Top
Header

(2015年6月9日更新) [ 日本語 | English ]

主に 統合環境調査法実習 出現種リスト






Mount Usu / Sarobetsu post-mined peatland
From left: Crater basin in 1986 and 2006. Cottongrass / Daylily

担当: 露崎史朗・根岸淳二郎・佐藤友徳 (2011-), 東 正剛・露崎史朗 (2005-2010)

実施年・場所


年度場所(宿泊)項目
鳥類魚類昆虫植物
96/08/26-30
05/08/15-19
10/09/13-17
11/06/13-17
中川
中川
天塩
中川








蛇紋岩


09 [ad hoc]札幌リスト (学内)
08/06/09-13苫小牧
06/06/24-29
07/06/23-28
12/06/25-29
大滝
大滝
大滝




13/06/24-28
14/06/30-07/04
足寄
厚岸

∇ (プランクトン)
1994*Cascades Rangeplantsforestswetlands

*: ワシントン大学植物学科実習

学名図鑑, 野外調査道具, 野外実習
昆虫, 魚類, 鳥類, 哺乳類

鳥類 bird


(× 車中から)

天塩-中川大滝苫小牧本(頁)*鳴声
カイツブリカイツブリアカエリカイツブリ11
カイツブリ10(湿原, 庁舎)水(33)キュルルル
ペリカンウミウ05/10×/1112水(33)
カワウ10×/11水(33)
コウノトリサギアオサギ05/10×/1106/07/12水(45)
カモ (ガンカモ)カモオオハクチョウ06/07/12
オオヨシガモ06/07
オシドリ11水(25)
カルガモ10(鏡沼)06/07水(12)
カワアイサ1106/07水(29)
キンクロハジロ11
スズカモ11
ハシビロガモ水(25)
ヒドリガモ06/07
マガモ10(鏡沼)06/07/1208水(25)
タカ (ワシタカ)タカトビ05/10×/1106/07/12
オオタカ10×
オジロワシ05/10×/11水(53)
チュウヒ11水(53)
ツミ06/07
トビ水(21)ピーヒャララ
ノスリ10×06/07山(51)キャー
ハチクマ12
ミサゴ10(鏡沼)/1106/07水(53)
ヨタカヨタカヨタカ山(45)キョッキョッキョッキョ (夜)
フクロウフクロウフクロウ山(45)ゴロスケホッホー (夜)
アオバズク山(45)ホッホー、ホッホー (夜)
ブッポウソウカワセミカワセミ水(19)ヒッ ヒッ ピー
キジライチョウエゾライチョウ05
チドリチドリコチドリ05水(35)
シギイソシギ1106/07/12水(37)フィ フィフィフィフィ
オオジシギ11水(39)雷のような
キアシシギ水(39)
カモメオオセグロカモメ05/10×/1106/07/12水(51)
ウミネコ1106/07/12水(16)
シロカモメ06/07
ハトハトキジバト05/10×/1106/07/1208山(19)ウー ウ オッボボ
アオバト1106/07/1208山(37)ゥワーオー ワーオ
カッコウカッコウカッコウ1106/07/12山(37)アッオー
ツツドリ1106/07/1208山(37)ポポッ ポポッ
ホトトギス12
ツルツルタンチョウ水(47)
クイナオオバン水(47)
アマツバメアマツバメアマツバメ11山(47)
ハリオアマツバメ山(47)
キツツキキツツキアカゲラ05/10(庁舎)/1106/07/1208山(35)キョッキョッ / ドラミング
クマゲラ山(35)キョーン
コゲラ0506/07/12山(35)ギィー / 弱いドラミング
ヤマゲラ山(35)
スズメツバメイワツバメ0506/07/12山(41)
ショウドウツバメ10×/11山(41)
ツバメ10×06/07/12山(17)チュチュビ繰返し ビー
ヒバリヒバリ10×/1106/07/12山(41)ピーチクパーチク
ヒヨドリヒヨドリ0506/07/1208山(19)うるさいヒーヨ キィーヨ
カワガラスカワガラス10×06/07山(43)ギョッギョッギョ
ツグミアカハラ111208山(19)キョロンキョロンチリリリ
イソヒヨドリ水(19)
コマドリ11山(29)綺麗な馬の嘶
コルリ06/07/12山(29)ヒッヒッヒ ピーチリリリ
クロツグミ06/07/12山(33)キョロキョロ 時々 ギョギョ
トラツグミ06/07山(33)悲しげなヒーヒー (夜)
ノゴマ山(41)長いピーチクパーチク
ノビタキ05/10×/1106/07/12山(41)ヒーヂ゙ャッヂャッ
ウグイスウグイス10(庁舎)/1106/07/1208山(17)ホーホケキョ
エゾセンニュウ05/11山(27)チョッピンカケタカナ (夜)
エゾムシクイ1106/07/12山(27)ヒーツーキー
オオヨシキリ06/07/12水(21)ギョギョシギョギョシ
キクイタダキ12
コヨシキリ1106/07水(21)ピピピ ギョギョチ
シマセンニュウ山(41)チージュリジュリジュリ
センダイムシクイ1106/07/1208山(27)ピヨピヨ ビィ
ヤブサメ1106/07/1208山(27)シシシシ
エナガエナガ山(23)
キバシリキバシリ山(23)チーチーチョロリチーチョロリ
メジロメジロ1108山(23)ピーチクパーチク(速)
メボソムシクイメボソムシクイ山(45)ジョリジョリ ベベ
ミソサザイミソサザイ山(29)複雑 (細い声)
ヒタキオオルリ1106/07/12山(27)ヒーリーリーリー
キビタキ1106/07/12山(27)ピリリ ··· (等々)
コサメビタキ05
ルリビタキ山(29)
ムクドリコムクドリ06/07山(31)
ムクドリ1106/07山(19)キュルキュル(群)
シジュウカラコガラ10(庁舎)06/07/12山(23)ヒチーヒチーヒチー
シジュウカラ05/10(庁舎)/1106/07/1208山(15)ツーツピー / ツピー繰返
ハシブトガラ05/10(庁舎)山(23)ピヨピヨピヨ ピーョピーョ
ヒガラ05/10(庁舎)06/07/1208山(23)ツピーツピー (細い)
ヤマガラ06/07/1208山(23)ツーツーピー ニーニーニー
ゴジュウカラゴジュウカラ05/10(庁舎)/1106/0708山(23)フィーフィーフィーピリリリリ
ホオジロアオジ1106/07/1208山(17)ピーチクパーチク(緩)
オオジュリン12山(21)
クロジ山(23)ポイ ピーョピーョポー
シマアオジ11山(41)
ホオジロ05/10(庁舎)/1106/07/12山(17)
セキレイキセキレイ1106/07水(19)チチッ チチッ
ツメナガセキレイ11水(19)
ハクセキレイ05/10×/1106/07/12水(19)
ビンズイ12山(29)
アトリイカル06/07/12山(25)キィーコーキィー(大)
カワラヒワ05/10(鏡沼)/1106/07/1208山(15)キリリコロロ ギュイーン
シメ0506/07山(15)チェッ ツェッ
ベニマシコ05/1106/07山(25)フィッフィホ
ハタオリドリスズメ05/1106/07/12山(15)チュンチュン
ニュウナイスズメ06/0708山(29)チュンチュン(山中)
モズモズ山(17)ビービーキキキキ 高鳴
カラスハシブトガラス05/10(随所)/1106/07/1208山(21)アーアー
ハシボソガラス05/10(サロベツ)/1106/07/1208山(21)グァーグァー(嗄声)
ミヤマカケス08山(37)
ハヤブサハヤブサコチョウゲンボウ山(49)

