Top
ヘッダー

(2014年4月17日更新) [ 日本語 | English ]

イネ科 (Poaceae Barnhart)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

[ 植物分類学, エングラー体系, ササ類]

イネ目 (Order Graminales)


花序 = 小穂 spikelet, spicule, locusta (特殊形態)
花被 = 剛毛or小鱗片scutellum (pl. -a)に退化
雄蕊 = 3 or 6。子房上位、2-3心皮
頴花: 頴に包まれた花 = Poaceae, Cyperaceae
果実 = 頴果または痩果で胚乳豊富
自然な群といえ非常に進んだグループで祖先はユリ科と推定
1. Graminae (Poaceae) 茎は多くは中空。円柱状-扁平。葉鞘裂ける。果実頴果
1. Cyperaceae 茎は多くは中実。三角状。葉鞘裂けない。果実痩果 (イネ目から独立Order Cyperales設ける見解)

イネ科 (Poaceae)


= 禾本科 (今でも時々使われる)

700属8000種

ツユクサ目を中心とした群のなかでは最も風媒に進化した群
系統(仮説)
1. Restionalesレスチオ目と近縁
2. カヤツリグサ科と近縁
分類鍵
1 稈木質多年生。一般に枝分。葉基部葉鞘と関節。小穂数個の小花からなる _____ Bambusoideae
1 稈草質、稀に多年生になるが木質化しない。葉は一般に葉鞘と関節しない

2 小穂1以上-多数小花、稔性小花1 以上で少なくとも最下小花は稔性。不稔性小花は小穂最上部。成熟小穂は外苞頴と内苞頴を小花柄に残し落ちる(関節は苞頴上方)。小穂左右扁平 _____ Festucoideae
2 小穂2小花、下方小花は不稔性-雄性。上方小花は稔性。成熟小花は外苞頴と内苞頴をつけたまま落ちる。(関節は苞頴下部にある。)小穂は前後に扁平 _____ Panicoideae

タケ亜科 Bambusoideae
ファルス亜科 Pharoideae とダンチク亜科 Arundoideae の2亜科見解
Sasa Makino et Shibata ササ
イチゴツナギ亜科 Festucoideae
= Poöideae + Eragrostoideae (2亜科見解)
Agrostis L. コヌカグサ
Calamagrostis Adans.ノガリヤス
Lolium L. ドクムギ
キビ亜科 Panicoideae
Andropogon L. ウシクサ
Echinocola Beauv. ヒエ
Miscanthus Andersson ススキ
Panicum L. キビ

形態 (morphology)


shoot
頴: イネ科の花を包む包葉の総称
稈: イネ科植物の茎。節が明瞭で環状に高まる。節間は中空のものが多い
小穂 spikelet: 花序形成単位。2枚の包頴に包まれた1-数個の小花からなる
小花 floret: 小穂を作る個々の花
小軸: 小穂の中軸
芒 arista (pl. aristae, v. aristate), awn, beard

芒のある barbate, bearded
芒で覆われた barbellulate

小さな芒で覆われた barbellulate

↔ 芒のない awnless

lodicle = perianth
苞穎 glume, 護穎 lemma, 内花頴 palea (pl. -e) = bract
茎-葉
葉鞘 sheath: 茎を取り囲んだ筒状の鞘となる葉の部分 → 葉(葉身)へ
葉舌(小舌): 葉鞘の先端部分にある薄い膜状の構造
葉耳 auricle: 葉鞘と葉身につながる部分がが幅広くなる構造
止め葉 flag leaf, uppermost leaf: 花茎の最上位の普通葉(分類上の用語)
FD
花式 (Floral diagram) shoot
用語混乱
大井「日本植物誌」・北村「原色日本植物図鑑」第一包頴第二包頴護頴内頴
牧野「新日本植物図鑑」外頴内頴外秒内秒
本田「日本種子植物分類大綱」第一被頴第二被頴外頴内頴

(Genus)


イチゴツナギ Poa L.
ウシノケグサ Festuca L.
エゾムギ Elymus L.
エノコログサ Setaria P. Beauv.
北半球温帯に広く分布、日本全土に普通
エノコログサ S. viridis P. Beauv.

