Top
ヘッダー

(2021年6月15日更新) [ 日本語 | English ]

昆虫 (insect)






有珠山 / サロベツ泥炭採掘跡
1986年, 2006年の有珠山火口原. ワタスゲ・エゾカンゾウ

節足動物門 (Phylum Arthropoda)
汎甲殻類 (Pancrustacea)
六脚亜門 (Hexapoda) ≈ 昆虫 (s.l.)
昆虫綱 (Class Insecta): 種数最大、石炭紀以降
頭部 + 胸部(+ 肢) + 腹部の3部からなる
頭部: 6節。触角1対、複眼1対、単眼3個、intercalary、大顎1対、小顎1-2対
胸部: 3体節。歩脚3対、第2、第3胸節に1対づつの翅
腹部: 11体節(後方は退化した種もある) + 尾節 (5 + 6 + 尾節 = 甲殻類起源)

第11節に尾角cercusという附属肢もつ

生活史

Ametabola (不変態類/無変態類): 卵 egg → 幼虫 larva/成虫 imago
Hemimetabola (不完全変態類): 卵 → 幼虫 → 若虫 nymph → 成虫
Holometabola (完全変態類): 卵 → 幼虫 → 蛹 pupa, chrysalis → 成虫

多化性: 1年に何度も世代を繰り返し成虫になる性質(年1化: 1年に1回成虫になる, 年2化: 2回成虫になる)
bee

[六大目, 害虫] [統合環境調査法実習 (出現種リスト)]

bee
図. ミツバチ Apis mellifera L.
A. 成虫(worker) 側面図 a. 頭部, b. 胸部, c. 腹部, 1. 単眼ocellus, 2. 複眼compoundeye, 3. 触角 antenna, 4. 上唇 labrum, 5. 大顎 mandible, 6. 小顎 maxilla, 7.下唇中台 labial glossa, 8. 前翅 fore wing, 9. 後翅 hind wing, 10. 気門 spiracies, 11. 前脚(脛節) fore-leg, tibia 12. 中脚(腿節) mid-leg, femur 13-17. 後脚 hind-legs 13. 基節coxa, 14. 転節 trochanter, 15. 腿節 femur, 16. 脛節 tibia, 17. フ節 tarsi, 18. 腹部脊板 abdominal terga, 19. 腹部腹板 abdominaI sterna, B. 成熟幼虫, C. 蛹 (共に側面図) (坂上昭一図)
索引

(order)


: 六大目:最低限知るべき目

六脚亜門 Subdivision Hexapoda

内顎綱 Class Entognatha

無変態
双尾(コムシ) Ordeer Diplura
原尾(カマアシムシ) Ordeer Protura
粘管(トビムシ) Order Collembola

昆虫 Class Incecta (外顎綱 Ectognatha), Incecta, s.s.

古顎(イシノミ) Order Archaeognatha
総尾(シミ) Order Thysanura
蜉蝣(カゲロウ) Order Ephemeroptera
蜻蛉(トンボ) Order Odonata
日本約200種類
不完全変態: 幼虫はヤゴ = 水生昆虫(淡水)
肉食性
非翅/欠翅(ガロアムシ) Order Grylloblattodea
踵歩(カカトアルキ) Order Mantophasmatodea
革翅(ハサミムシ) Order Dermaptera
直翅目に近縁 (直翅目とする見解)
腹部先端 = 鋏
襀翅(カワゲラ) Order Plecoptera
紡脚(シロアリモドキ) Order Embioptera
絶翅(ジュズヒゲムシ) Order Zoraptera
竹節虫(ナナフシ) Order Phasmatodea
直翅(バッタ) Order Orthoptera
世界2万種(以前は蟷螂目、竹節虫目、網翅目、非翅目含む)
前後翅を縦に体の軸に沿って腹部背方か側方に置く
蟷螂(カマキリ) Order Mantodea
網翅(ゴキブリ) Order Blattodea
ペンシルバニア紀以降
卵: 卵鞘と呼ぶ袋状ケース中に入れ産み付ける

Ex. Periplaneta fuliginosa クロゴキブリ Smoky-brown cockroach (帰化): 1個の卵鞘中に25卵程度並ぶ
Ex. Blattella germanica チャバネゴキブリ German cockroach: 約40卵の入った卵鞘を幼虫孵化直前まで腹端に付ける

