Top
ヘッダー

(20**年10月8日更新) [ 日本語 | English ]

ブナ科 (Fagaceae Dumortier)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

[ エングラー体系 (Engler's syllabus)| 植物分類学 ]

[Engler's syllabus (エングラー体系)]
落葉/常緑高木(稀低木)
雌雄同株
殻斗
クリ (Castanea L.)
シイ (Castanopsis (D. Don) Spach)
ブナ (Fagus L.)
マテバシイ (Lithocarpus Blume)
コナラ (Quercus L.)

クリ (Castanea L.)


日本自生1種: C. crenata Sieb. et Zucc. (クリ)
シバグリ/ヤマグリ (柴栗/山栗): 実が栽培品種に比べ小さい - 栽培品種原種

縄文時代から食用とされた自生栗 - 現在でも、山野に自生

相馬神社御神木
フッター