Top
ヘッダー

(2018年5月16日更新) [ 日本語 | English ]

エングラー体系 (Engler's syllabus)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

被子植物分類体系 (taxonomical system)

3大体系 (three major syllabuses)

新エングラー体系: 構造複雑化説
クロンキスト体系: ストロビロイド説
APG体系: 分子系統説

[ ベンサム・フッカー方式 ]
[被子植物, 裸子植物, 羊歯植物, 化石, 標本整理簿]
[植物リスト (plant list)]
[図鑑 (taxonomy book)]

クロンキスト体系 (Cronquist's syllabus)


Cronquist, A.J. 1919-1992
1980s': Illustration from the Hunt Institute for Botanical Documentation
ストロビロイド説: 原始的 = 花被・雄蕊・雌蕊多数が軸の回りを螺旋状に配列 → 様々に種分化

原始的被子植物の形態的特徴を最も良く保存するモクレンの仲間を最初に配列

分子系統分類 (APG)


DNAバーコーディング DNA barcoding

遺伝子マーカー利用しDNA配列から種を同定

→ 系統学 → 系統分岐推定 → 分類体系構築<

Ex. ミトコンドリアDNA (特にCOI遺伝子) - 真核生物
Ex. rbcL, matK - 陸上植物

APG (angiosperm phylogeny group)

= 被子植物系統作成グループ主導
葉緑体DNA解析: 進化を扱う研究分野ではこの分類系統主流となる

形態分類体系と多くの分類群は(当然だが)概ね一致(衝撃的変更もある)

APG (2003) による原始的被子植物の共通形質
虫媒(甲虫・ハエ類・アザミウマ等が送粉)
花弁と萼片の区別不明確
花被片・雄蕊数は3数性
雌性先熟

進化系統樹

形態分類学 morphological taxonomy - 外部形態による分類は問題が多い
⇒ 形態以外による分類学
Ex. トサボウフウ Angelica yoshinagae (1926) Makino

= A. shikokiana Mak. (イヌトウキ) var. yoshinagae Mak. (1954) Hara
= A. shikokiana Mak. (1958) Hirose
= A. saxicoliana Mak. (イシヅチボウフウ) var. yoshinagae (Mak.) (1959) Murata et Yamanaka
トサボウフウの分類上の位置として独立種であるか否かは形態のみで決定できない

数量分類学 numerical taxonomy
Operational taxonomic unit (OTU)を上級概念とする
形質評価をしない。つまり、可能な限り主観を持ち込まないよう分類 – 長所でもあり短所でもある
化学分類学 chemotaxonomy
Ex. 1. 地衣酸: 地衣類の分類に利用
Ex. 2. 蓚酸石灰: 単体と集晶の2型

キンミズヒキ Agrimonia pilosa var. japonica – 集晶: 日向
ヒメキンミズヒキ A. nipponica – 単体: 樹陰、小径 (形態的にはキンミズヒキの樹陰性のものと考え同種)

系統樹 (phylogenetic tree)

種間進化関係を表わす木: 遺伝配列情報から構成(現在)
形態分類と結果が同じとなるとは限らない
オーソログとパラログ
オーソロガスな遺伝子: 種分化により変化してきた遺伝子
パラロガスな遺伝子: 遺伝子重複により変化してきた遺伝子
→ 進化系統樹を構成する場合は、通常、オーソロガスな遺伝子を利用

階層モデル

系統樹の個数
葉の個数と節点の個数の関係(葉の個数 = n)

有根系統樹(根つき木): 根のある進化系統樹 → 2n – 1個の節点、2n – 2本の枝
無根系統樹(根無し木): 根の無い進化系統樹 → 2n – 2個の節点、2n – 3本の枝

