験所着

フィールドでの海藻採集
標本作成
電子顕微鏡観察

質問適宜(以下同)
昼食は皆で
15:00室蘭臨海実験所発グループ発表テーマ提示
確認・質問
ディベート
16:00大滝セミナーハウス着
18:00夕食
19:00グループ発表
宿泊
目的説明
グループ学習法
KJ法
ブロック等

評価
2日目
9:00大滝セミナーハウス発
10:00洞爺湖臨湖実験所着

洞爺湖観察
プランクトン観察
ヒメマス解剖実習
洞爺湖透明度測定 (天候次第)

15:00洞爺湖臨湖実験所発
16:00大滝セミナーハウス着
18:00夕食
19:00グループ発表
3日目
9:00大滝セミナーハウス発
10:00有珠山着

有珠山噴火口観察
植生回復の観察

15:00有珠山発
16:00大滝セミナーハウス着
18:00夕食
19:00グループ発表
21:00懇談会(飲物・茶菓子)
4日目
9:00大滝セミナーハウス発 (国道276号)
10:30苫小牧研究林着

森林植生観察

13:00苫小牧研究林発
13:20ウトナイ湖着

ウトナイ湖野鳥観察
湿原観察

14:50ウトナイ湖発質疑応答
学生 これまでのフィールド大体験
教官 これまでの大発見
まとめと連絡
16:00高等教育機能開発総合センター帰着解散レポート課題

注意事項

  1. 研修費用として____円がかかります(大滝セミナーハウス使用料、食事代、保険料など。余った場合は後日返却します)。ガイダンス時 (__月__日)に集めます。
  2. ガイダンスに出席できなかった人は、自己紹介用の要旨に必要事項を書き込み、北方生物圏フィールド科学センター室蘭臨海実験所の____宛てに郵送してください。費用については、別途対応します。
  3. 移動はバスを使います。
  4. 本演習ではフィールド実習を行いますので,半袖のシャツではなく,長袖のものを用意すること。長靴(膝あたりまでのもの)は必ず持ってくること。
  5. その他,本研修に必要なものを以下に列挙します。
     洗面具・寝具(タオル、パジャマ等)。大滝セミナーハウスは温泉があり、石鹸・シャンプーは備わっています)、常備薬、保険証(コピーで可)、雨具(雨天の場合フィールドで使えることを考慮すること。使い捨てではなく上下に分かれたしっかりしたものを用意すること。ホーマック等で買えます)、軍手,上履き(実験所・体育館で使用します)、筆記道具、双眼鏡(なくてもよいですが、野鳥観察などで便利です)、バックパック。有珠山観察では、火口付近までかなりの距離の山道を歩きます。そのことを考慮して服装・靴を選んで下さい。また,その際ヘルメットを着用します。有珠山は火山灰土であるので、数日前に雨が降り当日晴天でもぬかるんでいます。
    洗濯機と乾燥機がありますが、込み合うので、皆で相談して上手にシェアして使って下さい。
  6. 以下は個人の判断で構いませんが、以下のものがあると便利な時があります。
    虫よけ、日焼け止め

2010-08-25

緊急時の連絡先

北海道大学室蘭臨海実験所
〒 051-0013
室蘭市舟見町1丁目133番地31
Tel: 0143-22-2846

おまけ

 実際の調査では、いろいろな野外調査道具 (field equipment)が必要となります。そのような実習(通称エコパン)も行っています。また、植物好きな学生は、植物図鑑 (plant taxonomy)を携行するとよいでしょう。



洞爺湖の湖水酸性化

1911年 幌別公然採鉱開始
1939年 水力発電のため、長流川の水を洞爺湖に導入
1965年 ヒメマス・ワカサギの漁獲量激減
1973年 石灰投入開始。幌別鉱山閉山
1975年 湖水中性化


グループ発表課題例 (2016)

  • 海藻の特性を利用したビッグビジネス
  • 2050年の洞爺湖のワイズユース
  • 有珠山との共存 (ただし逃げてはいけない)
フッター