リスト作成協力者
2005-2008 = 泉 洋江, 2010 = 椎名佳の美, 2011 = 油田照秋, 2012 = 乃美大佑
*: 油田照秋. 2011. 道北で見られる野鳥リスト(初夏). 無断転載・複製厳禁

昆虫相 fauna


 少なくとも目レベルで確実に分けられることを目標とする。

2008年 (苫小牧)

アブ類, ハエ類, アリ類, ゴミムシ類, オサムシ類, ヒラタシデムシ, スナゴミムシダマシ, ハネカクシ類, クサカメムシ, バッタ類, シャクガ類, シロオビヒメヒカゲ, ヤマキマダラヒカゲ, サトキマダラヒカゲ, ダイミョウハネカクシ

2005, 2010, 2011年 (天塩)

昆虫/節足動物

鱗翅目 (チョウ目): カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、エゾスジグロシロチョウ、モンキチョウ
膜翅目 (ハチ目)
双翅目 (ハエ目)
鞘翅目 (コウチュウ目)
半翅目 (カメムシ目)
直翅目 (バッタ目)

蜻蛉目 (トンボ目): ウスバキトンボ、マユタテアカネ、キバネモリトンボ、シオカラトンボ、アキアカネ、ノシメトンボ
革翅目 (ハサミムシ目)・等脚類 (ワラジムシ目)・クモ目・ザトウムシ目

同定されてないが、ハムシ、サシガメ、カメムシ、ハサミムシ、アリ、ハチ、ハエ、アブ、カ、キリギリス等が採集された。

2005 = 平田♂

水生昆虫

2011年 (中川)

十四線川で確認された水生昆虫一覧

Order Ephemeroptera カゲロウ
Leptophlebiidae トビイロカゲロウ

Paraleptophlebia トビイロカゲロウ

Ephemeridae モンカゲロウ

Ephemera モンカゲロウ

E. strigata フタスジモンカゲロウ
E. japonica モンカゲロウ

Ephemerellidae マダラカゲロウ

Ephemerella マダラカゲロウ
Drunella トゲマダラカゲロウ

D. ishiyamana ヨシノマダラカゲロウ
D. sacharinensis フタマタマダラカゲロウ

Cincticostella トウヨウマダラカゲロウ

C. orientalis チェルノバマダラカゲロウ
C. nigra クロマダラカゲロウ

Baetidae コカゲロウ

Baetis コカゲロウ

Heptageniidae ヒラタカゲロウ

Epeorus ヒラタカゲロウ
Rhithrogena ヒメヒラタカゲロウ

Order Odonta トンボ
Order Plecoptera カワゲラ
Perlodidae アミメカワゲラ
Perlidae カワゲラ
Nemouridae オナシカワゲラ
Order Trichoptera トビケラ
Rhyacophilidae ナガレトビケラ

Rhyacophila ナガレトビケラ

Stenopsychidae ヒゲナガカワトビケラ

Stenopsyche ヒゲナガカワトビケラ

S. marmorata ヒゲナガカワトビケラ

Phryganeidae トビケラ

Semblis ゴマフトビケラ (成虫)