幼虫: 成虫になるのに数ヶ月-1年。その間に10回以上脱皮を繰り返し成虫
分布: 熱帯-亜熱帯に多種
日本: 54種記録 (10種以上が屋内)
屋内 Ex. クロゴキブリ,チャバネゴキブリ

トビイロゴキブリ、ワモンゴキブリ、コワモンゴキブリ等は、最近、都会のビル等で生息認められ、東南アジア等から侵入したものが、冬期暖房等で国内でも繁殖可能になった結果と考えられる

雑食性。野外生活性殆ど。一部の種が屋内生活に適応し害虫化
等翅(シロアリ) Order Isoptera
腸内微生物または自身による植物遺体食(分解者)社会性昆虫
熱帯中心: 休眠なく年中活動 - 日本22種

建築物食害: ヤマトシロアリ(名寄以南)、イエシロアリ(道なし) - 寒冷地住宅普及と温暖化により増加?

咀顎(カジリムシ) Order Psocodea
総翅(アザミウマ) Order Thysanoptera
半翅(カメムシ) Order Hemiptera
駱駝虫(ラクダムシ) Order Raphidioptera
広翅(ヘビトンボ) Order Megaloptera
脈翅(アミメカゲロウ) Order Neuroptera
鞘翅(コウチュウ) Order Coleoptera
カブトムシ、ゴミムシ 35万
撚翅(ネジレバネ) Order Strepsiptera
長翅(シリアゲムシ) Order Mecoptera
隠翅(ノミ) Order Sihonaptera
双翅(ハエ) Order Diptera
ハエ・カ・アブ 15万
毛翅(トビケラ) Order Trichoptera
鱗翅(チョウ) Order Lepidoptera
チョウ、ガ 17万
膜翅(ハチ) Order Hymenoptera
ハチ、アリ 11万

直翅目 (orthoptera)


日本150種以上

雑弁(バッタ) Suborder Caelifera

バッタ Superfam Acridoidea
バッタ Acrididae
ショウリョウバッタ Acridinae
イナゴ Catantopinae
ヒナバッタ Gomphocerinae
フキバッタ Melanoplinae
トノサマバッタ Oedipodinae
トノサマバッタ (Locusta migratoria L. 1758): バッタ塚
イナゴ Catantopidae
フトスナバッタ Pamphagidae
セミバッタ Pneumoridae
オンブバッタ Pyrgomorphidae
クビナガバッタ Superfam Eumastacoidea
クビナガバッタ Eumastacidae
ヒシバッタ Superfam Tetrigoidea
ヒシバッタ Tetrigidae
ノミバッタ Superfam Tridactyloidea
ツツケラ Cylindrachetidae
ノミバッタ Tridactylidae

剣弁(キリギリス) Suborder Ensifera

夜行性
ツユムシ
図. 剣弁(キリギリス)
コオロギ Superfam Grylloidea
コオロギ Gryllidae
ケラ Gryllotalpidae
カネタタキ Mogoplistidae
アリヅカコオロギ Myrmecophilidae
カマドウマ Superfam Rhaphidophoroidea
カマドウマ Rhaphidophoridae
コロギス Superfam Stenopelmatoidea
コロギス Gryllacrididae
クロギリス Stenopelmatidae

半翅目 (hemiptera)


準新翅類 (Paraneoptera) = Coleoptera + Psocodea (咀顎) + Thysanoptera (アザミウマ)

同翅(ヨコバイ) Homoptera

sicadas 翅全体に膜状で、前後の羽を上下に重ねる (側系統 - 再分類)
セミ cicadas (ニイニイゼミ Platypleura, アブラゼミ Graptopsaltria, クマゼミ Cryptotympana, エゾゼミ Tibicen, ミンミンゼミ Oencotympana, ヒグラシ Tanna, ツクツクボウシ Meimuna, ハルゼミ Terpnosia)
アワフキムシ frog-spit (アワフキムシ Aphrophora)
ヨコバイ leaf-hopper (ヨコバイ Cicadula, ツマグロヨコバイ Cicadella, ウンカ Sogata)
ツノゼミ tree-hopper
アブラムシ(アリマキ) aphid

