Top
ヘッダー

(2020年1月3日更新) [ 日本語 | English ]

ナス科の作物 (Crops in Solanaceae)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

ナス (Solanum L.)

トマト
ナス
ジャガイモ

トウガラシ (Capsicum L.), peppers

トウガラシ, アヒアマリージョ, シネンセ, キダチトウガラシ(島唐辛子, 沖縄), ロコト, チャコエンセ, 等

タバコ (Nicotiana L.)

[山菜, 作物]

索引

トウガラシ (Capsicum L.)


唐辛子: 香辛料・野菜・薬

ナス (Solanum L.)


LED
LED栽培ミニトマト
LED栽培レタス

トマト (S. lycopersicum L.)

原産: アンデス山脈高原地帯

1519 エルナン・コルテス - メキシコ上陸, 種子持ち帰る

研究: ナス科のモデル植物 - ゲノム解読完了 (2012)
品種:

色: 赤系 ↔ 緑系
サイズ: マメトマト(ミニトマト) (20-30 g) < 中玉/ミディ < 大玉 (> 200 g)

ナス (S. melongena L.)

茄子/茄, 那須(ナスビ)
原産: インド東部(推定)

日本には奈良時代に記述有

栽培: 連作障害

ジャガイモ (S. tuberosum L.)

バレイショ (馬鈴薯, ジャガイモとも読む)
原産: アンデス山脈
食部: 地下茎 (根ではない) 栽培:

S. stenotomum Juz. et Bukasov, 2n = 24 (2X) ⇒ 栽培化: S. tuberosum, 2n = 48 (4X)

1570?: スペインに移入
1598 日本にオランダ人により持ち込まれる
1600s: ヨーロッパに広まる
18c末: 北海道・東北地方に移入

(農研機構 2016)

品種
chart

[ 喫煙 ]

タバコ (Nicotiana L.)


南アメリカ熱帯原産多年草 - 栽培上は1年生

嗜好料作物として利用されるのは2種
N. tabacum L. (タバコ)
5000-3000BC: 栽培起源 = アンデス山脈
15c: アメリカ大陸 → ヨーロッパ
16c: 日本渡来
1605: 阪府堺市周辺で葉煙草専用刻包丁(煙草包丁)生産開始
1612/15: 煙草喫煙・売買・耕作禁令
1614/23: 禁煙令
N. rustica L. (マルバタバコ)
フッター