Brachycentridae カクスイトビケラ

Micrasema マルツツトビケラ

Lepidostomatidae カクツツトビケラ

Lepidostoma カクツツトビケラ

Limnephilidae エグリトビケラ

Dicosmoecus ジョウザンエグリトビケラ
Nothopsyche ホタルトビケラ

Order Diptera ハエ
Tipulidae ガガンボ
Chironomidae ユスリカ
Caratopogonidae ヌカカ (成虫)

同定者: 渡辺のぞみ

参考文献

  • 川合禎次・谷田一三. 2005. 日本産水生昆虫 -科・属・種への検索. 東海大学出版会
  • 丸山博紀・高井幹夫. 2000. 原色・川虫図鑑. 全国農村教育協会

植物


エングラー体系 Engler's syllabus

天塩-サロベツ


海浜植生 seashore vegetation

小平番屋前海岸 (2005)
Rosa
アカザ, オカヒジキ, オニノゲシ, オニハマダイコン, クサフジ, スベリヒユ, ハイミチヤナギ, ハマアカザ, ハマナス, ハマニガナ, ハマヒルガオ
天塩川河口海岸 (2005, 2011)
イワベンケイ, エゾカンゾウ, エゾスカシユリ, エゾニュウ, エゾノギシギシ, エゾノコギリソウ, エゾノヨロイグサ, エゾヌカボ, オオバコ, オオバナミミナグサ, オオヤマフスマ, オオヨモギ, オカヒジキ, オニハマダイコン, カモガヤ, カラマツソウ, カワラナデシコ, キバナノカワラマツバ, キンミズヒキ, クサフジ, クマイチゴ, コウゾリナ, コウボウムギ, コガネギク, シロヨモギ, シロザ, シロヨモギ, スイバ, センダイハギ, ツリガネニンジン, ツルウメモドキ, ナワシロイチゴ, ハマエンドウ, ハマオトコヨモギ, ハマツメクサ, ハマナス, ハマニガナ, ハマニンニク(テンキグサ), ハマハタザオ, ハマヒルガオ, ハマボウフウ, ヒメイズイ, ヒメスイバ, ヘラオオバコ, ホソムギ, ヤマブドウ
鏡沼(海岸) (2010)
アキグミ, アブラガヤ, エゾカンゾウ, エゾゴマナ, オオヤマフスマ, オニハマダイコン, カシワ, カモガヤ, カワラナデシコ, クサフジ, コウボウムギ, シロヨモギ, ススキ, スズメノカタビラ, ツリガネニンジン, ナミキソウ, ノコギリソウ, ノハナショウブ, ハチジョウナ, ハマエンドウ, ハマナス, ハマニガナ, ハマニンニク, ハマヒルガオ, ハマボウフウ, ヒメムカシヨモギ, ミズナラ, メヒシバ, ヨシ

サロベツ湿原 Sarobetsu mire

上さろべつ (2005) [ビジターセンター2011年泥炭採掘跡地に移転]
エゾカンゾウ, ヌマガヤ, ホロムイツツジ, ヒメシャクナゲ, ホロムイイチゴ, モウセンゴケ, ツルコケモモ, ガンコウラン, ネジバナ, エゾイソツツジ, ノリウツギ, ハイイヌツゲ, ハンノキ, シラカンバ, ヤマドリゼンマイ
ミズゴケ類
下さろべつ (2005/2010)
ウメバチソウ, エゾアザミ, エゾカンゾウ, オオブキ, クサヨシ, クサレダマ, ジュンサイ, タチギボウシ, ツルコケモモ, ガンコウラン, サワギキョウ, ジュンサイ, ドクゼリ, ナガボノシロワレモコウ, ヌマガヤ, ネムロコウホネ, ノリウツギ, ハンゴンソウ, ハンノキ, ヒメイ, ヒルムシロ, ホソバノキソチドリ, ホロムイイチゴ, モウゼンゴケ, ヤマドリゼンマイ, ミツガシワ, ヤチヤナギ, ヨシ, ブタナ
泥炭採掘跡地 (2005/2010/2011)
イソツツジ, ウド, ウスベニツメクサ, エゾアカバナ, エゾカンゾウ, エゾノミツモトソウ, エゾリンドウ, オオアワガエリ, オオイヌタデ, オオケタデ, オオヤマフスマ, カキツバタ, ガンコウラン, キレハイヌガラシ, クサレダマ, ケイヌビエ, コガネギク, コツマトリソウ, コバイケイソウ, ショウジョウバカマ, タイヌビエ, タチギボウシ, タテヤマリンドウ, タニソバ, タラノキ, ツルコケモモ, チチマザサ, ナガボノシロワレモコウ, ヌマガヤ, ノリウツギ, ハイイヌツゲ, ハンノキ, ヒメイ, ヒメシャクナゲ, ヒメムカシヨモギ, ホロムイイチゴ, ホロムイスゲ, ホロムイツツジ, ホロムイリンドウ, ママコノシリヌグイ, ミカヅキグサ, ミズバショウ, ミゾソバ, ミツガシワ, ミツバオウレン, モウセンゴケ, ヤチスゲ, ヤチヤナギ, ヤマウルシ, ヤマドリゼンマイ, ヨシ, ワタスゲ
イボミズゴケ
兜沼 (2005)
エゾイタヤ, エゾカンゾウ, エゾノバッコヤナギ, オオウバユリ, オオヨモギ, エゾアザミ, ツユクサ, ナガバヤナギ, ナナカマド, ノリウツギ, ハルニレ, ヒロハノキハダ, ミズナラ, ヤチダモ

