Top
ヘッダー

(2017年8月16日更新) [ 日本語 | English ]

ナデシコ科 (Caryophyllaceae Juss.), pink family






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

日本: 16属70種
生活型: 草本(稀に低木状)
花: 5数生、基本的に放射相称、雄蕊は5-10、雌蕊は子房上位で花柱2-5本

子房1室、中軸胎座か稀に1個

葉: 対生 - 鋸歯とはならない

雌雄蕊柄(中国語, 日本語なし) androgynophore: 花被より上で雄蕊・雌蕊双方がその上につく柄状部 - ナデシコ科やトケイソウでよく発達

Key
1. 萼片合生 - subfam. Silenoideae -亜科

2. 萼筒肋なし。花柱2 _____ Diantheae ナデシコ族(= Dianthus L. ナデシコ)
2. 萼筒に5-10の肋あり。花柱3-5 _____ Lychnideaeセンノウ族

3. 奨果。花柱3 _____ Cucubalus L.ナンバンハコベ: C. baccifer L. (ナンバンハコベ), 欧-亜広域分布
3. 朔果

4. 果実子房基部で3-5室。花柱3 _____ Silene L.マンテマ
4. 果実子房1室 _____

Lychnis L.センノウ
Melandryum Friesフシグロ (M. noctiflorum Fries マツヨイセンノウ: 雄花と雌花有, 一年生, 帰化 (vs ツキミセンノウ: 雄花と雌花無)

1. 萼片離生 _____ subfam. Alsinoideae ハコベ亜科

2. 托葉あり _____ Sperguleae ウシオツメクサ族

Spergula L. オオツメクサ
Spergularia L. ウシオツメクサ

2. 托葉なし _____ Alsineae ハコベ族

3. 花柱4-5 _____

Malachium Firesウシハコベ
Cerastium ミミナグサ

C. caespitosum 花弁 ≥ 萼片
C. fischerianum 花弁l = 萼片なし 1.5-2.5

Sagina L.ツメクサ

3. 花柱3

Honkenya Ehrh.ハマハコベ: H. peploides (L.) Ehrh. ssp. major (Hook.) Hultén ハマハコベ
Minuartia L.タカネツメクサ
Stellaria L.ハコベ: 花柱3 (2-4)、花弁2深裂、時に花弁ない
Pseudostellaria Pax ワチガイソウ: P. sylvatica (Maxim.) Pax クシロワチガイソウ
Moehringia オオヤマフスマ: 花柱3。花弁全縁、凹頭/2尖裂
M. lateriflora オオヤマフスマ: 地下茎有、高さ10-20 cm。下向き細毛密布
Arenaria L. ノミノツズリ

カスミソウ (Gypsophila L.)


野生種: 長日性植物 (= 開花夏)
園芸主要3種
シュッコンカスミソウ (宿根カスミソウ, G. paniculata L.)

宿根草

高性種 ⇒ 切花

分布: 地中海沿岸 - 中央アジア - シベリア

ハナイトナデシコ (G. repens L.)

匍匐性宿根草 ⇒ 花壇(ロックガーデン)・鉢植
分布: ヨーロッパアルプス

カスミソウ (G.elegans Bieb.)

1年草

高性種 ⇒ 切花

ナデシコ (Dianthus L.)


Dianthus D. barbatus L. (アメリカナデシコ)
D. superbus L. (エゾカワラナデシコ)
D. chinensis L. (セキチク)
D. armeria L. (ノハラナデシコ)
D. deltoides L. (ヒメナデシコ)

ハコベ (Stellaria L.) in Japan


集散花序 Stellaria
フッター