ハマエノコロ var. pachystachys Fr. et Sav.: 海岸型 = 背低く地表這う。茎葉短硬。楕円形短穂、小穂密長毛
ムラサキエノコロ f. purpurascens Maxim.: 穂の剛毛が紫

アワ S. italica Beauv.: エノコログサ栽培種(別種扱い)
アキエノコログサ S. faberi Herrm.: エノコログサに似るが、やや毛多、穂細長く垂れる
ザラツキエノコロ S. verticillata (L.) Beauv.: 穂剛毛に細かい逆棘 → 非常にざらつく
キンエノコロ S. pumila (Poir.) Roemer et Schultes: やや細い穂。穂長3-10cm直立、茎葉は無毛。穂のブラシ状毛が金色
コツブキンエノコロ S. pallide-fusca (Schumch.) Stapf et C.E. Hubb.: キンエノコロに似るが小穂一回り小
カラスムギAvena L.
オヒシバ Eleusine Gaertn.
コヌカグサ Agrostis L.
1 内花頴 ≈ 花頴長1/2 _____

A. nigra クロコヌカグサ
A. stolonifera ハイコヌカグサ
A. alba コヌカグサ

1 内花頴 < 花頴長1/2。竜骨keelなく時に全く発達しない

2 花頴l < 苞頴l _____

A. hideoi ユキクラヌカボ
A. flacidea ミヤマヌカボ: 道・本州・四国・九州の高山裸地、岩地

var. trinii (Turcz.) Ohwi クロヌカボ: 葉身粗渋

A. canina ヒメヌカボ

A. scabra Willd. エゾヌカボ
ササ Sasa Makino et Shibata
トダシバ Arundinella Raddi
スズメガヤ Eragrostis Wolf
ノガリヤス Calamagrostis Adans.
種間雑種多
基毛は小花より長い。苞穎は線状被針形-やや線形

ヤマアワ C. epigeios (L.) Roth
ホッスガヤ C. pseudo-phragmites (Haller fil.) Koeler

基毛は小花より短いか同長(= 苞穎より著しく短い)。苞穎は被針形-狭卵形

イワノガリヤス(ネムロガヤ) C. langsdorffii (Link) Trin
タカネノガリヤス C. sachalinensis Fr. Schm.
ヒメノガリヤス C. hakonensis Franch. et Savat.: 駒ヶ岳, 小島さん記録: 走出枝なし
C. sequiflora (Trin.) Tzvelevミヤマ- 高山帯。本州(北中部)-千島・カムチャッカ・東シベリア

シバ Zoysia Willd.
three species

メヒシバ (Digitaria Haller)


メヒシバ D. ciliaris (Retz.) Köler

被陰にオヒシバより強 – 密集可。道(全世界)、雑草
高さ 40-80 cm。葉柄 緑-赤紫。葉荒毛。不定根。花穂5-12条

アキメヒシバ D. violascens Link

花柄 3-7条。葉無毛 → 葉鞘の毛の有無
高さ 30-80 cm。道(本州稀) (北米・南米帰化) [アキシバという種はない]

オヒシバ Eleusine indica Gaertn.

被陰弱 – 密集できない。道なし

イヌビエ (Echinochloa P. Beauv.)


イヌビエ vs タイヌビエ
イヌビエ (s.l.) E. crus-galli (L.) P. Beauv.

芒: 多様

タイヌビエ E. oryzicola (Vasing.) Vasing.

第1苞頴は小穂の長さの1/2-2/3、先尖
第1小花護頴膨らみ小穂大(腹部円形)
芒: なし
北海道

ヒエ E. esculenta (A. Braun) H. Scholz

イヌビエ改良栽培種 - 茎太く、花穂太く屈曲。小穂は球形に近い。道なし

ドクムギ (Lolium L.)


越年生-(多年生)
ホソムギ (L. perenne): 温-暖帯伝播。小穂6-10個。小花長さ1-1.5 cm。小花無芒。高さ30-60 cm
ネズミムギ (L. multiforum): 小穂10-20個。小花長さ2-2.5 cm。小花有芒

フェストロリウム (× Festulolium Aschers.et Graebn.)


= Festuca(ウシノケグサ)とLolium(ドクムギ)を交配した属間雑種の総称

Lolium (L. multiflorum, L. perenne): 嗜好性・消化性に優れる
Festuca (F. gigantea, F. pratensis): 環境適応性に優れる

品種

那系1号
イカロス
東北1号

世代を進める毎にFestucaのDNAが減る現象 →
[問題] 販売種子増殖過程で品種特性消失
f ratio (Festucaゲノム割合) - 測定法開発

株毎に採種し各母系を等数ずつ調査 → f ratioが減る現象は見られない
f ratioの高い個体ほど採種量や後代種子の発芽率が低い
後代の種子を単純に混合するとf ratioが減少する

フッター