演習林

随所(含む庁舎周辺) (毎年)
アカエゾマツ, アズキナシ, イヌタデ, ウダイカンバ, ウド, エゾイタヤ, エゾニュウ, エゾノバッコヤナギ, エゾヤマザクラ, オオイタドリ, オオカメノキ, オオヨモギ, オニグルミ, オニシモツケ, カスミザクラ, カツラ, カラマツ, コクワ, シナノキ, シラカンバ, ズダヤクシュ, ダケカンバ, タニウツギ, ツタウルシ, ツルアジサイ, ツルウメモドキ, トチノキ, トドマツ, ドロノキ, ナガバヤナギ, ナナカマド, ノビネチドリ, ノリウツギ, ハンゴンソウ, ヒメシラスゲ, ミズキ, ヤチダモ, ヤマグワ
逸出帰化・雑草
アカツメクサ, アレヂマツヨイグサ, エゾノギシギシ, オオカサモチ, オオバコ, カラマツ, キバナノカワラマツバ, キンエノコロ, ギンドロ, セイヨウタンポポ, セイヨウワサビ, ニセアカシア, ハルガヤ, ヒメスイバ, ヒメツルニチニチソウ, ヒレハリソウ, ヘラオオバコ, ブタナ, ワスレナグサ
演習林-パンケ山 (2005)
アマチャヅル, イチイ, オヒョウ, コクワ, チョウセンゴミシ, ミヤママタタビ, ヤマハハコ, ツバメオモト, オトギリソウ, ハイマツ, ヨツバムグラ, エゾマツ, ゴゼンタチバナ, ハナヒリノキ, コガネギク, タカネニガナ, ヤマブキショウマ, ベニイタヤ, オオハナウド, エゾノカワヤナギ, イケマ, エゾゴマナ, エゾイラクサ, ホオノキ, ハリギリ, エゾニワトコ, エゾノミツモトソウ, アカソ, ヤマハッカ, ミヤマイボタ, コシアブラ, クルマバソウ
八つ目の沢 (2005)
オニシモツケ, ケヤマハンノキ, ヨツバヒヨドリ, エゾトリカブト, ホザキナナカマド, キツリフネ, ヨブスマソウ, ギョウジャニンニク, レンプクソウ, ツボスミレ
水生昆虫実習の沢 (20011
イケマ, エゾイラクサ, オドリコソウ, カラフトダイコンソウ, ギョウジャニンニク, ノブキ
蛇紋岩帯 (2010/2011)
アイヌタチツボスミレ, アカミノイヌツゲ, アキカラマツ, アスヒカズラ, アポイタチツボスミレ, イソツツジ, イワアカバナ, ウメバチソウ, エゾイチゲ, エゾイチゴ, エゾタカネニガナ, エゾミヤマクワガタ, エゾネギ, エゾノカワヤナギ, エゾノキヌヤナギ, エゾノサワアザミ, エゾレイジンソウ, エゾマツ, エゾリンドウ, オオアマドコロ, オオカメノキ, オクエゾサイシン, オトギリソウ, オヒョウ, カタバミ, キタコブシ, キタノコギリソウ, キツネヤナギ, キンミズヒキ, クマイザサ, クルマバツクバネソウ, ケヤマハンノキ, ゲンノショウコ, コウゾリナ, コウリンタンポポ, コガネギク, ゴゼンタチバナ, コメガヤ, コヨウラクツツジ, サラシナショウマ, シシガシラ, ショウジョウバカマ, シロウマアサツキ, セイヤブシ, タラノキ, チシマザサ, チシマセンブリ, チシマフウロ, ツバメオモト, ツマトリソウ, ツルアジサイ, ツルリンドウ, テシオコザクラ, テシオソウ, トリアシショウマ, ナガボノシロワレモコウ, ネジバナ, ハイキンポウゲ, ハイマツ, ハクサンチドリ, ハナヒリノキ, ハリギリ, ヒメナツトウダイ, ヒヨドリバナ, ヒロハツリバナ, ヒロハノキハダ, ヒロハヘビノボラズ, ホオノキ, ホザキナナカマド, ホソバトリカブト, ホソバノエゾノコギリソウ, マイズルソウ, ママコノシリヌグイ, マルバシモツケ, ミズキ, ミズナラ, ミゾソバ, ミヤマザクラ, ミヤマスミレ, ミヤマハンノキ, モウセンゴケ, ヤマウルシ, ヤマハハコ, ヤマブキショウマ, ヤマブドウ, ヨツバヒヨドリ, リョウメンシダ, ワラビ
_______________

