Top
ヘッダー

(2022年7月15日更新) [ 日本語 | English ]

自然共生セミナー (Symbiosis in Nature Seminar)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

image

[ 目的 | ガイダンス | スケジュール | 2022 | 2021年以前記録 | 参考 ]


2022


目的

本セミナーは、主に人間生態システムコースの自然共生的アプローチによる研究の進展を促進する目的で実施される。

目的: 学生の能力向上(研究に関わる知識・発表・議論)
大事なこと: 積極的な発言、質問、議論。期日を守る

担当教員: 露崎 史朗 HP ・ 石川 守 HP ・ 佐藤 友徳 HP ・ 根岸 淳二郎 [2022年代表教員] HP ・ 先崎 理之 HP

ガイダンス


第1回自然共生セミナー(ガイダンス)を開催します。
受講者数等により、次回以降の講義室を決定するので、自然共生サブコースに所属している、あるいは、する可能性のある学生はガイダンスに必ず出席すること。欠席の場合には、事前に連絡をとること。
日時 5月13日 14:45-16:15- (水)
場所: D103/オンライン (参加希望者は担当教員に聞くこと)
内容

ガイダンス
教員紹介

原則、隔週水曜日14時45分から。

スケジュール


担当教員: 露崎史朗・佐藤友徳・根岸淳二郎・石川 守・先崎理之

前期後期
  1. 4月13日: ガイダンス
  2. 4月20日: 論文紹介
    • Li shixue: Fung IY, Chiang JCH. 2022. East Asian rainbands and associated circulation over the Tibetan Plateau region. Journal of Climate. doi: 10.1175/jcli-d-21-0569.1
    • Dai bingguo: Ding C, Jiang X, Brosse S. 2017. Seventy-five years of biodiversity decline of fish assemblages in Chinese isolated plateau lakes: widespread introductions and extirpations of narrow endemics lead to regional loss of dissimilarity. Diversity and Distribution 23: 171-184. doi: 10.1111/ddi.12507
  3. 5月11日: 論文紹介
    • Nabila Irtifa Alam: Hu L, Li W, Xu B. 2018. The role of remote sensing on studying mangrove forest extent change. International journal of remote sensing 39: 1–23. doi: 10.1080/01431161.2018.1455239
    • Janine Tolod: Arias-Real R, Margarita Menéndez, Abril M, Oliva F, Muñoz I. 2018. Quality and quantity of leaf litter: Both are important for feeding preferences and growth of an aquatic shredder. PloSOne 13, e0208272. doi: 10.1371/journal.pone.0208272
  4. 5月25日: 論文紹介
    • Mc Jervis Villaruel: Fernandez S, Rodriguez-Martinez S, Martinez JL, Garcia-Vasquez E, Ardura A. 2019. How can eDNA contribute in riverine macroinvertebrate assessment? A metabarcoding approach in the Nalón River (Asturias, Northern Spain). Environmental DNA 1: 385–401. doi. 10.1002/edn3.40
    • Wu junyi: Gleason JE, Elbrecht V, Braukmann TWA, Hanner RH, Cottenie K. 2020. Assessment of stream macroinvertebrate communities with eDNA is not congruent with tissue-based metabarcoding. Molecular Ecology 30: 3239-3251. doi. 10.1111/mec.15597
  5. 6月8日: 論文紹介
    • Zhou Xiling: Wu B, Li Z, Francis JA, Ding S. 2022. A recent weakening of winter temperature association between Arctic and Asia. Environmental Research Letters 17, 034030. doi: 10.1088/1748-9326/ac4b51
    • Kosuke Nagahiro: Imada Y, Kawase H, Watanabe M, Arai M, Shiogama H, Takayabu I. 2020. Advanced risk-based event attribution for heavy regional rainfall events. Journal: npj Climate and Atmospheric Science 3, 37: doi: 10.1038/s41612-020-00141-y
  6. 6月22日: 論文紹介
    • Yao Shuyu: Ma H, Zhang H, Deng J, Zhao H, Kong F, Jiang W, Zhang H, Dong X, Wang Q. 2022. Detection the eDNA of Batrachuperus taibaiensis from the Zhouzhi Heihe River Using a nested PCR method and DNA barcoding. Animals 12, 1105. doi: 10.3390/ani12091105
    • Takehiro Morioka: Nakamura S, Kusaka H, Sato R, Sato T. 2022. Heatstroke risk projection in Japan under current and near future climates. Journal of the Meteorological Society of Japan (early view, 2022-030). doi: 10.2151/jmsj.2022-030
    • Gao Haizhou: Mortágua A, Vasselon V, Oliveira R, Elias C, Chardon C, Bouchez A, Rimet R, Feio MJ, Almeida SFP. 2019. Applicability of DNA metabarcoding approach in the bioassessment of Portuguese rivers using diatoms. Ecological Indicators 106, 105470. doi: 10.1016/j.ecolind.2019.105470
  7. 7月6日: 論文紹介
    • Tatsuro Kotsuji: Iizumi T, Uno F, Nishimori M. 2012. Climate downscaling as a source of uncertainty in projecting local climate change impacts. Journal of the Meteorological Society of Japan 90B: 83-90
    • 岡崎紘也: Wacker S, Fossoy F, Larsen BM, Brandsegg H, Sivertsgard R, Karlsson S. 2018. Downstream transport and seasonal variation in freshwater pearl mussel (Margaritifera margaritifera) eDNA concentration. Environmental DNA 1: 64–73
    • 長田幸子: Van Doren BM, Horton KG, Dokter AM, Klinck H, Elbin SB, Famsworth A. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 114: 11175-11180
  8. 7月20日: 論文紹介
    • 清水孟彦 (Takehiko Shimizu): Wang X, Chen Y, Melville DS, Choi CY, Tan K, Liu J, Li J, Zhang S, Ma Z. 2022. Impacts of habitat loss on migratory shorebird populations and communities at stopover sites in the Yellow Sea. Biological Conservation, 269, doi: 10.1016/j.biocon.2022.109547
    • Song Guanyu: Qiuhong T, Xuejun Z, Jennifer AF. 2014. Extreme summer weather in northern mid-latitudes linked to a vanishing cryosphere. Nature Climate Change 4: 45-50. doi: 10.1038/NCLIMATE2065
    • 今川知美 (Imagawa Satomi): Dan MT, Boglárka MK, Alexandra T, Roland S. 2022. Identifying CO2 seeps in a long-dormant volcanic area using uncrewed aerial vehicle-based infrared thermometry: a qualitative study. Sensors 22, doi: 10.3390/ s22072719