無根系統樹と有根系統樹の関係

根は無根系統樹の任意の枝間に設定可能 → #有根系統樹 = (2n – 3) × #無根系統樹
枝が2n – 3本の無根系統樹に1本の枝を追加 → 2n –3種類の異なる無根系統樹

tree 節点(頂点crest): 木の葉もしくは枝分かれ部分
枝(辺): 種の親子関係
枝長: 進化に要した時間
葉: 現在の種に相当する節点
根: 進化の起点にあたる節点
UPGMA法
各配列(葉)間の距離dijから系統樹を構成 – ボトムアップにクラスタを次々とマージ
アルゴリズム
初期化:
各配列iのみから成るクラスターCiを作る
各配列ごとに葉を作り、それを高さ0の位置におく
繰り返し:
dijが最小となるクラスタのペアi, jを求める
Ck = CiCjにより、新しいクラスタkを作り、全lに対し距離dklを定義
節点i, jを子に持つ節点kを作り、高さdij/2の位置に配置
kをクラスター群に追加し、i, jをクラスター群から削除
終了処理:
クラスタがi, jの2個だけとなったら、根を配置し終了 //
進化の確率モデル
分子時計(進化速度の一定性の仮定): 枝長 = 分子時計により刻まれた時間

「任意の葉までの枝長の和は同じ」が任意の節点について成立
→ UPGMA法により系統樹が正しく再構成される

ウルトラメトリック: dij, djk, dikの2個等しく1個がそれ以下の条件を満たす

→ 分子時計の仮定成立 ⇒ ウルトラメトリック

進化の確率モデル
P(b|a, t): 長さ(時間)tの枝を辿る事で残基aが残基bに置換される確率
P(x|y, t): 長さ(時間)tの枝を辿る事で配列yが配列xに置換される確率

P(x|y, t) = ΠuP(xu|yu, t)

置換行列(置換確率行列) (K: 残基の種類),

S(t) = dendrogram

乗法性: S(tS(s) = S(t + s) ⇒
ΣbP(a|b, tP(b|c, s) = P(a|c, s + t)が成立することと等価

置換速度行列, R = dendrogram

S(t)とRの関係:
S(∈) ≈ I + R∈ = dendrogram
S(t)の導出 (Jukes-Cantor行列):
行列の対称性より S(t) = dendrogram

S'(t) = S(t)Rよりr* = –3αr + 3αs, s* = –αs + αr
rt = 1/4(1 + 3e-4αt), st = 1/4(1 – e-4αt)

Kimura行列
トランジッション: プリン(A, G)間、もしくは、ピリミジン(C, T)間の遷移
トランスバージョン: それ以外の遷移(トランジションより起りにくい)
置換速度行列: dendrogram,
置換行列: dendrogram

ただし、
st = 1/4(1 –e-4βt),
ut = 1/4(1 + e-4βt – 2e-2(α + β)t)),
rt = 1 – 2stut

最尤法
進化系統樹の尤度, P(x*|T, t*) ≡ 配列集合x*が枝長t*の進化系統樹により生成される確率
最尤法: 配列集合x*が与えられた時、尤度P(x*|T, t*)を最大化するT, t*を計算
残基の尤度: P(x1u, x2u|T, t1, t2) = ΣaqaP(x1u|a, t1)P(x2u|a, t2)
全体の尤度(配列長 = N): P(x1, x2|T, t1, t2) = Πu=1NP(x1u, x2u|T, t1, t2)
Ex. C, Gのみから成る配列: n1個は同じで、n2個が変化 (Ex. n1 = 8, n2 = 3)

CCGGCCGCGCG
CGGGCCGGCCG
P(C, C|T, t1, t2) = qCrt1rt2 + qGst1st2 + qAst1st2 + qTst1st2

= 1/4(rt1rt2 + 3st1st2)
= 1/16(1 + 3e-4α(t1+t2))

P(C, G|T, t1, t2) = 1/4(rt1st2 + 3st1rt2 + 2st1st2) = 1/16(1 – e-4α(t1+t2))
P(x1, x2|T, t1, t2) = 1/16n1+n2·(1 + 3e-4α(t1+t2))n1(1 – e-4α(t1+t2))n2

Felsenstgeinの尤度計算アルゴリズム

系統樹全体の尤度, P(x1u, x2u, …, xnu|T, t*)