途中

ミズナラ巨木 (2011)
エゾアザミ, エゾイタヤ, オオウバユリ, オオバタケシマラン, オオハナウド, オヒョウ, カラマツソウ, ギンリョウソウ, クサソテツ, クマイザサ, クルマバソウ, コンロンソウ, シナノキ, タラノキ, ツクバネソウ, ツタウルシ, ツボスミレ, ハウチワカエデ, ハリギリ, ホオノキ, ヤチダモ, ヤブニンジン, ユキザサ, ヨブスマソウ
ザリガニの沢 (2011)
アレヂマツヨイグサ, エゾノカワヤナギ, エゾノキヌヤナギ, オオイタドリ, オオブキ, オオヨモギ, オニグルミ, カモガヤ, キンミズヒキ, ケヤマハンノキ, シャク, タチツボスミレ, トリアシショウマ, ナガバヤナギ, ヌマハリイ, ハルザキヤマガラシ, ミズガヤツリ, ミズナラ, ミゾソバ, ミヤマシラスゲ, ヨシ

作成: 05 = 西村・小山, 10-11 = 保要・実吉

苫小牧


08/06/09-13, 12/06/25

植物

演習林内

アズキナシ, イケマ, イヌガンソク, エゾアザミ, エゾゴマナ, オオバコ, オオブキ(アキタブキ), オシダ, イヌコリヤナギ, イボタノキ, イワミツバ, ウダイカンバ, ウド, エゾアザミ, エゾイタヤ, エゾイラクサ, エゾウコギ, エゾニワトコ, エゾノバッコヤナギ, エゾマツ, オオアマドコロ, オオアレチノギク, オオアワダチソウ, オオイタドリ, オオバコ, オオモミジ, オオヨモギ, オククルマムグラ, オトギリソウ, ガマズミ, カラマツ, カラマツソウ, キジムシロ, キタコブシ, キツリフネ, クサノオウ, クマイチゴ, クリンソウ, ゲンノショウコ, コウヤワラビ, コウライテンナンショウ, コクワ, コシアブラ, コマユミ, コンロンソウ, サワシバ, シナノキ, シラカンバ, スズメノヤリ, ズダヤクシュ, ズミ, セイヨウタンポポ, セントウソウ, ダイコンソウ, タガネソウ, タチツボスミレ, チョウセンゴミシ, ツタウルシ, ツルアジサイ, ツルウメモドキ, ツルニガクサ, トチノキ, ドロノキ, ナガバヤナギ, ナガボノシロワレモコウ, ナナカマド, ナニワズ, ニシキギ, ヌスビトハギ, ヌマゼリ, ノゲシ, ノブキ, ノリウツギ, ハシドイ, ハタザオ, ハリギリ, ハルニレ, ハンゴンソウ, ヒメスイバ, ヒロハノキハダ, ヒロハノヘビノボラズ, フッキソウ, ベニイタヤ, ホオノキ, ホガエリガヤ, ホザキシモツケ, マイヅルソウ, マンネンスギ, ミズキ, ミズナラ, ミズヒキ, ミチヤナギ, ミミコウモリ, ミミナグサ, ミヤコザサ, ミヤマエンレイソウ, ミヤマスミレ, ミヤママタタビ, モミジガサ, ヤチダモ, ヤブニンジン, ヤマウルシ, ヤマグワ, ヤマナラシ, ヤマブキショウマ, ヤマブドウ, ユキザサ, ヨブスマソウ, ワラビ

ウトナイト沼

アキノウナギツカミ, アキノキリンソウ, イヌエンジュ, イヌガラシ, エゾノイワハタザオ, エゾノカワラマツバ, エゾノコリンゴ, エゾヤマザクラ, カンボク, クサフジ, クロミノウグイスガグラ, コウゾリナ, シオガマギク, ススキ, タチギボウシ, ナガハグサ, ナワシロイチゴ, ノコギリソウ, ハマハタザオ, ヒメイズイ, ホロムイリンドウ, ミヤマザクラ, (ヤチ)ハンノキ, ヤナギタンポポ, ヤナギトラノオ, ヤマニガナ, ヨシ

樽前山

ウコンウツギ, ウラジロタデ, エゾイソツツジ, オガラバナ, ガンコウラン, ギンリョウソウ, コケモモ, シラカンバ, シラタマノキ, ダケカンバ, タルマエソウ, ノリウツギ, ハナヒリノキ, ヒカゲノカズラ, ヒメスゲ, マルバシモツケ, ミネヤナギ, ミヤマハンノキ, モウセンゴケ

大滝


作成者: 植物(西村・江川・小山・野村)