単為生殖 - 社会性

symbiosis symbiosis
キジラミ psyllid
カイガラムシ scale-insect
エンジムシ cochineal-insect
ST

異翅(カメムシ) Heteroptera

前翅根元側半分厚くなり不透明
カメムシ stink bug or shield bug
サシガメ
グンバイムシ
ST ナンキンムシ
アメンボ
タガメ
コオイムシ
タイコウチ
ミズムシ
マツモムシ

鞘翅目 (coleoptera)


二畳紀以降
完全変態 Hirata
ナガヒラタムシ Cupedidae
チビナガヒラタムシ Micromalthidae
セスジムシ Rhysodidae
ハンミョウ Cicindelidae
ハンミョウ、カワラハンミョウ beetle
オサムシ Carabidae (carabids)
エゾカタビロオサムシ Campalita chinense, マイマイカブリ Damaster blaptoides Kollar 1836, オオマルクビゴミムシ Nebria macrogona, セスジアカガネオサムシ Hemicarabus maeander paludis Fischer 1822
ヒゲブトオサムシ Paussidae: エグリゴミムシ
ヒョウタンゴミムシ Scaritidae
ヒョウタンゴミムシ、オオヒョウタンゴミムシ、ヒメヒョウタンゴミムシ
ゴミムシ Harpalidae (ground beetle)
ゴミムシ、オオゴミムシ、アオゴミムシ
ホソクビゴミムシ Brachinidae
ミイデラゴミムシ
カワラゴミムシ Paussidae
コガシラミズムシ Halipliplidae
コツブゲンゴロウ Noteridae
ゲンゴロウ Dytiscidae (diving beetle)
ゲンゴロウ、ヒメゲンゴロウ、マルガタゲンゴロウなど
ミズスマシ Gyrinidae (whirligig beetle)
ミズスマシ
ツブミズムシ Torridincolidae
ガムシ Hydrophilidae
ガムシ、コガムシ
ホソガムシ Hydrochidae
セスジガムシ Helophoridae
マルドロムシ Georissidae
エンマムシ Histeridae
エンマムシ
エンマムシモドキ Synteliidae
エンマムシダマシ Sphaeritidae
larvae
シデムシ Silphidae (死出虫, carrion beetle)
多くが腐食
Nicrophorus (クロシデムシ N. concolor Kraatz 1877), Silpha (ヒラタシデムシ S. paerforata: 北海道) larvae
ハネカクシ Staphylinidae (rove beetle)
キイロハナムグリハネカクシ Eusphalerum parallelum Sharp 1889
アオバアリガタハネカクシ Paederus littoralis Gravenhorst 1802: × 体液は、皮膚につくと炎症をお越し、目に入ると失明の危険 ×

(柴田他 2015)

コケムシ Scydmaenidae
ムクゲコケムシ
タマキノコムシ Leiodidae
アカバマルタマキノコムシ
ムクゲキノコムシ Ptiliidae
ダルマガムシ Hydraenidae
クワガタムシ Lucanidae (stag beetle)
オオクワガタ、ヒメオオクワガタ、コクワガタ、ノコギリクワガタ等多数
ホソマグソクワガタ Diphyllostomatidae
センチコガネ Geotrupidae
センチコガネ(糞虫)
コブスジコガネ Trogidae
コガネムシ Scarabaeidae
コガネムシ、ヒゲコガネ、アオドウガネ、ダイコクコガネ(糞虫)、カブトムシ、カナブン、ハナムグリ、ドウガネブイブイ
スジコガネ (Anomala testaceipes Motshulsky)