= tree
α(i)は節点iの親節点、αiは節点iの割り当てられる配列

アルゴリズム: Felsensteinの尤度計算アルゴリズム
初期化:
k = 2n – 1
再帰: 全残基aについて以下によりP(Lk|a)を計算
kが葉の場合:
a = xkuならP(Lk|a) = 1, axkuならP(Lk|a) = 0
kが葉でない場合(分岐節点である場合):
子節点i, jに対する確率P(Lk|a), P(Lj|a)を全aについて計算し

P(Lk|a)) = Σb, cP(b|a, ti)P(Li|b)P(c|a, tj)P(Lj|c)

終了処理:
座位uの尤度, P(x*u|T, t*) = ΣaP(L2n-1|a)qa

尤度の最大化: 系統樹の形状の探索と枝長の最適化が必要

系統樹の形状探索 → 分枝限定法等
枝長の最適化 → EM法, Newton法, Metroplis法等

ブートストラップ法
系統樹の信頼性: 推定された系統樹の信頼性不明 → 信頼性評価必要
必ずしも系統樹全体でなく、大分岐等の特定特徴の信頼性評価で良い → ブートストラップ法による評価
ある確率モデルのもとでブートストラップ法による頻度 → 特徴の事後確率
系統樹に対するブートストラップ法
  1. もとのアラインメントから各カラムを重複を許してランダムに抽出
  2. (1)で作ったアラインメントから系統樹を推定
  3. (1)(2)を数多く(例えば1000回)繰り返し、各特徴の頻度分布を計算し、頻度により信頼性を評価
最節約法の確率的解釈
S(a, b) =set –logP(b|a) ⇒

最節約法のコスト ≈ 系統樹全体尤度の近似値(Viterbi近似)

葉以外の節点に対し
最尤法: 全ての配列 ↔ 最節約法: 一つの配列
最節約法: 根に対する確率分布が考慮されない

近隣結合法の確率的解釈

置換行列が乗法的かつ可逆的
葉間の最尤距離 加法的
近隣結合法 最尤法
詳細な評価のためには確率的方法が必要

新エングラー体系 (New Engler's syllabus or system)


新エングラー = Engler(-Prantl)体系 (Engler 1844-1930)
進化の経路: 単純 (雄蕊1/雌蕊1 = 原始的) ⇒ 複雑

双子葉 ⇒ 単子葉
離弁花 ⇒ 合弁花
無弁花 ⇒ 多弁花
子房上位 ⇒ 子房下位
離生心皮 ⇒ 合生心皮
木本 ⇒ 草本
単葉 ⇒ 複葉

多数雄蕊 ⇒ 少数雄蕊
放射相称花 ⇒ 左右相称花

離弁・合弁花植物を分断する従来からの人為分類残すが、細菌類から被子植物までをまとめ、他方式とも大きな矛盾はなく、現在広く使われる (多弁の polypetalous)
多くの標本庫が、種子植物に関しては、この体系を使用している
(Gray: not recorded from Hokkaido)

Gymnospermae 裸子植物門 (裸子植物)


Cycadopsida ソテツ綱

Cycadales ソテツ目
Cycadaceae (ソテツ), Stangeriaceae, Zamiaceae (ザミア)
Ginkgoales イチョウ目
Ginkgoaceae (イチョウ)
Coniferopsida マツ綱

Coniferae (Pinophyta) マツ目
Pinaceae (マツ), Taxodiaceae (スギ),
Cupressaceae (ヒノキ), Podocarpaceae (マキ), Cephalotaxaceae (イヌガヤ), Araucariaceae (ナンヨウスギ) Sciadopityaceae (コウヤマキ), not established
Taxopsida イチイ綱

Taxales イチイ目
Taxaceae (イチイ)
Chlamydospermae グネツム綱

Gnetales グネツム目
Gnetaceae, Ephedraceae, Welwitschiaceae

Angiospermae 被子植物門 (被子植物)