セミナー資料 (使った資料等の保管庫)

2010 (自然共生系 合同セミナー)


自然環境科学学習必須用語


 異分野統合の環境科学事典作成を目指して
 使える環境科学事典がほしい。偏った辞典はいらない。その願いから本気でやります

2011年も続けたい

本当の意味での環境科学辞典(仮題) 企画書

書名

本当の意味での自然環境科学辞典
キャッチコピー 真の環境科学とは何かを問い理解できる辞典
著者 北海道大学大学院地球環境科学研究院 自然共生系教員 編集
ページ数 新書版300ページ以内

趣旨

 これまでの環境科学を扱う辞典は、特定研究分野から見た偏りのある辞典となってしまっている。そのような辞典は、使いづらいだけならまだしも、環境科学を理解しづらく学びづらいものとしている。執筆者らは、ゼミ等を通じ、研究分野間で同一用語が異なる意味で、逆に同一現象を異なる用語で表現されることに一因があることを理解した。たとえば、「修復」という用語は、ある分野ではrestorationの訳であり、またある分野ではremediationの訳であり、そもそも原語の意味が異なる。
 環境科学を用語の混乱に気づかないまま学んでいる人は多いはずであり、用語の統一を図ることで環境科学をより平易に理解できる辞典の潜在的な読者ニーズは高く、これらの読者層の目から鱗を落とすような最新の辞典を意図して作成する。
特徴  混乱の原因となる英語との対応関係を明らかとするため、項目には英語を併記する。
 読者が、手近に携帯して使用できる辞書を目指し、新書版する。
 図表を随所に活用し、分野間での用語の違い等を視覚的に理解できる用工夫する。
構成  50音順辞典形式をとり、見出しは300用語程度、索引項目としては1000語程度を編纂する。
スケジュール 20____年 9月 用語選定
20____年10月 執筆開始 (随時検討委員会開催)
20____年 2月 脱稿

以上よろしく検討お願いいたします。

気になったこと(言葉)の補遺


優占種・優占度 dominance
侵略的外来種 invasive alien species
春植物 Spring ephemeral

Anemone raddeana (アズマイチゲ)
Corydalis ambigua (エゾエンゴサク)
Gagea lutea (キバナノアマナ)
Scopolia japonica (ハシリドコロ)
Trillium kamtschaticum (オオバナノエンレイソウ)

指標種 Indicator species

Alnus japonica (ハンノキ)
Ulmus japonica (ハルニレ)

参考

(2010年4月30日)

Field
山崎さん撮影(無断転載. しかもトリミング)
フッター