左右の上翅に4本ずつの縦筋
色彩は変異に富む
採餌: 成虫 = 針葉樹葉, 幼虫 = 土中植物根

Usu 2011年8月8日。有珠山火口原に生えているカラマツ(Larix kaempferi)上。この年、大発生して、永久調査区の近くでも見られ、正直言って、気持ち悪かった。火山噴火後などの単純な系では、こういう大発生が時々見られるようであす。これまでも、有珠では、ドロノキ(Populus maximowiczii)に毛虫が大発生したりしていた
クロツヤムシ Passalidae
ツノクロツヤムシ Cylindrocaulus patalis Lewis 1883
マルトゲムシ Byrrhidae
ダエンマルトゲムシ Chelonariidae
ダエンマルトゲムシ Pseudochelonarium yakushimanum Nakane 1963
タマムシ Leiodidae (jewel beetle)
タマムシ、ウバタマムシなど多数
コメツキムシ Elateridae (click beetle)
クシコメツキ Melanotus, シモフリコメツキ Actenicerus、サビキコリ Agrypnus
Usu コガネコメツキ Aphotistus puncticollis Motschulsky 1866
ドロムシ Dryopidae
ヒメドロムシ Elminthidae
ナガドロムシ Heteroceridae
ヒラタドロムシ Psephenidae
ホソクシヒゲムシ Callirhipidae
ダエンマルトゲムシ Chelonariidae
ナガハナノミ Ptilodactylidae
ブラキプセクトラ Brachypsectridae
ジョウカイボン Cantharidae
ジョウカイボン ジョウカイボン
クネオグロスス Cneoglossidae
ドリルス Drilidae
ホマリスス Homalisidae
ホタル Lampyridae (firefly)
Lucidina ホタル Luciola Laporte 1833: ゲンジボタル, ヘイケボタル, ヒメボタル (L. parvula Kiesenwetter 1874)
マドボタル Pyrocoelia
オバボタル Lucidina: L. biplagiata Motschulsky 1866
ベニボタル Lycidae
ベニボタル Lycostomus Motschulsky 1861: ベニボタル (L. modestus Motschulsky 1854)
ホタルモドキ Omethidae
テレゲウシス Telegeusidae
カツオブシムシ Dermestidae (carpet beetle)
ヒメマルカツオブシムシ
マキムシモドキ Derodontidae
ヒメトゲムシ Nosodendridae
ナガシンクイ Bostrychidae
シバンムシ Anobiidae
シバンムシ
ヒョウホンムシ Ptinidae
ツツシンクイ Lymexylonidae
コクヌスト Trogossitidae
カッコウムシ Cleridae
アリモドキカッコウムシ
ジョウカイモドキ Melyridae
イソジョウカイモドキ
キスイムシ Cryptophagidae
ハナバチヤドリキスイ
オオキスイムシ Helotidae
ヨツボシオオキスイ
ネスイムシ Rhizophagidae
ケシキスイムシ Nitidulidae
ヨツボシケシキスイ
ミジンキスイムシ Propalticidae
ムクゲキスイムシ Biphyllidae
キスイモドキ Byturidae
ヒラタムシ Cucujidae
オオキノコムシ Erotylidae
タイショウオオキノコムシ
ヒメキノコムシ Sphindidae
コメツキモドキ Languriidae
ヒメハナムシ Phalacridae
カクホソカタムシ Cerylonidae
ミジンムシ Corylophidae
ミジンムシダマシ Discolomidae
テントウムシ Coccinelidae (lady beetle)
ladybird テントウムシ、ナナホシテントウ、ニジュウヤホシテントウ
テントウダマシ Endomychidae
ゴミムシダマシ Tenebrionidae
ゴミムシダマシ、キマワリ
ハムシダマシ Lagriidae
アオハムシダマシ
クビナガムシ Cephaloidae
ツチハンミョウ Meloidae
ツチハンミョウ、マメハンミョウ、ミドリゲンセイ、スパニッシュフライ
カミキリモドキ Oedemeridae
モモブトカミキリモドキ
ヒラタナガクチキ Synchroidae
ホソキカワムシ Mycteridae
ツヤキカワムシ Boridae
チビキカワムシ Salpingidae
アカハネムシ Pyrochroidae
アリモドキ Anthicidae
ニセクビホソムシ Euglenidae
ハナノミダマシ Scraptiidae
クロフナガタハナノミ Anaspis marseuli Csiki 1915 longicorn
カミキリムシ Cerambycidae
longhorn beetle
カミキリ Subfam Cerambycinae
Neocerambyx: ミヤマカミキリ N. raddei Blessig 1872, トラカミキリ類
ホソカミキリ Subfam Disteniinae
フトカミキリ Subfam Lamiinae
Anoplophora: ゴマダラカミキリ A. malasiaca Thomson 1865, Batocera: シロスジカミキリ B. lineolata Chevrolat 1852, Monochamus Dejean 1821: マツノマダラカミキリ(マツクイムシ) M. alternatus Hope 1842
ハナカミキリ Subfam Lepturinae
Pidonia ヒメハナカミキリ類 (他多数), アカハナカミキリ Aredolpona succedanea Lewis 1879
ホソバコバネカミキリ Subfam Necydalinae
ニセクワガタカミキリ Subfam Parandrinae
ノコギリカミキリ Subfam Prioninae
Prionus: ノコギリカミキリ P. insularis Motschulsky 1857, Callipogon: ウスリーオオカミキリ C. relictus Semenov 1898, Megopis (Aegosoma): ウスバカミキリ M. sinica White 1853, Titanus: タイタンオオウスバカミキリ T. giganteus Linnaeus 1771
クロカミキリ Spondylidinae
マメゾウムシ Bruchidae
アズキマメゾウムシ Callosobruchus chinensis L. 1758, エンドウゾウムシ Bruchus pisorum L. 1758 ST
ハムシ Chrysomelidae
クルミハムシ Gastrolina depressa Baly 1859, ウリハムシ Aulacophora indica Gmelin 1790, ジンガサハムシ Aspidimorpha indica Boheman 1854, ルリハムシ Linaeidea aenea aenea Chujo 1940, ヨモギハムシ Chrysolina aurichalcea
Bilbug Bilbug
ハンノキハムシ Agelastica coerulea Baly