Dicotyledoneae 双子葉植物綱 (Dicotyledonae 双子葉類)

Archichlamydeae 古生花被植物亜綱


Casuarinales モクマオウ目
Casuarinaceae: no sp. in Jpn (exotic)
Juglandales クルミ目
Myricaceae (ヤマモモ), Juglandaceae (クルミ)
Balanopales バラノプス目
Balanopaceae
Leitneriales レイトネリア目
Leitneriaceae, Didymelaceae
Salicales ヤナギ目
Salicaceae (ヤナギ)
Fagales ブナ目
Betulaceae (カバノキ), Fagaceae (ブナ)
Urticales イラクサ目
Rhoipteleaceae, Ulmaceae (ニレ), Eucommiaceae (トチュウ), Moraceae (クワ), Urticaceae (イラクサ)
Proteales ヤマモガシ
Proteaceae (ヤマモガシ)
Santalales ビャクダン目
Olacaceae (ボロボロノキ): Schoepfia Schreb. jasminodora Sieb. et Zucc.ボロボロノキ, 1 sp in Jpn (0 in Hokkaido), Dipentodontaceae, Opiliaceae (カナビキボク): 0 in Jpn, Grubbiaceae, Santalaceae (ビャクダン), Misodendraceae, Loranthaceae (ヤドリギ)
Balanophorales ツチトリモチ目
Balanophoraceae (ツチトリモチ)
Medusandrales メドゥーサンドラ目
Medusandraceae
Polygonales タデ目
Polygonaceae (タデ)
Centrospermae アカザ目
Didiereaceae (カナボウノキ), Phytolaccaceae (ヤマゴボウ), Gyrostemonaceae (ビャクブ), Achatocarpaceae, Nyctaginaceae (オシロイバナ), Molluginaceae (ザクロソウ), Aizoaceae (ハマミズナ), Portulacaceae (スベリヒユ), Basellaceae (ツルムラサキ), Caryophyllaceae, Dysphaniaceae, Chenopodiaceae, Amaranthaceae
Cactales サボテン目
Cactaceae (サボテン)
Magnoliales モクレン目
Magnoliaceae (モクレン), Degeneriaceae, Himantandraceae, Winteraceae (シキミモドキ), Annonaceae (バンレイシ), Eupomatiaceae, Myristicaceae (ニクズク), Canellaceae, Schisandraceae (マツブサ)*, Illiciaceae (シキミ)*, Austrobaileyaceae, Trimeniaceae, Amborellaceae, Monimiaceae, Calycanthaceae (ロウバイ), Gomortegaceae, Lauraceae, Hernandiaceae (ハスノハギリ), Tetracentraceae (スイセイジュ), Trochodendraceae (ヤマグルマ), Eupteleaceae (フサザクラ), Cercidiphyllaceae (カツラ)