植物

実施期間:
2006.6.24-29, 2007.6.23-28, 2012.6.25-29

セミナーハウス周辺(名水亭-長流川)
木本
アカエゾマツ(植栽)
アズキナシ
イヌエンジュ
イヌコリヤナギ
ウダイカンバ
エゾイタヤ(イタヤカエデ)
エゾニワトコ
エゾノキヌヤナギ
エゾノバッコヤナギ
エゾマツ
エゾヤマザクラ
オオカメノキ
オオモミジ
オニグルミ
カラマツ
クマイチゴ
ケヤマハンノキ
コクワ
サワシバ
シナノキ
シラカンバ
ツルアジサイ
ツルウメモドキ
トドマツ(植栽)
ドロノキ(ドロヤナギ)
ナガバヤナギ(オノエヤナギ)
ナナカマド
ナワシロイチゴ
ニガキ
ニセアカシア
ノリウツギ
ハウチワカエデ
ハシドイ
ハリギリ
ハルニレ
フッキソウ
ベニイタヤ(アカイタヤ)
マユミ
ミズキ
ミズナラ
ミヤママタタビ
ヤチダモ
ヤマグワ
ヤマブドウ
草本
アオスゲ
アカツメクサ(ムラサキツメクサ)
アブラガヤ
アマチャヅル
アマニュウ
アレヂマツヨイグサ
イ(ヒメイ)
イヌガンソク
ウシハコベ
ウド
ウマノミツバ
エゾアザミ
エゾイラクサ
エゾゴマナ
エゾニュウ
エゾヌカボ
エゾノギシギシ
エゾノミツモトソウ
オオアワガエリ(チモシー)
オオアワダチソウ
オオイタドリ
オオウバユリ
オオカサスゲ
オオバコ
オオバセンキュウ
オオブキ(アキタブキ)
オオヨモギ(エゾヨモギ)
オニシモツケ
オニタビラコ
オニノヤガラ
オランダミミナグサ
ガガイモ
カキネガラシ
カタバミ
ガマ
カモガヤ
キンミズヒキ
クサノオウ
クルマバソウ
クレソン(オランダガラシ)
ゲンノショウコ
コウゾリナ
コウライテンナンショウ
コウリンタンポポ
コゴミ(クサソテツ)
ジシバリ
シラネワラビ
シロザ(アカザ)
シロツメクサ
スギナ
ススキ
スズメノカタビラ
スズメノヤリ
セイヨウオオバコ
セントウソウ
ゼンマイ
ダイコンソウ
チドメグサ
トゲチシャ
トキワハゼ
ナガハグサ
ナガバギシギシ
ナガボノシロワレモコウ
ノウゴウイチゴ
ノボリフジ(ルピナス)
ハンゴウソウ
ハルガヤ
ハルサキヤマガラシ
ヒナギク(デイジー)
ヒメジョオン
ヒメスイバ
ヒメムカシヨモギ
ヒルガオ(逸出)
ブタナ(タンポポモドキ)
フランスギク
ヘラオオバコ
ホソバノヨツバムグラ
ミゾソバ
ミミコウモリ
ミヤコグサ
ムシトリナデシコ
ヤエムグラ
ヤブジラミ
ヤブニンジン
ヤブマメ
ユキザサ
ヨツバヒヨドリ
ヨシ
ヨブスマソウ
ワラビ
大滝AMEDAS
12/6/27
アカツメグサ
イヌムギ
オオバコ
コンロンソウ
コウリンタンポポ
スギナ
ブタナ
シロツメグサ
ハルガヤ
ヒメスゲ

長流川河口
2006.6.25, 2007.7.25, 2012.6.27
木本
アキグミ
イタチハギ
エゾノカワヤナギ
エゾヤマハギ
オニグルミ
ツルウメモドキ
ナワシロイチゴ
ニセアカシア
ノイバラ
ノブドウ
ハマナス
マタタビ
ヤマグワ
草本
アカザ
アカツメクサ
アキノノゲシ
アレヂマツヨイグサ