幼虫成虫共にハンノキ・カンバ・ヤナギ等の葉を被食 - 葉は網目状になり褐変
年1回発生:成虫越冬 - 春卵塊産卵,幼虫6-7月葉被食 - 老熟 - 土中蛹化 - 7-8月羽化 - 秋まで葉被食

ヒゲナガゾウムシ Anthribidae
キノコヒゲナガゾウムシ Euparius oculatus oculatus Sharp 1891
ホソクチゾウムシ Apionidae
オトシブミ Attelabidae
オトシブミ Apoderus jekelii Roelofs 1874, ヒメクロオトシブミ Compsapoderus erythrogaster Snellen van Vollenhoven 1865, モモチョッキリ Rhynchites heros Roelofs 1874
ミツギリゾウムシ Brentidae
アリモドキゾウムシ Cylas formicarius Fabricius 1798 Bilbug
ゾウムシ Curculionidae (billbug, elephant beetle)
クリシギゾウムシ Curculio sikkimensis
カツオゾウムシ Lixus impressiventris
リンゴヒゲナガゾウムシ Phyllobius longicornis
オサゾウムシ Rhynchophoridae
コクゾウムシ、オオゾウムシ、ヤシオオオサゾウムシ
キクイムシ Scolytidae (bark beetle)
キクイムシ
ナガキクイムシ Platypodidae
マルハナノミ Helodidae
マルハナノミダマシ Eucinetidae
タマキノコムシモドキ Clambidae
ナガハナムシダマシ Artematopodoidae
クシヒゲムシ Rhipiceridae

鱗翅目/チョウ目 (Lepidoptera)


始新世以降
胸部 = 2対の大きな鱗状鱗粉のある羽
蝶 + 蛾: 口吻がある
チョウ(蝶) butterfly: 20000 spp. (日本260種): 交尾器形態を元に分類すること多

アゲハ(チョウ) Superfam Papilionoidea

アゲハチョウ Papilionidae
ウラギンアゲハ(メキシコアゲハ) Subfam Baroniinae
ウスバアゲハ(ウスバシロチョウ) Subfam Parnassiinae
アゲハチョウ Subfam Papilioninae アゲハチョウ
シロチョウ Pieridae
マルバネシロチョウ Subfam Pseudopontiinae
コバネシロチョウ(トンボシロチョウ) Subfam Dismorphiinae
モンキチョウ Subfam Coliadinae
モンキチョウColias Fabricius 1807 (モンキチョウ C. erate Esper 1805)
Pieris brassicae シロチョウ Subfam Pierinae
モンシロチョウ Pieris Schrank 1801 (モンシロチョウ P. rapae L. 1758), オオモンシロチョウ P. brassicae L. 1758)
シジミチョウ Lycaenidae
ベニシジミ Subfam Lycaeninae
Zizeeria maha ヒメシジミ Subfam Polymmatinae: 日本産シジミチョウの半分の種が属する
ヤマトシジミ Zizeeria maha Kollar 1844
アリノスシジミ Subfam Lyphyrinaeアリノスシジミ
アシナガシジミ(カニアシシジミ) Subfam Miletinae
ホウセキシジミ(キララシジミ) Subfam Poritiinae
ミドリシジミ Subfam Theclinae
コケシジミ Subfam Lipteninae
ウラギンシジミ Subfam Curetinae
シジミタテハ Riodinidae
Subfam Styginae
Subfam Hamearrinae
ベニモンシジミタテハ Subfam Euselasiinae
Subfam Corrachiinae
シジミタテハ Subfam Riodininae
リュウキュウムラサキ雌
タテハチョウ Nymphalidae
フタオチョウ Subfam Charaxinae
イシガケチョウ Subfam Marpesiinae イシガケチョウ
コムラサキ Subfam Apaturinae コムラサキ
カバタテハ Subfam Biblinae
ヒョウモンチョウ Subfam Argynninae
ヒョウモンモドキ(スミナガシ)(Fam or) Subfam Pseudoeigrolinae
イチモンジチョウ Subfam Limenitinae
タテハチョウ(ヒオドシチョウ) Subfam Nymphalinae Inachis io

リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina L.
クジャクチョウ Inachis io geisha L.: 眼状紋 (目玉模様)

(ドクチョウ Subfam Heliconiinae, ホソチョウ Subfam Acraeinae, クビワチョウ Subfam Calinaginae: 従来分類群)
ジャノメチョウ Satyridae
ジャノメチョウ Subfam Satyrinae
ワモンチョウ Subfam Amathusiinae
モルフォチョウ Subfam Morphinae
フクロウチョウ Subfam Brassolinae
マダラチョウ Danaidae
マダラチョウ Subfam Danainae
トンボマダラ Subfam Ithomiinae

セセリ(チョウ) Superfam Hesperioidea

セセリチョウ Hesperiidae
アオバセセリ Subfam Coeliadinae
イトランセセリ Subfam Megathyminae
ピロピゲ Subfam Pyrrhopyginae
チャマダラセセリ Subfam Pyrginae
チョウセンキボシセセリ Subfam Heteropterinae
トラペジテス Subfam Trapezitinae
セセリチョウ Subfam Hesperiinae

シャクガモドキ Superfam Hedyloidea

シャクガモドキ Hedylidae (シャクガモドキ Macrosoma キスジホソマダラ

マダラガ Superfam Zygaenoidea Latreille 1809

マダラガ Zygaenidae
キスジホソマダラ Balataea gracilis gracilis Walker 1865

カイコガ Superfam Bombycoidea

カイコガ Bombycidae
カイコガ Bombyx, silk moth (カイコガ B. mori, 紀元前2600年に中国で飼育)
エゾシモフリスズメ
スズメガ Sphingidae
ウチスズメ Smerinthus Latreille 1802 (S. planus planus Walker 1856 ウチスズメ)
Meganoton Boisduval 1875 (M. analis scribae Austaut 1911 エゾシモフリスズメ)

(毒蛾 moth)

幼虫は毒針毛持ち、触れると痛み・痒み・腫れを伴う皮膚炎を生じる。触れたら、テープ等で毒針毛を剥がしとり、擦らずに水等で良く洗い流す
キドクガ (Euproctis piperita Oberthur)
ドクガ科(Lymantriidae), 25-38 mm
北海道では南西部に分布。体毛に毒 → 触れると皮膚被れて炎症起こすことがある
2014年夏、樽前パーキングエリアで発生。数年前に、有珠山火口原のオオイタドリ草地で触れたのもこれだろうか。真っ赤に腫れてなまら痛かった
ナシイラガ アカハラゴマダラヒトリ

膜翅目 (Hymenoptera)


bee
2016年6月24日にシュ
ンベツ川沿いにてコンボ
ウハバチ

広腰亜目 Suborder Symphyta

コンボウハバチ Cimbicidae

細腰亜目 Suborder Apocrita

有錐類 Terebrantia
有剣類 Aculeata
アリ (Superfam Formicoidea)
日本62属262種
腹柄節: 腹部第2節か2-3節が変形した胸腹間にある1筋か2筋のアリ特有の節(ハチはない)
→ 腹柄節の数や形: 分類鍵
分類指数: 相対サイズを表す2指数 → アリ分類で頻繁に用い、ケアリ(Lasius分類では重要形質

頭蓋指数 cephalic index, CI = 頭幅(通常複眼含まない)/頭長(頭部後端-頭盾前端) × 100
柄節指数 scape index, SI = 触角柄節長(基部環節球除く)/頭幅 × 100