* 大井 Magnoliaceaeに合一

Ranunculales キンポウゲ目
Ranunculaceae (キンポウゲ), Berberidaceae, Sargentodoxaceae (サルゲントドクサ), Lardizabalaceae (アケビ), Menispermaceae (ツヅラフジ), Nymphaeaceae (スイレン), Ceratophyllaceae (マツモ)
Piperales コショウ目
Saururaceae (ドクダミ), Piperaceae (コショウ), Chloranthaceae, Lactoridaceae
Aristolochiales ウマノスズクサ目
Aristolochiaceae (ウマノスズクサ), Rafflesiaceae, Hydnoraceae
Guttiferales オトギリソウ目
Dilleniaceae (ビワモドキ), Paeoniaceae (ボタン), Crossosomataceae, Eucryphiaceae, Medusagynaceae, Actinidiaceae (マタタビ), Ochnaceae, Dioncophyllaceae, Strasburgeriaceae, Dipterocarpaceae (フタバガキ), Theaceae (ツバキ), Caryocaraceae, Marcgraviaceae, Quiinaceae (クイナ), Guttiferae (オトギリソウ), Ancistrocladaceae
Sarraceniales サラセニア目
Sarraceniaceae, Nepenthaceae (ウツボカズラ), Droseraceae (モウセンゴケ)
Papaverales ケシ目
Papaveraceae (ケシ), Capparaceae (フウチョウソウ), Brassicaceae (Cruciferae, アブラナ), Tovariaceae, Resedaceae (モクセイソウ), Moringaceae
Batales バティス目
Bataceae
Rosales バラ目
Platanaceae (スズカケノキ), Hamamelidaceae (マンサク), Myrothamnaceae, Crassulaceae (ベンケイソウ), Cephalotaceae (フクロユキノシタ), Saxifragaceae (ユキノシタ), Brunelliaceae, Cunoniaceae, Davidsoniaceae, Pittosporaceae (トベラ), Byblidaceae, Roridulaceae, Bruniaceae, Rosaceae (バラ), Neuradaceae, Chrysobalanaceae, Connaraceae (マメモドキ), Fabaceae (マメ), Krameriaceae
Hydrostachyales ヒドロスタキス目
Hydrostachyaceae
Podostemales カワゴケソウ目
Podostemaceae (カワゴケソウ)
Geraniales フウロソウ目
Limnanthaceae (リムナンテス), Oxalidaceae (カタバミ), Geraniaceae (フウロソウ), Tropaeolaceae (ノウゼンハレン), Zygophyllaceae (ハマビシ), Linaceae (アマ), Erythroxylaceae (コカノキ), Euphorbiaceae (トウダイグサ), Daphniphyllaceae
Rutales ミカン目
Rutaceae (ミカン), Cneoraceae, Simaroubaceae (ニガキ), Picrodendraceae, Burseraceae (カンラン),Meliaceae (センダン), Akaniaceae, Malpighiaceae (キントラノオ), Trigoniaceae, Vochysiaceae, Tremandraceae, Polygalaceae (ヒメハギ)
Sapindales ムクロジ目
Coriariaceae (ドクウツギ), Anacardiaceae, Aceraceae (カエデ), Bretschneideraceae, Sapindaceae (ムクロジ), Hippocastanaceae (トチノキ), Sabiaceae (アワブキ), Melianthaceae, Aextoxicaceae, Balsaminaceae (ツリフネソウ)
Julianiales ジュリアニア目
Julianiaceae
Celastrales ニシキギ目
Cyrillaceae, Pentaphylacaceae, Aquifoliaceae (モチノキ), Corynocarpaceae, Pandaceae (パンダ), Celastraceae (ニシキギ), Staphyleaceae (ミツバウツギ), Hippocrateaceae, Stackhousiaceae, Salvadoraceae, Buxaceae, Icacinaceae (クロタキカズラ), Cardiopteridaceae (ヤマイモモドキ)
Rhamnales クロウメモドキ目
Rhamnaceae (クロウメモドキ), Vitaceae (ブドウ), Leeaceae (ウドノキ)
Malvales アオイ目
Elaeocarpaceae (ホルトノキ), Sarcolaenaceae (サルコラエナ), Tiliaceae (シナノキ), Malvaceae (アオイ), Bombacaceae (パンヤ), Sterculiaceae (アオギリ), Scytopetalaceae
Thymelaeales ジンチョウゲ目
Geissolomataceae, Penaeaceaem, Dichapetalaceae (カイナンボク), Thymelaeaceae (ジンチョウゲ), Elaeagnaceae (グミ)
Violales スミレ目
Flacourtiaceae (イイギリ), Peridiscaceae (ペリディスクス), Violaceae (スミレ), Stachyuraceae (キブシ), Scyphostegiaceae (カミニンギョウ), Turneraceae (トゥルネラ), Malesherbiaceae (マレシェルビア), Passifloraceae (トケイソウ passion fruit), Achariaceae (アカリア), Cistaceae (ハンニチバナ), Bixaceae (ベニノキ), Sphaerosepalaceae (スファエロセパルム), Cochlospermaceae (ワタモドキ), Tamaricaceae (ギョリュウ), Frankeniaceae (フランケニア), Elatinaceae (ミゾハコベ), Caricaceae (パパイア papaya), Loasaceae (シレンゲ), Datiscaceae (ダティスカ), Begoniaceae (シュウカイドウ)
Cucurbitales ウリ目
Cucurbitaceae (ウリ)
Myrtales (Myrtiflorae) フトモモ目
Lythraceae (ミソハギ), Trapaceae (ヒシ), Crypteroniaceae, Myrtaceae (フトモモ), Dialypetalanthaceae, Sonneratiaceae (ハマザクロ), Punicaceae (ザクロ), Lecythidaceae (サガリバナ), Melastomataceae (ノボタン), Rhizophoraceae (ヒルギ), Combretaceae (シクンシ), Onagraceae (アカバナ), Oliniaceae, Haloragaceae (アリノトウグサ), Theligonaceae (ヤマトグサ), Hippuridaceae (スギナモ), Cynomoriaceae
Umbelliflorae セリ目
Alangiaceae (ウリノキ), Nyssaceae (ヌマミズキ), Davidiaceae (ハンカチノキ), Cornaceae (ミズキ), Garryaceae, Araliaceae, Apiaceae (セリ)

