Top
ヘッダー

(2018年10月1更新) [ 日本語 | English ]

種子 (seed)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

[解剖学, 形態学, 種子発芽] (seedless = 種子がない)

原則
胚珠が成熟したもの
珠皮integument: 珠心を取り囲む層 → 種皮seed coat
子房 → 果実
子房壁 → 果皮
珠皮: 2枚 → [合着] → 1枚(被子植物)
双子葉植物の種子構造 seed structure と種子の役目 role

死亡確率を減少させ個体生存価高める
種子散布手段 (seed-dispersal agents)
発芽・成長に使う最初の資本

幼芽 plumle: the shoot tip with a pair of miniature leaves 種子中にある胚の幼い芽 = 胚の茎頂(胚軸先端) → 伸長し茎になる
種皮 seed coat, or testa = 内種皮 + 外種皮 → 区別がない種もある
索引
Vigna unguiculata
ササゲ (Vigna unguiculata)
Solanum lycopersicum
トマト (Solanum lycopersicum)
Lactuca sativa
レタス Lactuca sativa

付属器官 (appendage)


付属器官(付属体) appendage (adj. appendiculate, v. appndage)

仮種皮(種衣) arillus, aril

種皮外側覆うもの。胎座の一部が受精後発育肥大 (v. arillate)

Taxus: 液質 → イチイ種子の赤い肉質の壷
Nymphaea: 膜質
Torreya: 肉質
キンキエンゴサク = 肉質 ↔ ミヤマキケマン = 膜質

種子散布付属器官

風散布
種髪 coma (v. comate): 種子にある毛束 → 風散布 Ex. Epilibium (珠孔付近の珠皮起源), Salix (胎座起源)
冠毛 puppus (pl. puppi): 萼が変形したもの Asteraceae (Aster, Anapahlis, etc.)
wing (種翼 seed wing): 翼状付属器官 Acer, Fraxinus, etc. (↔ 翼がない unwinged, wingless)

翼果(翅果, winged fruit, samara or key): 翼を発達させた果実

動物散布
アリロイド arilloid: 珠皮や胎座からできる糖や油に富む付属物 → アリロイドの中でもアリ散布のためのもの

種枕 (カルンクル) caruncle: 種子発芽穴近くにある外皮の多肉質部分
エライオソーム elaiosome: 散布に関与している種枕

果実 (fruit)


成熟した子房(ovary)とその内部 + 花器官 + 付属器官が結合した部分

果皮 pericarp
= 周壁 ovary wall → 3層 → 外果皮exocarp (epicarp), 中果皮mesocarp, 内果皮endocarp
果肉 → flesh, sarcocarp, pulp
日本語では、全て果肉と訳され混乱のもと
Flesh: 果肉の総称
Sarcocarp: 核果の果肉
Pulp: 果肉の中でも水分が多く柔らかいもの

分類 classification of fruits

真果と偽果
真果 true fruit: 子房のみが成長しできた果実
偽果(仮果) false fruit (pseudocarp): 子房以外の花床、萼、総包等が成長し果実となる。

イチゴ状果: 花托発達し果実に加わる Ex. リンゴ、ナシ、オランダイチゴ
クワ状花 sorosis: 花被等発達し果実に加わる Ex. クワ、パイナップル
イチジク状花: 花軸と花托が多肉となり果実に加わる

↑↓ 合わせて整理

果実中にある子房数を基準にした場合
  1. 単果 simple fruit: 1花の1子房からできた果実
  2. 分離複果 aggregate fruit: 1花の複数の子房からできた果実 Ex. キイチゴ raspberry (Rubus), イチゴ (Fragaria)
  3. 集合果(多花果, 複果) multiple fruit: derived from several flowers複数子房全体で1果実のように見えるもの
    肉質集合果 sorosis: Ex. ヤマグワ (Morus)
    無花果状果 syconium: Ex. イチジク (Ficus)
    球果 cone: 厚く木質化した多数の鱗片が中軸周囲に重なり種鱗内側に種子を抱くもの Ex. パイナップル pineapple

裂開果

蒴果(室果, 蒴) capsule
複数心皮 - 複数種子含む
角果: 長角果(silique) + 長角果 (silicle)
胞背裂開蒴果 (loculicidal capsule): Enkianthus
胞腹裂開蒴果 (ventricidal capsule)
胞軸裂開蒴果 (septifragal capsule): Rhododendron
孔開蒴果 (poricidal capsule): Plantago
蓋果 (pyxis)
未成熟果実の捕食防御機構
1. 物理的: 果皮硬化 hardness。刺spininess
2. 化学的: 二次代謝物質
成熟果実: 動物による種子分散 → 誘引物質 attractants = 匂い, 色
フッター