身近場所くらすアリを観察しよう!
日本では約300種のアリが記録されています。
その中で、身近な公園や家のまわりで確認できるアリに注目して、自然の変化をしらべます。
ぜひ、あなたも身近な場所で「アリしらべ」にチャレンジしてみませんか。
ant
アリについて詳しく知りたくなったら図鑑やインターネットでしらべてみよう
<おすすめの図鑑>
『アリハンドブック』寺山守、久保田敏著
文一総合出版 2009年発効
『日本産アリ図鑑』
寺山守、久保田敏、江口克之著
朝倉書店 2014年発効
<ウェブサイト>
アリ類データベース作成グループ2008
北海道と琉球諸島にくらすアリについて
北海道琉球諸島にくらすアリのマニュアルは、別紙として作成して、日本自然保護協会の「自然しらべ2018アリさがし! 特設サイト」に掲示しています。マニュアルご希望の方はダウンロードしてご利用ください。
北海道普通種: ヒメハリアリ Ponera japonica Wheeler, エゾクシケアリ Myrmica jessensis Fore, シワクシケアリ M. kotokui Fore, アズマオオズアリ Pheidole fervida Fr. Smith, トビイロシワアリ Tetramorium caespitum (L.),アメイロアリ Paratrechina flavipes (Fr. Smith), ハヤシケアリ、トビイロケアリ Lasius (Lasius) japonicus Santschi, キイロケアリ L. (Cautolasius) flavus (Fabricius), クロヤマアリ Formica (Serviformica) japonica Motschulsky, ヤマクロヤマアリ F. (Serviformica) lemani Bondroit, クロオオアリ Camponotus (Camponotus) japonicus Mayr, ムネアカオオアリ C. (C.) obscuripes Mayr

双翅目 (ハエ目, Diptera)


長角 (Suborder Nematocera)/直縫 (Orthorrhapha)

カ(蚊) Fam Culicidae
ハマダラカ Subfam Anophelinae
Anopheles ハマダラカ, Bironella, Chagasis
約50種(形態種) → 同胞種を考えると種数増える
同胞種 sibling species: 形態的区別できない種が地理的隔離 → マラリア原虫感受性、発生水域、越冬法、交尾習性等差異 + 遺伝上は雑種第1代雄不稔

→ 遺伝的に異なり免疫電気泳動法やDNAプローブPCRで区別

Ex. 欧州、今世紀初頭マラリア媒介種 A. maculipennis → 6種の同胞種
Ex. アフリカのマラリア媒介種 A. gambiae や南太平洋の A. puncturatus にも同胞種存在
Ex. パプアニューギニアやソロモン諸島のマラリア媒介種 A. farauti が7同胞種 (subspecies 見解文献)

ソロモン諸島ガダルカナル島: 3種の同胞種生息 → 幼虫が流速の速い清浄な川で育ちヒトを吸血しない種と、ヒト吸血嗜好性が高い種が存在し同胞種区別重要課題(長崎大熱帯医学研究所, 鈴木博)

ヌカカ (糠蚊) Fam Ceratopogonidae (punkie)
北海道の調査では、蚊よりも許されない
ブユ/ブヨ (蚋, 蟆子) Fam Simuliidae (gnat or blackfly)
メスのみ吸血。大きく腫れ強い痒みが長く残ることがある
Temnostoma apiform

短角 (Suborder Brachycera)

アブ Fam Tabanidae
ハネモンアブ(キンメアブ) Subfam Chrysopsinae
アブ Subfam Tabaninae
アブ (虻/蝱) Tabanus, gadfly or horse fly
訪花性 + 捕食性 + 吸血性
× 刺されると激しく痛む。牛馬に纏わりつくので、牧場等では要注意。そして、傷口の血を吸うのは止めて欲しいものだ。あの感触のせいで、二日酔いでもないのに気持ち悪くなったこともあった ×
マルガタアブ Subfam Pangoniinae
ツリアブ Fam Bombyliidae
Temnostoma apiform トラツリアブ Anastoechus nitidulus (Fabricius 1794), ビロウドツリアブ Bombylius major L. 1858

環縫 (Suborder Cyclorrhapha)

ショウジョウバエ Drosophila
繁殖力旺盛。飼育容易
世代短(クロショウジョウバエ: 25°C, 10-18日)
完全変態(卵・幼虫(3齢まで)・蛹・成虫)で表現型豊富(外部内部形態・行動・生存力・色素等)
遺伝子地図ある