Sympetalae 合弁花植物亜綱


Diapensiales イワウメ目
Diapensiaceae (イワウメ) Diapensia
Ericales ツツジ目
Clethraceae (リョウブ), Pyrolaceae (イチヤクソウ), Ericaceae (ツツジ), Empetraceae (ガンコウラン), Epacridaceae
Primulales サクラソウ目
Theophrastaceae, Myrsinaceae (ヤブコウジ), Primulaceae (サクラソウ)
Plumbaginales イソマツ目
Plumbaginaceae (イソマツ)
Ebenales カキノキ目
Sapotaceae (アカテツ), Sarcospermataceae, Ebenaceae (カキノキ) 道植栽, Styracaceae, Lissocarpaceae, Symplocaceae (ハイノキ), Hoplestigmataceae
Oleales モクセイ目
Oleaceae (モクセイ)
Gentianales リンドウ目
Loganiaceae (ホウライカズラ/マチン), Desfontainiaceae, Gentianaceae (リンドウ), Menyanthaceae (ミツガシワ), Apocynaceae (キョウチクトウ), Asclepiadaceae (ガガイモ), Rubiaceae (アカネ)
Tubiflorae (Laminales) シソ目
Polemoniaceae (ハナシノブ), Fouquieriaceae, Convolvulaceae (ヒルガオ), Hydrophyllaceae (ハゼリソウ), Boraginaceae (ムラサキ), Lennoaceae, Verbenaceae (クマツヅラ), Callitrichaceae (アワゴケ), Lamiaceae (Labiatae) (シソ), Nolanaceae, Solanaceae, Duckeodendraceae, Buddlejaceae (フジウツギ), Scrophulariaceae (ゴマノハグサ), Globulariaceae (ウルップソウ), Bignoniaceae (ノウゼンカズラ), Henriqueziaceae, Acanthaceae (キツネノマゴ), Pedaliaceae (ゴマ, tropical-subtropcial regions, not in Hokkaido), Martyniaceae (ツノゴマ), Gesneriaceae (イワタバコ, not in Hokkaido), Columelliaceae, Orobanchaceae (ハマウツボ), Lentibulariaceae (タヌキモ), Myoporaceae (ハマジンチョウ), Phrymaceae (ハエドクソウ)
Plantaginales オオバコ目
Plantaginaceae (オオバコ)
Dipsacales マツムシソウ目
Caprifoliaceae, Adoxaceae (レンプクソウ), Valerianaceae (オミナエシ), Dipsacaceae (マツムシソウ)
Campanulales キキョウ目
Campanulaceae, Sphenocleaceae (ナガボノウルシ), Pentaphragmataceae (ユガミウチワ), Goodeniaceae (クサトベラ), Brunoniaceae, Stylidiaceae, Calyceraceae, Asteraceae (キク)
Monocotyledoneae 単子葉植物綱 (Monocotyledonae 単子葉類)