イブキボウフウ
イワミツバ
ウンラン
エゾノギシギシ
オオヨモギ
オカヒジキ
オトコヨモギ
オランダミミナグサ
オロシャギク
カモガヤ
キショウブ
クサフジ
コウゾリナ
コウボウムギ
コヌカグサ
ゴボウ
コメツブツメクサ
シロヨモギ
スギナ
オランダキジカクシ
セイヨウノコギリソウ
タチイヌノフグリ
タチオランダゲンゲ
ツルマンネングサ
ツルヨシ
トゲチシャ
ナズナ(ペンペングサ)
ノラニンジン(2012)
ハマアカザ
ハマエンドウ
ハマダイコン
ハマニガナ
ハマニンニク(テンキグサ)
ハマハタザオ
ハマヒルガオ
ハマボウフウ
ヒメムカシヨモギ
ビロードモウズイカ
ホタルイ
マルバトウキ
ミチヤナギ
ムシトリナデシコ
ヤエムグラ
ヤナギトラノオ
ヤマアワ
ヨシ
ワスレナグサ
有珠山
2006.6.27, 2007.6.26
木本
アカエゾマツ(植栽)
アキグミ
アズキナシ
イチイ
イヌコリヤナギ
イボタノキ
ウダイカンバ
エゾイタヤ
エゾニワトコ
エゾノカワヤナギ
エゾノバッコヤナギ
エゾヤマザクラ
エゾヤマハギ
カツラ
ガマズミ
カラマツ
カンボク
キンドロ(砂防)
ケヤマハンノキ
コクワ
タラノキ
ドロノキ
ナガバヤナギ
ニセアカシア
ハリギリ
ハルニレ
Magnolia ホオノキ
ベニイタヤ
ミズキ
ミネヤナギ
ミヤマハンノキ
ヤマグワ
ヤマブドウ
草本
アマニュウ
アレヂマツヨイグサ
イタドリ
ウド
ウンラン
エゾゴマナ
エゾチドリ
エゾニュウ
エゾノコンギク
オオブキ
オオヨモギ
ウド
エゾアザミ
エゾイラクサ
エゾニュウ
オオイタドリ
オオバコ
オトコエシ
オトコヨモギ
オニシモツケ
カモガヤ
カラフトダイコンソウ
クサソテツ(コゴミ)
クルマバソウ
コウリンタンポポ
コケイラン
コメツブツメクサ
サイハイラン
ササバギンラン
シロツメクサ
シナガワハギ
スギナ
ススキ
スズメノヤリ
セイヨウノコギリソウ
ヌスビトハギ
ノビネチドリ
ハイキンポウゲ
ハンゴンソウ
ヒメスイバ
ヒメスゲ
ヒメムカシヨモギ
ヒレハリソウ
ヒロハクサフジ
ベニバナイチヤクソウ
ホウチャクソウ
マンネンスギ
ミヤコグサ
ミヤマクワガタ
ヤブジラミ
ヤブマメ
ヤマニガナ
ヤマハタザオ
ヤマハハコs
ニセコ
2006.6.26, 2007.6.24:
ニセコ(羊蹄山麓)
木本
イヌエンジュ
エゾヤマザクラ
エゾニワトコ
オオカメノキ
オオバボダイジュ
オガラバナ
オニグルミ
オヒョウ
カツラ
サワシバ
シナノキ
タニギキョウ
ツタウルシ
ツルアジサイ
トドマツ
ナナカマド
ハイイヌガヤ
ハウチワカエデ
ハリギリ
ヒロハノキハダ
ホオノキ
ミズキ
ミヤママタタビ
ヤマウルシ
ヤマブドウ
草本
エゾアザミ
エゾスカシユリ
オニシモツケ
クサノオウ
クルマバソウ
コウライテンナンショウ
コナスビ
シシガシラ
タチツボスミレ
トクサ
トリアシショウマ
ナズナ
ヒトリシズカ
マイヅルソウ
ヤマニガナ
ヤマブキショウマ
ユキザサ
ヨツバヒヨドリ
ヨブスマソウ
レンプクソウ
イワオヌプリ
木本
アカモノ
イヌコリヤナギ
ウコンウツギ
ウダイカンバ
エゾイソツツジ
エゾイタヤ
エゾヤマザクラ
オオカメノキ
オオバスノキ
オガラバナ
ガンコウラン
カンボク
キツネヤナギ
コシアブラ
シラカンバ
シラタマノキ
ダケカンバ
タニウツギ
ツタウルシ
ツルアジサイ
ドロノキ
ナナカマド
ハイマツ
ホオノキ
マルバシモツケ
マユミ
ミネカエデ
ミヤマハンノキ
ムラサキヤシオ
ヤマウルシ
草本
アレヂマツヨイグサ
ウラジロタデ
エゾイチゲ
エゾノリュウキンカ
エンレイソウ
オオアワダチソウ
オオイタドリ
オオバタケシマラン
オトギリソウ
オニシモツケ
カモガヤ
カラフトダイコンソウ
ササバギンラン
シシガシラ
ススキ
チシマザサ
ツクバネソウ
ツバメオモト
ノウゴウイチゴ
ノビネチドリ
ノミノツヅリ
ハクサンチドリ
ハルガヤ
ヒカゲノカズラ
ヒメスイバ
ヒメスゲ
ブタナ
マイヅルソウ
ミズバショウ
ミヤコグサ
ミヤマアキノキリンソウ
ムシトリナデシコ
ヤマハハコ
ヤマブキショウマ
ヨツバヒヨドリ
神仙沼
木本 アカエゾマツ
ウコンウツギ
ウワミズザクラ
エゾイチゴ
エゾユズリハ
エゾヤマザクラ
エゾヤマハギ
オオカメノキ
オオバスノキ
オガラバナ
クロツリバナ
コシアブラ
コヨウラクツツジ
シナノキ
ダケカンバ
チシマザクラ
チングルマ
ツタウルシ
ツノハシバミ
ツルアジサイ
ツルコケモモ
ツルシキミ
ナナカマド
ハイイヌツゲ
ハイマツ
ハウチワカエデ
ハナヒリノキ
マユミ
ミズナラ
ミネカエデ
ムラサキヤシオ
草本 イヌガンソク
エゾイチゲ
コウホネ
ザゼンソウ
サワギキョウ
ショウジョウバカマ
ゼンテイカ
ゼンマイ
タチギボウシ
ツクバネソウ
ツマトリソウ
ツルアリドオシ
トクサ
ナガボノシロワレモコウ
ヌマガヤ
ハクサンチドリ
ヒオウギアヤメ
ヒルムシロ
ホロムイイチゴ
ホロムイスゲ
マイヅルソウ
ミズバショウ
ミタケスゲ
ミツガシワ
ミツバオウレン
モウセンゴケ
ヤチスゲ
ヤマドリゼンマイ
ワタスゲ

厚岸


植物

作成者: 宮崎紀子 (そのうち足寄も)

【海浜植生】
カモガヤ
ハマニンニク
ハマエンドウ
オオウシノケグサ
オトコヨモギ
マルバトウキ
ノミノツヅリ
ハマハタザオ
ハマボウフウ
ハチジョウナ
シロヨモギ
コウボウムギ
ハマニガナ
キバナノカワラマツバ
エゾノヨロイグサ
オオハナウド
ハマナス
【厚岸臨海実験所周辺】
ミヤマハンノキ
ケヤマハンノキ
キレハイヌガラシ
ホザキシモツケ
ヨブスマソウ
ミミコウモリ
シウリザクラ
ハンゴンソウ
オオウバユリ
イラクサ
マタタビ
ミヤママタタビ
バイケイソウ
サワシバ
ウダイカンバ
ヤマブキショウマ
エゾヘビイチゴ
ミツバ
エゾノキヌヤナギ
アメリカオニアザミ
ブナ (Fagus crenata)
オオブキ
【釧路地方気象台周辺】
アレチマツヨイグサ
コウゾリナ
エゾオオバコ
カラフトダイコンソウ
エゾノミツモトソウ
ハマベンケイソウ