D. pseudoobscura (ウスグロショウジョウバエ)

昆虫採取法


ツルグレン

ハンドソーティング (hand-sorting)

落葉や土を篩い(白い)皿の上に広げ、動くもの(昆虫)を見つけ、吸虫管により吸い取る

灯火

夜間に強いライトを点灯し多くの(夜光性)昆虫を集め、捕虫管に捕獲

FIT法 (flight-intercept-trap)

地面に透明シートを張り、その下に保存液を入れた受皿を置き、シートに当たり落ちた昆虫を採集

ビーティング

枝や叢を棒で叩き白い布(捕虫網)で受け、昆虫を採取

スウィーピング

草叢等を網ですくい昆虫を採取

水生昆虫 (aquatic insect)


生活史の全てあるいは一部分を水中・水面である昆虫

[安全対策 メモ, 有毒植物, 野外調査道具]

害虫 (vermin)


野外調査における 害虫 → 調査に対して直接・間接に害を与える昆虫
人間の生活に直接・間接に害を与える昆虫
アブ (虻) gadfly
カ (蚊) mosquito
ガ (蛾) mosquito
ヌカカ(糠蚊) punkie
ハチ(蜂) bee/wasp
ハネカクシ(羽隠) rove beetle
ブヨ/ブユ (蚋) gnat or blackfly
ダニ (壁蝨) tick (昆虫ではない)

(蚊 mosquito)


mosquito1 mosquito2
[1] 1995年7月14日、コリマ川氷楔植生調査地にて、佐藤さんの膝を撮影。これは、蚊が逃げてしまったあとに撮ったので、少ない方である。[2] 1995年7月18日快晴。元JR北海道キャンペーンガールと佐藤さんとで、メタンフラックスを測定しているときの光景。蚊避け帽・雨具・軍手・長靴を装備した、いわゆる、体を一切露出しない完全防備をしている。
対策
完全防備が、暑いけど、結局、一番健康的な対処方法なような気はするが、サウナにずっと入りながら運動してるようなもので、バテる。
アラスカでは、ディート(DEET)と呼ばれる超強力昆虫忌避剤を塗り捲ってる。プラスチックを溶かす成分が入っていて、腕時計のバンドが変性した。しかし、この効果の絶大さを知ると、麻薬のように止められない。
虫刺されの症状があまり酷ければ病院と言いたいが、調査地によっては、そうもいかないので、薬は用意しておく方がよいに決まってる。

ハチ (bee)


ハチ(蜂)の多くは人を刺さないが、スズメバチ類は外敵から巣を守るため攻撃する。特に、巣内個体数が増えるお盆から秋には注意が必要。網走で、動物の糞に蝿が集ってると思い測高棹でつついた後でハチだと気づいた。あの時は、参ったな。
ハチに刺されたら
激しい痛みと腫れがあり、人によっては激しいショック症状を起こし、最悪の場合は生命の危機に至る

→ すぐに病院

ハチ: beeとwaspの違い (Differences between bee and wasp)

bee: ハナバチ (幼虫に与える餌 → 花蜜・花粉を集める。Ex. ミツバチ, マルハナバチ
wasp: カリバチ (幼虫に与える餌 → 昆虫・クモ等を狩る。Ex. アシナガバチ, スズメバチ

Bee nest Bee nest 北斗市東久根別海岸で野外実習中に見られた蜂巣(2009年9月25日)。ハマナス( Rosa rugosa )の藪の中にあったが、これ以外にもあちらこちらに見られた
ある先生からの情報
 恐らくフタモンアシナガバチ。攻撃性はあまり高くない。特に、ぶんぶん飛び回っているのはオスなのでほぼ刺ささない。ただし、巣を作っているのは女王蜂なのであまり手出しをしてはいけない。女王蜂は結構刺す。刺されると、スズメバチ以下ミツバチ以上に痛く、かつ腫れる。
高尾山自然休養林の看板
スズメバチ (スズメバチ科): 日本で最大になるハチです。集団で生活し、土の中や木の洞に巣を作ります。働きバチは樹液や花の蜜を食べますが、幼虫は肉食です。よくミツバチの巣を攻撃します。毒が強いので注意しましょう
フッター