Helobiales イバラモ目
Alismatales when the subclass Alismatidae is establihsed
Najadales イバラモ目
Najadaceae (イバラモ), Potamogetonaceae (ヒルムシロ), Zannichelliaceae (イトクズモ) when separated from Potamogetonaceae (Ohwi merges them), Juncaginaceae (シバナ), Scheuchzeriaceae (ホロムイソウ)
Hydrocharitales トチカガミ目
Hydrocharitaceae (トチカガミ, one species in Hokkaido = Vallisneria L.セキショウモ (V. asiatica Miki セキショウモ)
Alismatales (Alismales) オモダカ目
Alismataceae (オモダカ), Butomaceae (ハナイ), Limnochartitaceae (リムノカリス), Aponogetonaceae (レースソウ, cape-pondweed)
Triuridales ホンゴウソウ目
Triuridaceae (ホンゴンソウ)
Liliiflorae (Lilianae), superorder ユリ上目
Liliales ユリ目
Liliaceae (ユリ), Xanthorrhoeaceae (ススキノキ), Stemonaceae (ビャクブ), Agavaceae (リュウゼツラン), Haemodoraceae, Cyanastraceae, Amaryllidaceae (ヒガンバナ), Hypoxidaceae (キンバイザサ)*, Velloziaceae, Taccaceae (タシロイモ), Dioscoreaceae (ヤマノイモ), Pontederiaceae (ミズアオイ), Iridaceae, Geosiridaceae, Burmanniaceae (ヒナノシャクジョウ), Corsiaceae, Philydraceae (タヌキアヤメ)

* 大井 Amarylidaceae に合一

Juncales イグサ目
Juncaceae, Thurniaceae
Bromeliales パイナップル目
Bromeliaceae (パイナップル)
Commelinales ツユクサ目
Commelinaceae (ツユクサ), Mayacaceae, Xyridaceae (トウエンソウ/キシリス), Rapateaceae, Eriocaulaceae (ホシクサ), Restionaceae (サンアソウ), Centrolepidaceae (カツマダソウ), Flagellariaceae (トウツルモドキ)
Graminales イネ目
Poaceae (Gramineae) (イネ)
Principes ヤシ目
Palmae (Palmaceae) (ヤシ)
Synanthae パナマソウ目
Cyclanthaceae (パナマソウ)
Arales (Spathiflorae) サトイモ目
Araceae (サトイモ), Lemnaceae (ウキクサ)
Pandanales タコノキ目
Pandanaceae (タコノキ), Sparganiaceae (ミクリ), Typhaceae (ガマ)
Cyperales カヤツリグサ目
Cyperaceae (カヤツリグサ)
Scitamineae ショウガ目
Musaceae (バショウ), Zingiberaceae (ショウガ), Cannaceae, Marantaceae (クズウコン), Lowiaceae
Orchidales (Microspermae, Gynandrae) ラン目
Orchidaceae (ラン)

参考


  • Farr ER, Leussink JA & Stafleu FA (eds). 1979. Index Nominum Genericorum (Plantarum). Regnum Veg. 100-102: 1-1896
  • Farr ER. Leussink JA & Zijlstra G, (eds). 1986. Index Nominum Genericorum (Plantarum) Supplementum I. Regnum Veg. 113: 1-126
日本
YList 植物名検索
芽ばえ図鑑
北海道植物関連文献目録
日本生物多様性関連Webサイト一覧: リンク集
帰化植物・侵入植物
外来侵入種 [IUCN日本委員会]
侵入生物データベース [国立環境研究所]
帰化植物一覧表 [岡山大学 野生植物研究室]
史前帰化植物
北海道外来種データベース
北海道
自然環境研究センター
北海道 エコネットワーク
サケのふるさと館
厚岸水鳥観察館
夕張リゾート
(西)オーストラリア
「鉱山廃坑跡地における植物群集の再生」に関連
Nature's Planet Museum: 藤原幸一

オーストラリア自然館

フッター