カキツバタ
エゾカンゾウ
コウリンタンポポ
ヒレハリソウ
ハルサキヤマガラシ
マツヨイセンノウ
ホソノゲムギ
ノボロギク
【釧路湿原周辺】
クマイザサ
ヤマグワ
カラマツソウ
エゾアザミ
オオバコ
ツタウルシ
ヤマブキショウマ
ミヤマシシウド
エゾヤマハギ
オオアマドコロ
ウド
シナノキ
オオバナノエンレイソウ
ワラビ

コウヤワラビ
ツルウメモドキ
エゾヤマザクラ
ヒオウギアヤメ
エゾノバッコヤナギ
ナガバヤナギ
イヌコリヤナギ
ネコヤナギ
タチヤナギ
【随所-道中みかけたもの】
ブタナ
イボタノキ
クサヨシ
イチョウ
ヒメジョオン
ニワウルシ
プラタナス
ナナカマド
カラスノチャヒキ
キンロバイ
タチアオイ
ヤマブドウ
アレチマツヨイグサ

シロバナシナガワハギ
シロツメクサ
ムラサキツメクサ
ヨモギ
ギンドロ
タチイヌノフグリ
トドマツ
カラマツ
シラカンバ
ホオノキ
オオアワダチソウ
イタチハギ
コロラドトウヒ
フランスギク
ヒメスイバ
エゾノギシギシ
オニノゲシ
ナガハグサ
ツルアジサイ
キバナノコウリンタンポポ
オオカワズスゲ
ウツボグサ
センダイハギ

厚岸

"別寒辺牛湿原" 施設案内
Facilities Guide in "Bekanbeushi Marsh"
カヌー湿原探訪のマナー

  • 湿原はこわれやすい自然です。厚岸町は別寒辺牛湿原・厚岸湖をラムサール条約登録湿地として保護に努めていますが、湿原を踏みあらすことなく、湿原のすばらしさ、不思議さを理解し、自然を汚したりこわしたりしない心を育てるため、カヌーによる湿原の観察学習を援助する施設を三箇所つくりました。
  • 施設以外のところからカヌーに乗ったり降りたりすると、湿原を踏みあらしてしまうだけでなく、河岸が崩れたり、下流ではタンチョウに迷惑をかけたりする恐れがあります。
  • 毎年春(5月)の調査で、カヌーによる川下りがタンチョウの子育てに重大な障害があると判断した時は、施設の閉鎖や下流でのカヌーの自粛を呼びかけることがあります。
  • 別寒辺牛湿原には自然のままの河川や貴重な動植物の生態系が残されています。湿原にはカヌーで入るときにも、十分な注意が必要です。初めての人は、まず下流の水鳥観察館に戻って講習を受け、湿原下りのライセンスを取得しましょう。
  • 施設の中にはゴミ箱がありません。ゴミの散乱は野生動物の生態系を乱すだけでなく自然破壊につながります。ゴミはすべて持ち帰りましょう。

(2014年7月3日)


プランクトン
Actinoptychus senarius
Chaetoceros affinis
Chaetoceros contortus
Chaetoceros didymus
Coscinodiscus radiatus
Dactyliosolen fragilissimus
Dictyocha speculum
Dinophysis fortii
Dinophysis mitra
Dinophysis norvegica
Dinophysis rotundata
Eutintinnus tubulosus
Eutintinnus sp.
Favella ehrenbergi
Leptocylindrus danicus
Licomophara sp.
Navicnla sp.
Neocalanus sp.
Nitzschia longissima
Pleurosigma sp.
Protoceratium reticulatum
Protoperidinium pallidum
Pseudo-nitzschia sp.
Synedra sp.
Tintinnopsis beroidea
Volvox sp.

Astacidae (ザリガニ), crayfish
全胸脚坐節鍵爪欠落
性的2形成無
3属
Astacus: A. astacus, A. leptodactylus
Austropotamobius: A. pallipes, A. torrentium
Pacifastacus: 北半球淡水産

P. leniusculus, P. trowbridgii or P. leniusculus trowbridgii ウチダザリガニ, Signal crayfish: 食用として導入 → 帰化

Cambaridae (アメリカザリガニ)
11属

Cambaroides japonicus ニホンザリガニ, 在来種
Procambarus clarkii アメリカザリガニ, 食用ガエルの餌として導入 → 道にも定着

ザリガニ採取
  • 判別ポイント → 第一胸脚(はさみ)の可動肢に白い斑点
  • 外来種
  • 特定外来種
定量調査
  • 対象の「量的」な意味に注目し測定する調査。濃度、密度等
  • 数値を様々な観点から比較できる(サイト間、季節間)。再現性も高い(科学論文の重要な部分)
  • 河川では、生息密度や単位努力量あたりの捕獲数(Catch Per Unit Effort, CPUE)等の測定が定量調査にあたる
  • 生息密度の方が厳密(定量性の度合い)
頭・体を使う
  • 影響 → 考察
  • 生息場所(微生息場所) → 仮説検証可能
  • 採取する
  • CPUE計算
フッター